パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
アッロースト・ディ・マイアーレ・アル・ラッテArrosto di maiale al latte :: 2011/03/26(Sat)

ヴェネトの郷土料理で、非常にポピュラーでありながら、レストランなどでは滅多に見かけないひと皿。豚の背にくを牛乳で煮込んでいく料理。とてもシンプルな料理法だけど、仕上がったときに煮込んだソースがホロホロとしてくるおもしろい料理だ。

豚を牛の乳で煮る、という酪農家の恩恵を丸ごと受けたような料理。ここはロンバルディアから続くパダーナ平原が広がる土地がら、土地の豚を使ったハムやサラミ、そしてチーズなどが盛んに生産されていることなどを考えるとこの素材の組み合わせは土地ならではのもの、と言えるのだろう。
ハムやサラミといえば、土地のものとして認定されているものに、モンタニャーナのプロシュット、ソルプレッサという太~いサラミ、チーズで代表的なものはグラーナ・パダーノ。こういう土地には小さな生産者もたくさんあって、特にGOPやIGPとして認定マークのついていないものでも、もちろん存在する。いや、そういうもおのほうが多いだろう。

豚肉のかたまりを鍋で焼きつけ、そこに牛乳を投入、そのあとひたすら煮る。長時間煮込む間に乳のたんぱく成分が変性してそぼろ状になってそれがそのまま肉のソースに。

R0018892_convert_20110326154852.jpg

R0018955_convert_20110326154913.jpg

タイトルにしたアッローストarrostoとあには、“焼く”という料理法だけれど、実際は“煮る”という感覚。とはいうものの、小さい頃から馴染んできた友人などは、アッロースト・ディ・マイアーレというとこの牛乳煮をすぐに想像するという。

R0018995_convert_20110326154935.jpg

料理名としては、もちろん、マイアーレ・アル・ラッテmaiale al latte(豚肉の牛乳煮)とそのままのものもあるし、ヴェネト風に表現するならば、ポルセーオ・アル・ラッテPorseo al latteと訛ってみるのもあり。

R0019006_convert_20110326154954.jpg


スポンサーサイト

テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 料理・素材
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
In Cucina con Galileo :: 2011/03/25(Fri)

ここはパドヴァで料理教室を古くから開いているシニョーラ・エンニアの主宰する料理教室。その名もパドヴァにゆかりの深い高名人の名をとった、イン・クチーナ・コン・ガリレオ。

もろもろの打ち合わせなどがあり、シニョーラと話をしていたら、この夜のレッスンに誘われた。この日はパドヴァ大学で交換留学生として在籍しているボストン大学の学生さんたちを集めての魚料理のレッスン。企画したのは魚類学者の知人。

いわゆる公民館のような施設のキッチンを使用した、完全に参加型のレッスン方式。ひと通りの説明をしてからエンニアさんの指導のもとにできあがったのは、ツナのペーストのブルスケッタ(できあがったと同時に皆の手がのび、テーブルに着くときにはもう既になかった)、魚のブロードを効かせたピゼッリ(グリンピース)とエビのリゾット、スズキのアスパラ入りベシャメル。スズキを使ったセコンドは、軽いベシャメル(正しくはベシャメルとは言えないけれど)として、牛乳を使わずに、アスパラからとっただしを使って仕上げた春の一品。そして、キオッジャ出身のエンニアのつくるリゾットのその調理ステップはまさしくヴェネト風。

R0019964_convert_20110325151254.jpg

R0019985_convert_20110325151337.jpg

R0019972_convert_20110325151316.jpg

シニョーラが一生懸命学生に手とり足とり料理を教えている横で、自分の役目が終わったシチリア出身魚類学者のルーチョは、横で得意のカッサータ・シチリアーナをつくり始める。キッチンはいつものようにてんでばらばらだったけれど、最後には美味しくいただいて終了。
ここでのレッスンでは、おかたずけも自分たちで。

