パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
カルロ・スカルパの「ブリオン家の墓」 :: 2014/04/07(Mon)

トレヴィーゾ郊外、サン・ヴィートという場所に、ヴェネツィア生まれの建築家、カルロ・スカルパの手掛けた、墓地がある。

一般の市民墓地の一角に建てられた芝生に覆われた静かな空間。墓地全体は畑に囲まれた、ごく普通のヴェネトの田舎の風景のなか。
同墓地は、ブリオン・ヴェガ社の創始者であるジュセッペ・ブリオン氏とその奥様のために造られた墓地で、傍らにはカルロ・スカルパ夫妻の墓が配されていることで非常に知られているところだ。

市民墓地をぬけるとその正面に見えてくるコンクリートの壁。初めに目に飛び込んでくる2つのリングを模したようなデザインが目に飛び込んでくる。これを見ることから彼の建築・デザイン考に触れることになるのだろうか。私はその道の専門ではないので、多くを語ることは到底できないのだが。

DSC_0302_convert_20140407180512.jpg

2つのリングは墓地に祭られた2人の永遠の愛を象徴しつつ、その先に見える内部との境界を物理的だけではなく、隔てているもの。そのリングの先に拡がる芝生の拡がる内部とのコントラストに不思議な感覚を覚えながら…

DSC_0155_convert_20140407175716.jpg

墓地全体の構成はこのエントランス塔、及びブリオン夫妻の墓、家族の墓、水に浮かぶ瞑想の場=パビリオンと、カペッラ(礼拝堂)とからなる。全体及び墓地を巡らせている壁の構造、そしてもちろん内部のそれぞれ各部の構成に様々な意図が秘められており、ここを訪れる人々をどのように内部へ導かせ、そしてその構想を解らせるか、もしくは感じさせるか、という素材が随所に隠されている。

エントランスから足を踏み入れると自然の力で押されるように左方向に足が進む。この階段の造りにもスカルパの構想があるとか。通路が左側に寄っている。

そして、開けた先に見えるのがブリオン夫妻の墓。棺が上部を中心に斜めに配置されているのも、夫婦の愛の絆の証だ、とか。

DSC_0218_convert_20140407175953.jpg

それを覆うアーチはヴェネツィアの橋をモチーフにしていれ裏側にあるきらきらと反射するカラフルなガラスモザイク、反射する水を表現しているのかもしれない。もしくはヴェネツィアの橋そのものを表現しているのかも。

DSC_0225_convert_20140407180016.jpg

DSC_0228_convert_20140407180037.jpg

墓地全体にみられる造りも、ヴェネツィアを意識した浜辺または海の波を表現したものだ、という解釈もされるのだという。

DSC_0172_convert_20140407181626.jpg

DSC_0159_convert_20140407181603.jpg

とにかくも、墓のある場に到達するには、水路が設けられていて、これも様々な解釈の根源だ。

エントランスから逆方向、右手に進む。その先にある瞑想室なるもの。

ハスが植えられた堀に浮かんでいるように造られる。

DSC_0192_convert_20140407175911.jpg

内部に入る。人間が立ったときの視線と座ったときの視線とで、その場から見える景色が異なるように計算されているのだとか。中央に立ち、メガネみたいにくり抜かれた部分に目を転じると、その穴の向こうに街の教会の鐘塔が見える。座ると向こう側には墓地の壁のみが見え、街の家々の様子などが切り離され、教会の鐘塔の先端のみが見える。それぞれが異空間。

