FC2ブログ

パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



継承語を学ぶこと :: 2019/06/12(Wed)

私の娘は現在11歳、数ヶ月で12歳を迎える。中学校一年生を今月で終了した。もう私のイタリア語力はとうに越しているので、宿題を手伝ってあげることもままならない状況ではあるが、どうにか毎日元気で学校に通い、友達もたくさんいて、楽しそうな毎日を過ごしている。なんとなく思春期も迎えつつある年頃にて、少々気難しくなってきたなぁ…とも感じているが、それも仕方がないのだと思う。

母親を日本人に持つ、という、ここでは一種の特異な環境にあり、学校では英語とフランス語を学び、そこに日本語も、となるとなかなかと大変。学校の宿題、学校終了後の午後の習い事、と毎日を多忙に過ごしているため、幼いときにはそれなりに継続していた日本語の勉強も、これは私の責任もあるが、少々なおざりになりつつある。

とはいえ、どうにか日本語のベースだけは保っていってほしい、と願う気持ちから、家庭での日本語での会話を無理やりに続行しつつ(もちろん私と娘間のみ)、月に一回の定期開催にて行われる同様な環境にいるヴェネトの子供達を対象とした「どんぐりの会」という自主サークルには、特別なことがない限りは出席するよう心がけている。

同サークルは、ヴェネト州内、パドヴァ、ヴェネツィア、ヴィツェンツァ、トレヴィーゾ、ヴェローナ県に住む、乳幼児から小学校に通う年齢の子供のいる家族が会員となり、現在は約30家族の会員により構成され、ミラノ領事館から日本の小学校の教科書を学年に応じて随時配布いただいている。

DSC_0009_convert_20190612052613.jpg

DSC_0014_convert_20190612052704.jpg

当然のことながら、我が娘の日本語レベルは同年代の日本人の子供には到底おいついていない。とはいえ、そこにはあまり固執しておらず、楽しく日本語の環境に身を置くことを主眼としている。これは私のサボりからくる考えなので、正しくはないのだろう。とはいえ、本人の意識を保つためには、非常に良い機会と信じているがゆえ、会の運営にも積極的に参加するよう心がけてはいるのだが…。

6月の同会の開催は、夏休みに入ることもあり、月の初めに開催。いつもは学年ごとに分かれての授業を行い、その後は全学年を一斉に集めて日本の季節行事などに関連するレクリエーションの時間にあてている。
今月期に限っては、同会の保護者の尽力により、アメリカのブリンストン日本語学校にて、継承語を研究、実践されている小野桂子先生を迎え、保護者との座談会が企画された。

DSC_0060_convert_20190612052729.jpg

継承語教育」とは、初めて耳にする言葉だった。

まずは、「継承語」とは何か。母語、継承語、現地語とは?という話から始まり、その教育的意義、継承語を学ぶ環境、その際のルール、そして私たち母親の対応法等々、様々な話題に触れながらその意味を知ることとなった。実際の実践における内容と、バイリンガル(またはそれ以上)の子供の教育を研究している学者の研究結果などを交えた裏付けのある内容に、思い当たること、そしてそうしたいと願っているが現実は…と、参加した母親たちが各人、頭のなかで様々なことを感じたことはいうまでもない。

日常に子供たちへ継承語を伝えていくうえで小さな積み重ねを続けていかなければならないことの重要さ、そして子供たちが単に言葉を覚える、という単純な意味以上のものがあることを短時間のなかでも十分に感じることができた。
母親が日本人だから、ということだけで日本語を習得できるのか、というと完全にノー。それの難しさは今自分達が十分に体験真っ只中。

小野先生が何度も繰り返し、強調し、そして私達も共感、いや、再認識したのは、子供に日本語を話してもらいたい、との思いやそれに準じる日本語の環境作りや日本語の勉強は、完全に親のエゴだということ。親が日本語を覚えてもらいたいと思っているから…。いやー、その通りだ。

そして、それだけではもちろん終わらない。大切なのは、それを踏まえた母親が、常に自信を持って話しかけ、行動すること。
ハッとした瞬間。




テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 子供
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
ようやく… :: 2013/04/14(Sun)