R0019996_convert_20110325151420.jpg

R0019991_convert_20110325151357.jpg

R0019999_convert_20110325151441.jpg

一緒に連れていったびおらちゃん、設置してあった卓球台を見つけ初卓球にチャレンジ。

R0019959_convert_20110325151503.jpg

R0019960_convert_20110325151524.jpg



テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Corso di cucina/料理教室
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
日曜日のPallavolo Padova :: 2011/03/23(Wed)

今年も終盤戦に入ったバレーボール・シーズン。今期の我が町、パドヴァの同チームは好位置につき、リーグ1位を維持し続け、待望のセリアA1昇格を果たすかどうかの正念場にある。

R0019929_convert_20110323102353.jpg

そんなバレーボールチームに所属している越川選手の咋シーズンからの貢献により、20日のホーム戦パドヴァvsペルージャは日本の今回の災害に対してのチェリティーイベントが催された。当日は会場は追悼を表す黒いリボンをつけた日の丸があちこちに掲げられ、1分間の黙祷から始まった。

ここに住み、日本が受けた被害及びそれに関わる様々な影響を全く受けていない私には、どんな言葉を口にしても態度で示そうとしても、どうにもこうにも共有できないものがある。ここにいて沈んでいても何も始まらず、かえって悪循環になりがちで、何か少しでも、と思いながらの行動も然り。

とそんな折に上記のイベントのある試合が行われた。チームとしては、非常に早い対応で地震当日には日本への義援金を送ることを決定していたことを知っていたので、何としても当日は会場に足を運ばねば、とは思っていたのですが。

選手のファンだという東京から観戦にきた女性は、同イベントに日本人としてイベントの成功への願と感謝の気持ちを表したいとの行動をおこし、会場の一角を借りて日本の国旗を模した簡易テープを来場者に配った。この日に企画されていたのは、越川選手の番号のついたユニホームなどを景品としたロットリー。

R0019923_convert_20110323102331.jpg

日本に向けたメッセージボードにもたくさんの人が書きこみをしてくれた。この日は全日本の植田監督も体育館にいらしていたこともあり、監督と越川選手のサインやメッセージも。

R0019904_convert_20110323102245.jpg

R0019910_convert_20110323102309.jpg

R0019937_convert_20110323102416.jpg

日本に向けた温かいメッセージは言葉や文字になり、それが大きな力につながることを願っている。

R0019939_convert_20110323102447.jpg

そして、今週末には現在第2位ラヴェンナとの直接対決が!がんばれーーー!!パドヴァ!!!!!!

テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
「Heart in the bottle」キャンペーン :: 2011/03/19(Sat)

数年前よりヴェネツィアに関する記事を書かせていただいているH.I.Sイタリアのブログより。海外旅行から帰途に着く空港にて、こんなキャンペーンをしているそうです。

H.I.Sイタリア支店ブログ
http://ameblo.jp/his-rome/

「Heart in the bottle」キャンペーン
http://www.his-italy.com/images/home/Heart_in_the_bottle.pdf

R0019900_convert_20110319180148.jpg


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
イタリア統一150周年記念日 150°annivarisario Unita d'Italia :: 2011/03/18(Fri)

R0019896_convert_20110318045053.jpg

R0019876_convert_20110318045140.jpg

2010年3月17日は、イタリア国家統一の150周年記念日で祝日。1861年、首都をトリノにおく。ヴェネトがイタリア王国に編入されたのは1866年なので、この日の記念に反対を表明している派閥は声高だ。
イタリア王国統一、リソルジメント(統一運動)の主要人物、ジュセッペ・ガリバルディ、ジュセッペ・マッツィーニ、カミッロ・ベンソ・コンテ・ディ・カヴール、ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世…各々、パドヴァの町のなかでには彼らの名を冠した通りや広場が残り、そこには彫像も見られる。

R0019875_convert_20110318045117.jpg

町はトリ・コローレの旗で飾られ、チェントロ、パドヴァ一歴史のあるカフェ、カフェ・ペドロッキ上階のリソルジメント博物館はこの日は一般無料開放ということで、多くの人々が足を運んでいた。

R0019888_convert_20110318045006.jpg

R0019892_convert_20110318045029.jpg



テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 行事、習慣
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。