DSC_0178_convert_20140407175828.jpg

そして、礼拝堂へと導かれる…打ちっぱなしのコンクリートなのに、まるで木材のような質感。

DSC_0238_convert_20140407180113.jpg

内部へ。ピラミッドのように上部に三角に貼られた天井、礼拝堂への扉の開閉様式等々、頭が破裂するくらいにいろいろなものがある。

DSC_0267_convert_20140407180339.jpg

DSC_0255_convert_20140407180230.jpg

こちらも障子のように造られた壁や扉。

DSC_0260_convert_20140407180312.jpg

随所に見られるスカルパ独特の細かい考察のもとでの柱の造り、組違いに造られた床。細い天井の上部と床に仕掛けられた雨水の通る穴…

DSC_0206_convert_20140407175930.jpg

DSC_0182_convert_20140407175848.jpg

ちなみにここに続く廊下は、“うぐいす張り”式に“鳴る”廊下。もちろん木造建築ではない。墓地内にはあちこちに「きっと何かの意図があるに違いない」と思わせる構造や造りのものが点在している。この階段もそのひとつ。それぞれの段を叩くとそれぞれに音が異なる。

DSC_0165_convert_20140407175807.jpg

構造の意図、というか「静」と「動」、「俗世」と「来世」、「向こう側」と「こちら側」…とにかく多様な解釈のされ方があり、それのどれもが解釈とされている。

こちらがカルロ・スカルパ本人のお墓。ブリオン家の墓の一画にひっそりと存在する。傍らには妻の墓が置かれ、なんでも縦型の棺だとか…

DSC_0298_convert_20140407180450.jpg

一度だけでは到底全てを観て感じることなどできず、ましてやこの方面に悔しくも疎い私などには…と「うーん、うーん」と唸っていたら、「そんなに難しく考えないで~。楽しんでみればいいのよ=」と友人に笑われた。

どこ行こうか~と思い立ってお出かけしたある土曜日の午後。再訪の必要あり、の場所だなぁ。また、行こう。

DSC_0284_convert_20140407180425.jpg





スポンサーサイト

テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Veneto/ヴェネト州
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
緑のアスパラと白のアスパラ@バッサーノ・デル・グラッパ :: 2014/04/04(Fri)

ヴェネトの春はアスパラとともにやってくる。…とは言い過ぎだけれど、一理、ある。

ヴェネト各地にはアスパラの有名産地が点在するが、なんといってもこの時期のバッサーノの白アスパラ、というのは特別級。
普通の街場のメルカートでも、お目にかかることがない代物だったりする。

この地を訪れたこの日、ここの農家は初日の収穫日。正確には、初日の納品日。

冬が終わると白アスパラの畑は黒いビニールシートがかぶせられる。日に当たって、地中からのびてくるアスパラに色をつかせないため。
整地し、畝をつくり、ビニールをかぶせ、所々にビニールが風で飛ばされないように、土の入ったビニール袋を重しにする。

DSC_0378_convert_20140402213231.jpg

この風景は、ヴェネトの春の風景ともいえるかも。

土のなかからニョッキッと出てきたところを掘り起こす。

バッサーノのそれはD.O.P.にあたるため、非常に厳しい基準のもとに出荷される。

DSC_0345_convert_20140402213138.jpg

出荷する農家が作業場にて直接D.O.P.のステッカーを貼ることは禁じられているため、納品所に納品する前にしっかりとチェックする必要がある。一級品相当のものが二級品、またはそれ以下になる可能性があるうからだ。束のなかに一本でもだめなものがあると、束ごと失格となるから。

DSC_0358_convert_20140402213205.jpg

束の太さと長さを揃えて、できる限り早めに納品場へ。鮮度が命のアスパラはできる限り、作業中でも必ず水に漬けている必要あり。
DSC_0349_convert_20140402213455.jpg

DSC_0344_convert_20140402213103.jpg

対してこちらは緑のアスパラ。季節の前に株の整理をしてあげて、こちらもニョッキニョッキと伸びるのを待つ。伸びてきたものを順番に収穫。

DSC_0395_convert_20140402213255.jpg

土の中から出てきたばかりのアスパラの頭。

DSC_0398_convert_20140402214010.jpg


もともとはこんなに小さくて根元から伸びてくる。固い土をぐいっと押し上げて地表に出てくる、すごい自然の持つ力の偉大さ。

DSC_0400_convert_20140402213316.jpg

アスパラの季節は始まったばかり。しばらくは春しか味わえない、季節ならではの味と光景がみられる。
いい季節だ。




テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 料理・素材
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
ヴェネツィアの畑 サンテラズモ島 Isola di Sant’Erasmo :: 2014/04/01(Tue)

