パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
プンチョPunch :: 2012/01/20(Fri)

毎日やたらに寒くて、外を歩いていてもなんだかつらくなってくる。ので、とにかく気持ちを落ち着かせるためにも、とりあえずはどこかに座らなければ話もできない。

パドヴァチェントロのパドヴァ一の老舗カフェ、カフェ・ペロドッキ。レトロな内装も、もちろん外観も当時の名残を残しているが、この寒い中に暖房がついていないのでは?と思う寒さ。
店内だから、と着席と同時に何気にダウンコートを脱いでいたら寒くてもう一度きてしまった。暖房、やっぱり効いてないなぁと考えていたら、ホールの端で足元を温めるだけの小さな小さな温風ヒーターが2台動いていた…。そういえば、夏場はどんなに熱くても、ここは冷房機能がないので、開けっ放しだったっけ…

と、ソファに座って飲み物を飲んでいてもにわかに寒さを感じてきて、目の前のテーブルに座るおじさん3人組の飲む湯気の出るオレンジ色のグラスを見て、思い出した。あー、そうだ。プンチョ!!

R0028494_convert_20120120142624.jpg

プンチョとは、ポンチ(パンチ)のこと。以前にも書いたような気がするが、
パンチという言葉自体はもともと、ヒンディ語で“5”を意味し、アラックという蒸留酒、砂糖、レモン、紅茶または香辛料など5種類の材料からなる、インドの飲み物のことを指す。それが、イギリスに持ち込まれ、その後ヨーロッパに広まったとされている。

つまりはお酒と砂糖、果汁を合わせたカクテルのこと。

この日に飲んだプンチョは、マンダリネットmandarinettoというマンダリンのリキュールを温めたもの。甘くてちょっとほろ苦い。オレンジの皮が添えられている。このマンダリンのリキュールが、プンチョ・カルディでは最も一般的だとは思うが、他にキーナ、ラム、アンブラート、アマレット、コアントローなどなどもあり。

飲んでいるうちに、ほんとに体がポカポカと温まってきた。甘さとアルコールで指先や足先まで沁み渡る感じ。

温かいカクテルというと、その筆頭はワインに砂糖や香辛料を入れて温めるホット・ワインVin brulè(ヴィン・ブリュレ)。個人的にはやはりワインのほうが好きだけれど、風物詩としては季節に一度は試すべし。

R0028275_convert_20120120142604.jpg


スポンサーサイト
  1. bevanda/飲み物
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
スプリッツSpritz ~ヴェネツィアの場合~ :: 2011/09/21(Wed)

ヴェネトでアペリティーヴォといったら、なんてったって、スプリッツ!!スプリッツに関しては、ヴェネト通(?)なら知っていなくてはならないオレンジ色のカクテルとして知られている。が、ヴェネツィアのそれは、実はヴェネツィアならでは、のそれがある。

使われるリキュールは、一般的にアペロールAperol、カンパリCampariがよく知られているところ。ヴェネツィアのみ、セレクトSelectと呼ばれる同様に赤くてほろ苦いリキュールが使われるのが特徴。
何のリキュールなんだろう、と裏の表示を見たら、様々なスパイス系の香料とカラメルで構成されているようだ。

R0025056_convert_20110921130330.jpg

セレクトお勧めのスプリッツの割合は、
Select 2cl
プロセッコ3cl
氷5つ 
水(ガス入りまたはなし)
オレンジ ひと片

先週のお料理教室。生まれも育ちもヴェネツィアのご夫婦宅にて。ご主人のダニエーレ版スプリッツ・コン・セレクト!!

