パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



エピファニアはベファーナの日 :: 2017/01/08(Sun)

ナターレシーズン終了!

1月6日のエピファニア(公現祭)で、12月8日のインマコラータ・コンチャツィオーネ(無原罪の御宿り)から始まったナターレシーズンの幕を下ろした。

華やいだ街中もこの日をもって、いつもの日常に戻る。

ただし、1月6日には、ベファーナ(老婆)がやってきて、それにちなんだイベントが開催されるので、恒例行事として楽しみに出かける。

DSC_0007_convert_20170108135113.jpg

ベファーナとは、12月25日にジェスー(イエス・キリスト)が降誕したのにあわせ、マージ(東方の三博士)が贈り物を届けた1月6日を迎える夜中に出没する。
言われとしては、ジェスーの居場所を探していたマージが道端に居合わせたベファーナに道案内を頼んだ。その際は素っ気なく追いやってしまったのだが、その後すぐに思い返し、自分もジェスーのご加護にあやかろうと、その後を追うが、マージの姿は見えず…仕方がないので、生まれたばかりの赤ん坊のいる家を一軒一軒まわり、贈り物として、甘いお菓子を配って歩いた、という。

だから、1月6日を迎える朝には、子供達は寝床に靴下をぶらさげてベファーナの訪問を待つ。ただし、一年間いい子にしていたら甘いお菓子が、悪い子にしていたら炭を置いていく、と言われている。

お菓子の屋台の店先には、この時期には、色鮮やかな甘い菓子が並び、12月25日を過ぎると、バッボ・ナターレ(サンタクロース)に変わり、このベファーナがあっちこっちに見かけるようになる。

DSC_0015_convert_20170108135211.jpg

DSC_0014_convert_20170108135152.jpg

DSC_0045_convert_20170108135507.jpg

ジョークで炭を模った菓子も置いてある。

DSC_0017_convert_20170108135239.jpg

DSC_0013_convert_20170108135135.jpg

DSC_0019_convert_20170108135258.jpg

パドヴァでは、この日、毎年恒例のイベントがある。
Brucia la Vecia(ブルッチャ・ラ・ベーチャ)といって、老婆を燃やすぞ!という意味。

街の南側の大きな広場である、プラート・デッラ・ヴァッレにて、大きなファッロ(薪)が設置され、その頂上には、ほうきに乗ったベファーナがいる。

DSC_0035_convert_20170108135335.jpg

それを一気に燃やし、その燃えた際の煙の行く方向によって、その年の行く末を占う、というもの。明けた年の幸運を願い、去った年の厄を一気に払いのける。そんな意味がある。そして、この日をもっえて片付けるクリスマスツリーのモミの木をこの薪に仕込んだのだとか。燃やす際にはいい香りが出て、これも幸運の印だったという。
日本のどんど焼きとなんだかよく似た風習だ。

夕方5時の点火を待って、一気に炎があがる…

DSC_0040_convert_20170108135420.jpg

随分待たされた割には、火は一気にまわって、安全のための消防車の放水があり、わずか10分くらいで終了。

DSC_0042_convert_20170108135436.jpg

今年もたくさんの人たちがこの広場に集まり、健やかな一年の始まりを喜ぶ。
昨年は大きな地震やテロや、いたたまれない事件や事故が続いた年だった。今年は平和な、よい一年となりますように。






テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 行事、習慣
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
結婚式とダミジェッラ :: 2016/11/02(Wed)

10月のある土曜日、主人の姪っ子の結婚式に参加。

新郎・新婦はもうかれこれ6年をともにしているし、今年の始めには子供も生まれていて、新生活はとうにきっている二人。私も新郎とは既によく知る仲だし、彼のご家族はもちろん、数人の親戚とも顔なじみ。