ヴェネツィア本島の北側、サンテラズモ島。

本島から水上バスで約30分。全く別地のような静かでのどかな風景の拡がる。曲がりくねりながら流れる河と、畑と草っぱら。猫やらあひる、がちょうやらものんびり日向ぼっこしている姿に、思わず「ここはどこ?!」との思い。

DSC_0079_convert_20140331132034.jpg

ヴェネツィアの本島では見ることのない、車が走る島。

DSC_0074_convert_20140331131935.jpg

この島の産業は農業だ。

家の庭先で自宅用に野菜を栽培、というのはいたって普通な光景だが、こういう自宅用のものを除くとこの島には約15軒弱の農家が存在している。
同島周辺はヴェネツィアのなかでも特に農業が盛んな地域。ブラーノ島周辺のいくつかの島にて農産物が生産されており、サンテラズモ島の他、周辺のヴィニョーレ島、マッツォルボ島、そしてもう少し北側にいったリオ・ピッコロなどが主な場所となる。

その産物の売り先はほぼヴェネツィア本島の住人向け。

年間に渡り、その季節ごとの野菜をつくる。島はその土地の性質が2種に分かれているとされていて、砂地の部分と泥地の部分。それぞれの性質の土に適した野菜が育てられているという。

この時期は、冬の終わり~春にかけて緑の野菜が満載。

この日に訪問したフィノテッリ農園は週に一度、個別注文を受ける顧客に向けて野菜を船でヴェネツィアへ運ぶ日。ひとつひとつの注文ごとにビニール袋に詰められ、マジックで顧客名を書かれ、午後には自宅前の船着き場からボートに乗せてヴェネツィアへ納品に出かける。かなりの大忙しの日。

DSC_0132_convert_20140331132227.jpg

DSC_0145_convert_20140331132611.jpg

DSC_0133_convert_20140331132249.jpg

おまけにこの日は中学生の社会見学の訪問日とあり、てんてこまいの日だった。(こんな日にわざわざ押しかけていた私も私だが…)

DSC_0138_convert_20140331132445.jpg

そんな忙しい日なのにも関わらず、島をひと巡りして島の様子をとりあえずは観察。いわゆる“チェントロ(中心地)”と言われる場所も存在する(知らなかった!!)。

ここは、ワインの製造もされていて、これが同島唯一のカンティーナ。

DSC_0149_convert_20140331132418.jpg

近年は、プロセッコの栽培にも成功しているそう。

地元種は、ラヴォーゾ。ここでブドウの世話をしているルチアーノさん、通称ペッパさん。ものすごい訛りの持ち主で、「イタリア語、解るのか?」と聞いてはくれながら、一生懸命話をしてくれるのだが、この日に案内してくれた甥っ子のカルロさんに「イタリア語」にて通訳してもらう。それでも8割は理解したよ(笑)、ペッパさん。

DSC_0119_convert_20140331132144.jpg


この日の目的は、こちら…

DSC_0093_convert_20140331132348.jpg

ヴェネツィアの春の産物。収穫の始まり時期。今後しばらくは様子を見るつもりだ。

DSC_0111_convert_20140331132121.jpg

↑それにしても、素敵な農作業姿…

そして、ヴェネツィアの「スパレゼー(sparesee)」。

DSC_0126_convert_20140331132203.jpg

アスパラのこと。あくまでも語尾の「ゼー」に発音のアクセントをおく。ヴェネツィア風に発音するのがポイントで必須!!
イタリア語は「アスパーラジ(asparagi)」です。




テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Produttore/生産者
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。