R0025057_convert_20110921130356.jpg

R0025062_convert_20110921130415.jpg


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. bevanda/飲み物
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
カフェ・ペドロッキのカフェ・ペドロッキ :: 2011/06/03(Fri)

パドヴァのシンボルと言ってもいい、同カフェは1831年創業。建物は 1826-1831年に建設が始まり、現在のバール部分は始動。その当時は商人たちの金銭、商品の取引場にもなる場も設けられていた。

R0021499_convert_20110603140413.jpg

建物の構造及び装飾は創業者であるアントニオ・ペドロッキAntonio Pedrocchiの意を受け、ヴェネツィアの建築家であるシュッセッペ・ヤッペッリGiuseppe Jappelli。
外装、内装は現在もほぼその当時のままの姿を残している。建物自体がカフェ兼博物館と言ってもいいだろう。

1階はホールが3つに仕切られており、3色の部屋(サーレ・トリコローレ=緑、赤、白三色のイタリアンカラー)として、白(ビアンカ)、ロッサ(赤)、ヴェルデ(緑)と呼ばれています。各ホールのソファーの張ってある布の色が部屋の名前にちなみ、色が違っている。
中央のホール、サーラ・ロッサの中央奥にはバンコ(バー)があり、立ち飲みもできるスタイルも当時のまま。

R0021483_convert_20110603140334.jpg

建物の脇にある階段からつながる2階はPianoNobile(ピアノ・ノービレ)と呼ばれ、ルネッサンス期を思わせる美しい部屋が残存。そして、2階の一部はリソルジメント期(近代イタリア国家の独立・統一運動期;1820~1870)のパドヴァの歴史博物館ともなっている。

“Padova, città tre senza:del santo senza nome, del prato senza erba e del caffè senza portaパドヴァには3つの不足しているものがある:名のないサント(聖人=パドヴァの守護聖人、サンタントニオ/聖アントニオは通称を「サント」とされている)、芝生のないプラート、扉のないカフェ(カフェ・ペドロッキ)”
という言われは、パドヴァの3大シンボルのことを指しているもの。ここでいう同カフェを謳う“扉がない”とは、朝から夜まで一日中誰にでも解放されている、という意味。カフェとは、単なる休憩するためにお茶をする場所という場ではなく、商業、政治の場としても活用されていたことが窺えるものだ。

さて、メニューの内容としてはもちろん通常のカフェメニューと、カフェ・ヴァリエーションだが、ここに同店の名を冠したメニューがある。

R0021496_convert_20110603140352.jpg

これは、エスプレッソにミントのシロップで風味づけしたの泡状のラッテをのせたもの。コーヒーのほろ苦さにミントの爽やかで甘い風味が加わる。コーヒーの独特な深い色に淡いミント色の組み合わせもまたまた絶妙。通常カフェに添えられてくる砂糖もスプーンもなし。カメリエーレ(給仕人)に、「かきまぜずにそのまま飲んでください。」と言われるがままに、そのままどうぞ。

R0017734_convert_20110603140312.jpg


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. bevanda/飲み物
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
スプリッツ Spritz :: 2011/05/30(Mon)

ヴェネトのアペリティーヴォといったら、スプリッツSpritz! 至るところにある町のbarに座る人々の前には、あっちでもこっちでもオレンジ色のグラスが置いてある。非常にポピュラーなな飲み物。

R0021593_convert_20110530134341.jpg

スプリッツは、ヴェネトがオーストリア軍に占拠されていた時代に生まれたとされており(もちろん諸説あり)、ヴェネツィアを中心としたヴェネト州、トリエステを中心とするフリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州、そしてトリエステからクロアチアの北西部の一部の三角地帯であるイストリアなどの地区に広まったとされている。
その当時の内容としては大変にシンプルなもので、アクア・ガッサータ(ガス入りの水)とワイン(白が好まれた)を混ぜたものだったとか。

もともとはアルコール度数の高いヴェネトのワインを薄めるのが目的だったとされ、当時のその呼び名はドイツ語で“スプリッツェンspritzen”。それはイタリア語でいう”スプルッツァーレspruzzare=霧をふきかける、しぶきを飛ばす“という意味のもの。
それがヴェネトを中心に広まり、その町それぞれがオリジナルとして今も根付いている。そのうちでも特に加えるリキュールを赤いものにすることはヴェネツィアで生まれたものだとされている。

