パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



ヨーロッパ・イン・プラート L’europa in Prato :: 2013/04/29(Mon)

パドヴァ旧市街地の南側にあるプラート・デッラ・ヴァッレにて、日曜日より3日間の会期でヨーロッパの食の市、L’europa in Pratoが開催された。
ヨーロッパの国々を中心に、南米など、そしてイタリア各地のご当地ものが販売される。出店数約150店舗。

広場入口付近は、鮮やかな色の花たち。

R0037233_convert_20130429110014.jpg

イギリスからは陶器。なんだかえげつないけど…

R0037235_convert_20130429110047.jpg

フランスはプロヴァンスのリネン類、香辛料、チーズ。シャンパン&生カキのバールもあった。

R0037242_convert_20130429110446.jpg

R0037244_convert_20130429110520.jpg

R0037271_convert_20130429111021.jpg

ドイツはBrezelのデモ販売。

R0037257_convert_20130429110654.jpg

オーストリアからはストゥルーデル。

R0037252_convert_20130429110622.jpg

オランダは、花の球根

R0037272_convert_20130429111128.jpg

スペインは大パエリア

R0037269_convert_20130429110929.jpg

クロアチアはケバプチチ

R0037291_convert_20130429111507.jpg

ブラジルはとにかく肉を焼く…

R0037249_convert_20130429110547.jpg

そして同じく南米アルゼンチンも…

R0037293_convert_20130429111601.jpg

販売ブースを眺めていると、オーブンやグリルも実演販売用にうまくできてるもんだ。

イタリア国内は、

トスカーナ

R0037265_convert_20130429110730.jpg

R0037267_convert_20130429110858.jpg

ウンブリア

R0037240_convert_20130429110412.jpg

カラブリア

R0037279_convert_20130429111252.jpg

…のリクイリーツィア

R0037288_convert_20130429111815.jpg

カンパーニャからはスフォリアテッラ

R0037286_convert_20130429113201.jpg

プーリアのタラッリ

R0037280_convert_20130429111628.jpg

アルト・アディジェのスペック

R0037285_convert_20130429111353.jpg

そしてシチリアからはアーモンドの菓子

R0037261_convert_20130429110830.jpg

ヴェネトはひっそりと時期のアスパラといちご

R0037276_convert_20130429111209.jpg

…と全ては書ききれないが、雨あがりの日曜日、なかなかの人出

R0037297_convert_20130429111700.jpg





テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. イベント、見本市
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
オリジナル皮製品の店 Raggio Veneziana @ Venezia :: 2013/04/28(Sun)

ヴェネツィアにて、オリジナル皮製品をつくるお店のご紹介です。HISローマ支店のブログに掲載中。

http://ameblo.jp/his-rome/entry-11514725812.html

R0035491_convert_20130428145336.jpg

タイトルの"Z"がひとつ多すぎた…





テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Venezia/ヴェネツィア
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
カルチョッフィのオイル漬け :: 2013/04/26(Fri)

縁あり、カルチョッフィを山ほど抱えて家に着いた。2週間ほど前の話。

カルチョッフィの里はローマ周辺、中部イタリアの先住民族であるエトルリア人の築いた土地でもある。

古代ローマ人の築いたとされる宿場跡。

R0036824_convert_20130426180603.jpg

小麦の畑の先には遺跡。

R0036837_convert_20130426180821.jpg

ここ20年ほどで随分と環境が変わってしまったとのことで、昔ながらの農家もだいぶ影を潜めてしまったらしい。
が、風にのって香ってくる先に歩くと、やっぱりいた!牛さん達。

R0036827_convert_20130426180720.jpg

豚も日向ぼっこ中。

R0036839_convert_20130426180931.jpg

農家の庭先には藤の花がもう満開。

R0036826_convert_20130426180630.jpg

…ということで、欲張り根性丸出しで大量のカルチョッフィを持参して帰宅し、やってみた。相当な量がこの瓶の中にギューと詰まっています。×4瓶仕込み完了。

R0037217_convert_20130426181032.jpg

あと、もうしばらくしたら開封できる。もうしばらくしないと食べごろにならない。

と、台所の食糧棚を開けては眺めている。うまく出来てるといいなぁ…

R0036841_convert_20130426181004.jpg

R0036831_convert_20130426180754.jpg





テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 日常
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
古本とアンティークスタンプ市 in Via S.Francesco :: 2013/04/21(Sun)

パドヴァのチェントロのなかでも個人的に好みの道、サン・フランチェスコ通り。ポルティコ(柱廊)のある風景はパドヴァならではだが、ここの通りは1400年代の古い美しいポルティコが現存する。丸くて太い柱が定間隔で26本並ぶ。柱の上部は美しいアーチ状で、このポルティコの下にある教会は当時は病院として建てられたもの。

R0037139_convert_20130421140950.jpg

この通り自体が街中でも歴史ある通りだが、ガリレオ・ガリレイがパドヴァにいた際に居住していた家やパドヴァの守護聖人の眠る聖アントニオ協会にも続く道。
そして、この通りをさらに進むと、ローマ時代にその原型をもつポンテ・コルヴォ門へと繋がっていることから、遠い昔はこの道はパドヴァの主要な通りのひとつであったことが窺えるものだ。

冬から春をとばして初夏に以降したような先週の気候からまた一転した昨日の土曜日。雨がぱらぱらと降り続く一日、このサン・フランチェスコ通りにて、古本市が開催されていた。