そんな二人がようやくに式をあげることになった。

式の会場は、彼らの住まいであるトリノの、ある教会。椅子に座りきれないほどのたくさんの参列者のなかで行われた結婚式。

IMG_6219_convert_20161102021705.jpg

粛々と式が進んでいくなか、我が家にも実は大役が。

最後の指輪の交換にて、我が家のびおらちゃんがダミジェッラに抜擢されていたから。ダミジェッラとは、式が進行し、夫婦の誓いが交わされて、夫婦の絆である指輪の交換時にその指輪を運ぶ女の子のこと。

1ヶ月前くらいに娘の従姉妹にあたる新婦にその役を頼まれてから、いやだいやだ、と言いながらも本人も結構その気になって当日を迎えていて、本番も無事に終了。

IMG_6222_convert_20161102021621.jpg

やり終えたご本人の感想は、「式が一番前で見れてよかった」と余裕のお言葉を…

その後は、トリノから各自30kmほど郊外に移動し、食事会。

IMG_6237_convert_20161102021738.jpg

IMG_6238_convert_20161102021815.jpg

13世紀の貴族の館をレストランに改装した建物にて、まずは、会場外で立食のアペリティーヴォ。

その後には、着席にてお食事…そして…お決まりのダンスパーティーと化し…と恒例の長い長い夜が続いたのでした。






テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 行事、習慣
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
ゼロブランコのラディッキオ収穫祭 Mostra del Radicchio di Zero Branco :: 2016/01/21(Thu)

旬を迎えたラディッキオのサグラ(収穫祭)は順を追って各地で開催されている。この時期は、トレヴィーゾ県の産地、ゼロブランコという町での開催。毎年1月初旬から中旬の週末を含めた2週間が会期となっている。

IMG_3741_convert_20160121152722.jpg

各地でのサグラは各自治体の持つProLocoという、地元の観光振興機関が主になり行われ、各サグラでの趣向の凝らし方も任されている。
このゼロブランコの会場の作りは、例年、会場となる仮設大テントの入り口に、ラディッキオの生産工程の順を追った様子が再現されている。

DSC_0087_convert_20160121152659.jpg

種まき、畑での生育、収穫、浸水作業、出荷までの作業が見られるのだが、それらの表示が、イタリア語ではなくて完全に地元の言葉で書かれているところもまた面白い。

DSC_0011_convert_20160121152155.jpg

DSC_0024_convert_20160121152216.jpg

DSC_0025_convert_20160121152247.jpg

DSC_0030_convert_20160121152310.jpg

DSC_0038_convert_20160121152329.jpg

DSC_0043_convert_20160121152349.jpg

メイン会場は、大食堂と化す。
どれもラディッキオをベースとしたメニューの数々。

DSC_0081_convert_20160121152606.jpg

ラディッキオのグリルとフリット。

DSC_0056+(1)_convert_20160121152414.jpg

DSC_0060+(1)_convert_20160121152434.jpg

リゾットや、ラディッキオを混ぜ込んだチーズなど。地元ならでは、ラディッキオならではのベーシックだけれど、皆が好んで食べるものばかり。

DSC_0066_convert_20160121152518.jpg

DSC_0062_convert_20160121152456.jpg

DSC_0077_convert_20160121152542.jpg

ほか、地元の業者の展示即売等々の露店も並ぶ。

DSC_0054_convert_20160121152117.jpg

DSC_0082_convert_20160121152628.jpg

11月から出荷の始まるラディッキオだが、1月、2月が最も美味しくなる季節。まさしく旬。

毎年、やはり気候の変化や異常気象などで何かしらの変化や問題がある。自然の力に頼る農作物にはつきもののの問題。
そんななか、旬の味をいつものように、恒例の行事が開かれ、そこに人が集う。生産物、生産者はじめ関係者、そしてそれを消費する人々…全てが揃っての収穫祭の有り難さだ。





テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 行事、習慣
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
エピファニアとベファーナ :: 2016/01/07(Thu)

正式にクリスマスシーズンに幕が閉じた。その日は、エピファニア(Epifania)=公現祭と呼ばれる1月6日。降誕したイエス参りをしたマージ=東方三博士のイエスへの礼拝を果たした日を祝ったもの。