待ちにまったいいお天気。ようやく季節スタートかな、という土曜日。

今日は一日家の掃除と洗濯と…と朝からこそこそ家仕事。たまっていたいろんなことを片づけたくて…とは思っても、やってもやっても終わらない。

午後からはびおらサービス。こういう日は外遊びするだけで子供は満足、ということで、自転車でお出かけ決定。

最近覚えてチャンスがあれば乗りたがる自転車でお出かけしたい、という希望に応えるべく、びおら初の遠出。家からチェントロをぬけて~

R0036804_convert_20130414130807.jpg

5kmほど走って彼女お気に入りの公園に辿りついた。

R0036820_convert_20130414131024.jpg

太陽の光をたーっぷり浴びて思いっきり遊んで、帰りはチェントロでジェラートでも食べて帰ろう!!と公園を後にする。「まだぁ~?もう疲れた~!!」の声をふりきって、ようやくチェントロに着き、さあジェラート!!、と思ったら、財布がなかった。

がっくり…のびおらは怒りだし、それでも仕方がないので、再度自転車に乗って家路へ。

帰りはお腹はすくわ、疲れるわ、で泣きべそかきながらも必死で自転車をこいで、ようやく帰宅。

R0036819_convert_20130414130914.jpg

お疲れさま~。






テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 子供
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
週末に子供と。 :: 2012/11/27(Tue)

夏場は日が長くて、とにかく遅くまで外で遊んでいられるけれど、冬はその状況がまったくの逆。それはそれでこの季節だからこそのイベントも結構ある。

冬場はテアトロやコンサートなどが頻繁に開催される時期でもあるが、子供にもそれは同様。

週末に通うテアトロは毎年恒例。毎週違った劇団がイタリア各地から来て、大人でも笑ったり考えさせられたりする内容で楽しめる。まあ、大人にとって考えさせられる、なんていう場合には、その真意を理解するのは小さな子供にはちょっと難しいかもしれない。

R0033666_convert_20121127124448.jpg

1時間弱の内容に、毎回見た後の感想を聞く。内容を振り返らせてみる。ふーん、結構解っているんだとか、あ、それ私見逃してたわ…、そういう風に捉えるんだ~なんていうこともあったりして、面白い。難しいかなーと思う内容も、それなりに彼女は彼女なりに理解しているようだし。

毎週楽しみにして出かけるテアトロはお友達と一緒だとなおさら楽しや楽し。この3人組、最近の一番の仲好しさん達。

R0033665_convert_20121127124420.jpg

終了後には、パンフレットを持ってサインを頼む。昨年までは私がついていなきゃイヤだ、と言っていたけれど今年は自ら出向くようになってくれた。ここにも成長の証。

R0033670_convert_20121127124516.jpg

ここはパドヴァのコンセルヴァトーリオ(音楽院)。いちおうこの日の演目はfamily&kidsのコンサート。

R0033498_convert_20121127124351.jpg

時間も短かめに、会場内をダンサーが踊って動きを出したり…びおらは音楽よりもそっちに目が釘付けでダンサーを追って頭がぐるぐるまわっていた。まあ、それはうちの娘だけに限った話ではないけれど。

いろいろなものを見て感じてほしいと思いつつ、の冬場ならではの楽しみ。





テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 子供
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
びおらのお誕生日 :: 2012/10/07(Sun)

10月6日に我が家のびおらちゃん、5歳のお誕生日を迎えました。あー、またこの季節がやってきた。

その日を指折り数えて楽しみにしていたご本人。お友達のお誕生会に呼ばれるのは大好きだけど、自分のはやはり格別。

心配していたお天気も味方してくれて、近所の公園で幼稚園のお友達等々を誘ってお誕生会を開催。

お母さん、今週はちょっと用事が重なり、この日に向けての準備、大変でした…でも、本人の喜んでる顔を見て、また、集まってくれたお友達、そのお父さんお母さんたち、そしてサプライズに来てくれた私のお友達…たくさんの方に記念日をお祝いしていただいて、本当に感謝感謝。本当にありがとう。

昨年は恥ずかしくてケーキの前に主役なのに真ん中に立つこともできなかったけど、今年は率先して真ん中でろうそくの火も無事に消すこともできました。

R0032429_convert_20121007135626.jpg

ケーキはいつもお世話になっているお菓子屋さんにて。本人の強~~~~~~いリクエストにより、アニメのキャラクターケーキ。
素敵な素敵なケーキ、おまけにとっても美味しかった!!