その赤いリキュールの代表格がアペローAperolとカンパリCampari。代表格、というより今ではもはやこれらなくしてはスプリッツとは呼べないものとの認識さえ。特にアペローに関しては、アペロー=スプリッツと同格で連想させるほど、その関係は深いもの。
アペローというリキュールは植物の根(おそらくリンドウ)と薬草、砂糖などでできる甘くほろ苦さのある赤い酒で、アルコール度は11度、とリキュールの中ではかなり軽め。

アペローはもともとパドヴァにあったフラテッリ・バルビエラFratelli Barbieriが製造していたもので1919年のパドヴァの食の展示会で紹介されて世に出たもの。そして大戦後に急速に北部イタリアを中心に普及しました。2003年にはミラノのダヴィデ・カンパリ社の傘下となっています。

イタリアでは一時、アペローのテレビCMを頻繁に目にすることがあり、そのコピーが『スプリッツ・ライフ?アペロー スプリッツ!Spritz Life? APEROL Spiritz!』。誰もが一度は耳にしたことのあるフレーズで、これにより、スプリッツ、アペローともにその認知度は急速にアップしたような感あり。特に都市部を中心に、夜の7時ごろ(バールにより異なる)までにカクテルを頼むとかなりしっかりとしたおつまみが楽しめる、というお得な“ハッピー・アワー”にスプリッツを取り入れる(これは企業的な戦略か??)店が多く、若者の間を中心に急速に広まった。

現在ではイタリア北東部の町を中心に最も身近なアペリティーヴォとして親しまれているものだが、これも料理と同様にそのリチェッタは千差万別。
ヴェネツィア、パドヴァ、ヴェローナ、ヴィチェンツァ、トレヴィーゾあたりではここ一帯を産地とする発砲ワインのプロセッコをベースとするのが一般的。つまり、それぞれの土地でそれぞれ産出のワイン+水(ガス入りまたはガスなし)、そしてリキュール、というのがリチェッタの基本となる。

ちなみにアペローのボトルに推奨されているリチェッタはアペロー:プロセッコ=2:3、炭酸入りの水、氷、薄切りオレンジ。
グラスに注がれたこのカクテルにオレンジの薄切りと竹串に刺されたグリーンオリーヴ、というのが定番。甘めのこのスピリッツを飲みながら、添えられたオリーヴの実をかじるのが王道。

日の暮れるのが極端に長いこの夏の季節、屋外のテーブルで飲むスプリッツは格別。

R0013829_convert_20100826074127.jpg


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. bevanda/飲み物
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
カフェ・シェケラート Caffè shakerato :: 2011/05/21(Sat)


R0021063_convert_20110521141111.jpg

暑い季節になるとやっぱり飲みたくなる冷たい飲み物。濃い熱いカフェをぐっと一杯、もいいけれど、冷たいコーヒー、いわゆるアイス・コーヒーってないの~?というものにあたるのがこれ。
エスプレッソを氷とシェイカーでシェイクする。苦い細かい泡がグラスの表面にあって、口当たりよし。

R0021127_convert_20110521141025.jpg

“カフェ・シェケラート”いわゆる、シェイクしたコーヒー。シェケラートって、shake/シェイク をイタリア語化したような言葉だけれど、シェイクする=shakerareという動詞は存在するのだろうか?
イタリア語といえば、昨日、とうとう3歳の娘にRとLの発音の違いを指摘されてしまった。。。

さっぱりした冷たいものですっきり!というときはフレッシュジュース(スプレムータ)もよいけれど、ここではあまりキンキンに冷たい飲みものはないので、「氷入りで!」と頼まないと、生ぬるいものが出てくる可能性大。

R0021126_convert_20110521141049.jpg


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. bevanda/飲み物
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。