マーギは、パレスチナのベツレヘムに約900kmかけてイエスの降誕を祝う旅をしたのだとか。当時はラクダに乗っての移動。1日の最長可能移動距離は80kmというので、イエス降誕から約2週間ほど後の1月6日が、その到着日、となる。

さて、この日をもって、すべてのクリスマス行事を終了する。そして、この1月6日を迎える夜には、ベファーナが子供のいる家庭を1軒1件まわって、甘いお菓子を靴下に入れていく習慣がある。
だから、街中の駄菓子屋さんは、ベファーナ(老婆)の人形やら、お菓子でパンパンになった靴下で軒が飾られる。

DSC_0008_convert_20160107162739.jpg

同じようにクリスマス・イブにサンタクロースの贈り物を待って靴下を準備するのはイベント的。それとは別に、ベファーナに対するそれは宗教的に存在する行事だ。

この日にイエスのもとに辿りついたマージ。彼らがイエスの居場所を道中に尋ねた人物が、このベファーナ。ベファーナはこの時に素っ気ない返事をして三人を追いやったものの、その後に自分もイエスのご加護を肖ろう、と三人のマーギの後を追うが時や遅し。仕方がないので、生まれたばかりの赤ん坊のいる家を一軒ずつ廻り、それがイエスであることを願いながら、甘いお菓子を置いていった、と言われる伝説から。

DSC_0010_convert_20160107162759.jpg

DSC_0001_convert_20160107162638.jpg

なので、子供達は、1月5日の夜寝る際には、枕元に靴下を仕掛けておいて眠りにつく。いい子にしていた子供には、甘いお菓子が、悪い子になっていた子供には、お菓子の代わりに真っ黒な墨(カルボーネ)を置かれる、ということになっていて、目覚めた時に、ドキドキしながら靴下を開けることとなる。

駄菓子屋では、ジョークで、ゴツゴツとした墨の駄菓子も売っているし、ピンクや赤や黄色のカラフルなものも置いていたりする。ただし、黄色い墨は良い意味だそうだ。

パドヴァでは、この日に広場に仕掛けられた大きな焚き木に火をつける習慣がある。そして、この焚き木の上には、この日の象徴であるベファーナが仕掛けられる。

これは、”Brusa la Vecia(ブルーサ・ラ・ヴェーチャ”と呼ばれ、brusaはbruciare(ブルッチャーレ=燃やす)のヴェネト弁、veciaはvecchia(ヴェッキア=老婆)の、これまたヴェネト弁。veciaはここではベファーナを指すので、仕掛けられた焚き木の上のベファーナを燃やすこと、という意味。

ヴェネトでも、ヴェネツィアやトレヴィーゾに強くこの風習が残っていて、そこらへんでは、主に、Panevìn(パネヴィン)とか、 Panaìn(パナイン)などと呼ばれる。いわゆる、Pane e Vino(パーネ・エ・ヴィーノ)、パン(パーネ)とヴィーノ(ワイン)という意味で、いずれも豊穣を表すもの。

DSC_0031_convert_20160107163101.jpg

これも新年の、パドヴァの大きな広場プラート・デッラ・ヴァッレでの恒例イベント。

DSC_0016_convert_20160107162844.jpg

午後からのイベントに向けて、多くの人、家族連れで賑わう。

DSC_0028_convert_20160107163042.jpg

DSC_0026_convert_20160107162958.jpg

DSC_0025_convert_20160107162932.jpg

DSC_0022_convert_20160107162909.jpg

夕方5時に、点火。なんだか、可哀想なぐらいに、勢い良くあっという間に燃えてしまったベファーナ…

DSC_0055_convert_20160107163121.jpg

これを燃やして燃やした炎の向きで今年一年の運勢を占い、また、健やかな一年を願う意味が込められている。北東方面に炎が上がると幸運の印、と言われている。今年はそちらに方向が向いたようで、2016年もよき年になるだろう。