R0032428_convert_20121007135559.jpg

これ、Winksという妖精みたないな女の子たちのお話。子供たちはウインクスごっこして遊んでいるらしい。私にはよく解らんけれど…

夜は友人カップルを招待して再度お祝いディナー。

一日中、おめでとうとプレゼント攻撃に嬉しい一日となりました。

ありがとう&5回目のお誕生日おめでとう、びおら。





テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 子供
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
ヴェロニカの足芸  :: 2012/01/09(Mon)

年明けまでのナターレシーズンもようやく終了。街のあちこちに出ていたバンカレッレ(露店)も1月6日で店じまいし、町はバーゲンの季節に突入して週末のチェントロはかなりの人出。
ナターレ用のプレゼントからバーゲンへ、とこの時期は買い物する人たちで溢れかえり、大きな袋を抱えた人が右往左往している。危機といわれるイタリアの極不況はどこにあるんだろう…と疑いたくなるほど。テレビのニュースでは暗い話ばかりだというのに…。

この週末には我が家のツリーも箱に仕舞われた。来年まで、またね~!とびおらも率先してお手伝い。手伝っているんだか壊してるんだか実際には疑問だったけれど。

R0028361_convert_20120109211248.jpg

外で遊ぶ機会が極端に減る冬場は、あちこちで子供むけの催しが開かれる。テアトロ(劇)、音楽コンサートなどが主なものだが、いくつかの団体があって、毎年恒例で開催しているので、こういうものには多くの親が子供を連れて積極的に参加する。

年末から年明けにかけて開催された、テアトロ。教会だった建物をテアトロにしてあるのだが、ここでの子供むけテアトロもまた恒例行事。子供むけとはいうものの、結構大人も楽しめる。時間はどれも1時間ほど。子供が飽きずに集中できる時間。

今回も何度か足を運んだけれど、そのなかでも私が抜群に楽しかったのが、最終日。女性の独り芸なのだが、これがすごく面白い。

舞台の真ん中に用意された低い椅子に座り、自分は顔を隠して黒子になり、足の裏、すね、ひざ、そして両手を使って様々なキャラクターを創り上げて、短編ストーリーを展開する。足や膝に目や鼻をつけて衣装をこぶせることでまるで命を吹き込むかのように人物像ができあがり、表情豊かに愛敬たっぷりな人形劇となる。

R0028383_convert_20120109211341.jpg

舞台の周りにはそれぞれのストーリーに分けた小さなスーツケースが並んでいて、一話一話を進めていくのだが、どれもこれも目が離せなくて、ブラックユーモアが入ったり、愛を語ったり…皆に拍手でリズムを求めたり、歌を歌ったり、とフレキシブルな舞台に子供も大人も釘付け。

R0028386_convert_20120109211400.jpg

アンコールに応えて最後に披露したのが、簡単にいえば腹踊り。今まで使った体の部分以外で残っているところで楽しませますよ~と言って、音楽にのって、舞台上で後ろ向きになり、上に着ていた黒い長い黒Tシャツをばっと脱いで次々といろんなものをまとい、変装したら腹部分が顔の警官。最後はPACEで締めくくるこの出し物で大盛り上がりのなか幕を閉じた。

R0028389_convert_20120109211419.jpg

彼女はVeronica Gonzàlezさんという9か月の男の子を持つママでもある。舞台を終えてママが恋しくて泣いてしまった子供に走り寄っていったたくましきママさん。

日本でも静岡で2回ほど公演をしたことがある、と言っていた。静岡で各国の芸を披露するアーティストの祭典があったらしい。経歴を見たら日本をはじめヨーロッパ各国(8か国)、南米やシンガポールでも身ひとつで渡っている。

彼女のこのパフォーマンスのタイトルは、まさしく テアトリーノ・デイ・ピエーディ(両足でテアトロ)。


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 子供
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