R0037125_convert_20130421140659.jpg

午後のお散歩がてらにびおらと訪問。

R0037120_convert_20130421140423.jpg

あいにくの雨で、各店舗ともすべてポルティコの下に店を広げ、雨対策にビニールを被せて開店中。

R0037129_convert_20130421140851.jpg

R0037122_convert_20130421140454.jpg

ヴェネト及びヴェネツィアの古い歴史書などが多く、その他あらゆる分野の本がずらりと並ぶ。古本といっても現代の要らなくなった本をたたき売りしているわけではないので、じっくりと並んでいる本を眺めながらゆっくりと歩く人々の姿。

R0037124_convert_20130421140619.jpg

R0037123_convert_20130421140544.jpg

R0037127_convert_20130421140821.jpg

R0037126_convert_20130421140746.jpg

料理雑誌としてよく知られるla cucina italianaの30年前のコピー。CucinaのUがVであった当時のものだ。

R0037116_convert_20130421140158.jpg

いろいろ見ていて見つけたのは、ヴェネト料理の料理本。ヴェネトの土地料理がアンティパストからドルチェまでもれなくしっかり入っている。特に土地の郷土料理を探すのに、本屋に並ぶ最近の本やらインターネットで探すレシピを見てもどれを自分のなかで基準にしたらいいのかなー、と常々思っていたところ。

中をじっくり見て、あった場所に置き、もう一度戻ってさらにじっくり見て値段交渉開始。24ユーロ(もちろん本の定価はリラ表示のみ)だったのが「18ユーロでいいかなー」という店主の声に財布を開いた。

R0037148_convert_20130421141102.jpg

びおらがチョイスした古本はシンデレラ。「いくら?」とおじさんに聞いたら50というので「へ?」と聞き返したら、「50centesimi(50セント)」。こちらはまさしく古本市らしい値段設定。
後からこの棚に近づいてきてきた、おそらく自分の子供を思いながら本を選んでいた女性、同じように値段を聞いて私と同じ返答をして思わず二人で大笑い。

行きも帰りも同じ場所で立ち止まり、何度も吟味していたびおらのために購入。

R0037117_convert_20130421140335.jpg

帰りに寄ったバールでお茶しながら開いてみたら、後ろのページに前持ち主のマンマ(…と想像する)が土地のワインを書き留めていたメモが。

R0037141_convert_20130421141025.jpg

どんなマンマだったのかなーと思いを馳せる雨の週末。

R0037133_convert_20130421140922.jpg




テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Padova/パドヴァ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
リストランテ・アイ・ナヴィリ Ristorante ai Navigli :: 2013/04/20(Sat)

久し振りにレストラン情報。

パドヴァチェントロ、小さな運河リヴィエラ・ティーゾ沿いのポルティコの下が店の入口。ここは、魚料理専門で、メニューは100%魚料理。

R0037110_convert_20130420151622.jpg

訪れるお客さんは“魚”を食べにここにやってくる。

店内はそれほど広くはない空間を、2階に分けて空間を利用したモダンな面白い造り。2階に続く階段がすぐに目に入るがその階段の周囲の空間も使って、客席が配置されている。布張りされた椅子がとてもお洒落。

R0037074_convert_20130420150955.jpg

R0037098_convert_20130420151552.jpg

R0037083_convert_20130420151311.jpg

メニューを開くとしつこいようだが魚料理オンパレード。季節の魚を使ったメニューがずらり。どれもこれも美味しそうで…う~ん、迷う…

この日は家族3人でお出かけしてきたので、あれやこれやと各自の好みを言いながらようやくメニュー決定。

店で焼かれたパンがテーブルに運ばれ…

R0036992_convert_20130420150151.jpg

まず出されたのがエビとポルチーニのトルティーニ。ふんわり温かい。

R0036998_convert_20130420150440.jpg

前菜はホタテのグリーン・ペッパーのソース。マスタードが効いていて、これはとってもヒット!シェフの太鼓判メニューのひとつ。

R0037013_convert_20130420150634.jpg

茹でたイカとトマト。ペスト・ジェノヴェーゼを添えて。

R0037028_convert_20130420150657.jpg

びおらには特別メニュー。メニューにはないけど、ムールのスパゲティ。香り高し。

R0037044_convert_20130420150726.jpg

パッケリの魚介入りカルボナーラ。

R0037050_convert_20130420150830.jpg

そして、カチュッコ。その日の魚の入荷具合で内容は変わるが、この日は12種ぐらいの魚介がたっぷり。ピリリと少しだけトウガラシの辛みが効いている。季節のモエーケも入った超豪華版!!

R0037066_convert_20130420150900.jpg

ワインリストは白とプロセッコ、シャンパン、そして赤、と別れている。断然にスパークリングを頼む客が多そうだ。
私たちのチョイスは、ソアーヴェの名カンティーナ、ピエロパンのソアーヴェ・クラッシコ。

R0037003_convert_20130420150608.jpg

こちらがシェフのマッシモ氏と奥様のエレナさん。

R0037092_convert_20130420151526.jpg

夜のみ営業の同店だが、毎晩客足の絶えることがない。客層もよくてなかなかの店。

R0037070_convert_20130420150926.jpg

R0037090_convert_20130420151353.jpg

次回は絶対に、店でつくってるヴェネトのパスタビーゴリと、シェフ自信のお勧めのリゾットを食べてやるぞ、と意気込みを新たにした週末の夕食。

Ristorante ai navigli
Riviera Tiso 11, Padova
Tel;+39.049.8364060



テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. リストランテ・食べ物屋
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