DSC_0066_convert_20160107163140.jpg

しばらくして、アックア・サンタ(聖水)の意味も込められた、消防車からの放水にて火はゆっくりと鎮火する。

ようやく、これで冬の大イベントがすべて終了。街のナターレ用のバンカレッレ(屋台)も、大きなクリスマスツリーも全て撤去される。そして、一年の本格的スタート。

街はエピファニア前日から始まったバーゲンセールでしばらくは、違う意味で活気づく。

DSC_0013_convert_20160107162817.jpg

そして、続くはカーニヴァルの季節…




テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 行事、習慣
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
栗の収穫祭 フェスタ・デイ・マッローニ Festa dei Marroni :: 2014/11/15(Sat)

昨年も訪れた栗のお祭り。トレヴィーゾ県のやや北側、コンバイCombaiという栗の産地にて開催されたサグラ(収穫祭)に今年も足を運んでみた。

コンバイという町は、プロセッコの産地であるヴァルドッビアーデネValdobbiadeneに隣接した地域で、自然豊かな森林で成り立つ丘陵地。パドヴァから移動する場合は、このプロセッコの産地を通っていくこととなる。

最良のプロセッコのブドウ畑がある、カルティッツェを通り…

DSC_0310_convert_20141115150727.jpg

DSC_0300_convert_20141115150633.jpg

コンバイの街へ。

平地のない、坂道だけの街。小さな街だから、一年に一度の栗のお祭りの期間中は、いっぱいいっぱい。同地の栗は生産地呼称I.G.P.に指定されているものだ。

DSC_0326_convert_20141115150747.jpg

DSC_0328_convert_20141115150808.jpg

DSC_0260_convert_20141115150502.jpg

昨年同様に、サグラでは皆のお楽しみの昼食会場へ行くものの…ちょうどいいお昼時間だというのに、食べるものは皆、売り切れ。…そういえば、昨年もそうだった。

昨年の経験を生かして、今年は改善を、なんていう変化のないところが、やっぱりなぁ~、などと思いながらも、まぁ主役は栗なので、栗の焼けるのを待つ。

この日のお昼は山盛り焼き栗とトルボリーノ。トルボリーノとは、ワインの製造の始まりの時期、まだ完成していない醸造しきれていない若いワインのことを指す。アルコール度数は、ワインのそれに達していなくて、まだ濁りがあるもの。

DSC_0210_convert_20141115145835.jpg

栗の季節はちょうどこの早熟ワインの季節となるため、ローストのカスターニャ(マローネ)のお伴はこのトルボリーノ、と決まっている。

土地柄、ここのトルボリーノはプロセッコのそれ。甘くて酸味があり、少々泡っぽいが、まだまだキリッとさにはほど遠い。
でも、これが焼き栗にはぴったり。

メイン会場では、こちらも例年のごとく大きな鉄鍋にて栗が次々に焼かれている。

DSC_0221_convert_20141115150131.jpg

おじさん達と少年たち。

おじさん達は脇で酒飲みながら立ち話に華を咲かせている脇にて、

DSC_0233_convert_20141115150202.jpg

少年たちは真面目に汗をかきながら一生懸命に働いている図。

DSC_0244_convert_20141115150229.jpg

できあがり。

DSC_0246_convert_20141115150316.jpg

熱々の焼き上がった栗は袋に入れられて、皆に振る舞われる。

DSC_0213_convert_20141115145943.jpg

DSC_0220_convert_20141115150100.jpg

DSC_0215_convert_20141115150019.jpg

DSC_0247_convert_20141115150341.jpg

コンバイの街の頂上にあるカステッロへと続く路は、かかし覧会。

DSC_0329_convert_20141115150834.jpg

DSC_0333_convert_20141115150911.jpg

DSC_0335_convert_20141115150933.jpg

スパヴェンタパッセリspaventapasseriと言われるかかし。こんな可愛いかかしにスズメさん、びっくりしてくれるかな…?

DSC_0348_convert_20141115151042.jpg

子かかしさん達は、円陣組んで、何を企んでいることやら…

DSC_0344_convert_20141115151010.jpg

DSC_0357_convert_20141115151113.jpg





テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 行事、習慣
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