FC2ブログ

パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



パレルモ/Vucciria(ヴゥッチリーア)のメルカートとミルツァのパニーノ :: 2013/06/01(Sat)

かけ足でのシチリア訪問をしてきました。

まずはパレルモへ。街散策。ここはVucciriaと呼ばれる地区のメルカート。パレルモ市内には、他にBarralò(バッラロー), Il Capo(カーポ), Pulci(プールチ)というメルカートのたつ地区がある。

DSC_0908_convert_20130601150535.jpg

北伊とは全く違った雰囲気。

小路の両脇に立ち並ぶ野菜・果物、肉、魚、香辛料等々の露店は色も鮮やか、並ぶ素材も目に新しい。同地区のVucciriaはConfusione(コンフジオーネ=混雑、混乱)からくる言葉らしく、南伊らしいちょっと雑然とした空間があるが、これが秩序。Bucceria(ブッチェリア=肉屋)という意からくる、という話も聞く。近くに港があることから、12世紀にはジェノヴァ、ヴェネツィア、ピサなどからの商人が物資を運んできた経緯から、食品のみならず、カーペットやらカギ、靴などの昔ながらの職人的商店もいまだ存在する。

北では見ない大きなズッキーニやら緑の葉野菜などはどれも活き活き。アラブ色の強いシチリアの一大港町らしく、様々なスパイスがずらりと並ぶ香辛料店。

DSC_0929_convert_20130601150909.jpg

DSC_0922_convert_20130601150728.jpg

DSC_0923_convert_20130601150803.jpg

DSC_0918_convert_20130601150704.jpg

DSC_0913_convert_20130601150632.jpg

DSC_0910_convert_20130601150600.jpg

このメルカートの奥の目指す先は、Focacceria S.Francesco(フォカッチェリア・サン・フランチェスコ)1834年創業の同店の目玉はMilza(ミルツァ)のパニーノ。豚の臓モツ(脾臓)を挟んだパレルモ名物。塊を茹でてから薄くスライスして豚の脂(ラルド)でからめて温かいところをパンにはさむ。

DSC_0953_convert_20130601151045.jpg

朝からここで30年以上もこの名物パニーノをつくり続けているカルロさん。一日400個、週末は600個のパニーノが売れるらしい。パンを半分に切り、たっぷりの羊のリコッタ、そしてミルツァ、上にキャベツの細切りをのせる。

DSC_0944_convert_20130601150935.jpg

店内は少し改装した風があるが、造りは当時のまま。このカウンターも当時のままで、下に木をくべて、切ったミルツァは常に温かくなっている。上にのせたアルミの鍋も味ワイ深し。

DSC_0983_convert_20130601151112.jpg

DSC_0946_convert_20130601151018.jpg

もちろん、ここはパニーノ屋というわけではなくて、下町の総菜店、というのが同店の位置づけであるので、シチリアならではの食べ物が並ぶ。

Feltrinelliという全国展開の本屋を基盤としたグループの傘下となり、現在はパレルモの他にミラノやローマに数店舗を展開中。

夜になって街中を歩くとあちらこちらに露店出没。このパニーノ店も露店、常設店ともにあって、週末の夜だっただけにどこも人だかり。

DSC_1116_convert_20130601151601.jpg

DSC_1092_convert_20130601151516.jpg

こっちの露店でも同じ要領でモツのパニーノをサービスしてくれるが、こちらはもっとシンプル。リコッタや野菜などは加えずに、モツのストレート版。ここにレモンをキュッキュッと絞って、黒コショウを効かせた、ここだけの味。

DSC_1104_convert_20130601151539.jpg


そして、こちらはカーポのメルカート。こちらも同様、買い物をする人々でごった返す。

DSC_1038_convert_20130601151141.jpg

DSC_1053_convert_20130601151236.jpg

茹でトウモロコシ・イモ・そして小カルチョッフィ。この小カルチョッフィは初めて目にした。

DSC_1060_convert_20130601151324.jpg

DSC_1068_convert_20130601151403.jpg

野生のアスパラ。

DSC_1075_convert_20130601151427.jpg

ここは宝の山みたい。





テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Italia他の町
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
前のページ