パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
リアルト橋メルカートでお魚を買って… :: 2015/07/04(Sat)

お料理レッスンの講師に最近登場してくれる、ヴェネツィアのマンマとリアルト橋のたもとで待ち合わせ。

マンマの名前はアダさん。40年にも渡って、ヴェネツィアの名物オステリア『アッラ・ヴェドヴァ』の厨房で料理を担当していた人物だ。

彼女が厨房にいた時代に同店の定番、いや、ヴェネツィアのオステリアの定番となった数々のお料理。その代表はかの有名なポルペッテ(肉団子)なのだが、ヴェネツィアに長く住み、ヴェネツィアを知り尽くした彼女ならではの、魅力のある女性の一人だ。

彼女との待ち合わせはいつもメルカート。彼女らしい場所と、そして彼女の自宅がメルカートからトラゲットに乗った向こう岸、すぐにある、という利便性、もちろん彼女の“庭”なのだから、いつものご指定の場所なのだ。

DSC_0167_convert_20150704122004.jpg

多くの魚屋が軒を連ねるなか、“いつもの”魚屋の前で立ち止まり、今日のならではのお買い得品、そしてせっかくだからね、と土地らしい魚を品定め。

選んだのは、見るからに実がたっぷり詰まったグランセオラ。そしてボンゴレと小エビ、それにスズキ。

八百屋で少し買い物もして、彼女の自宅へ…

ヴェネツィアのごく一般的なアパルトメント。狭くて急な階段をゆっくり上がった最上階が彼女のお城。

DSC_0181_convert_20150704122111.jpg

小さいけれど、可愛らしくよく整えられた部屋の片隅にあるキッチン。ここがステージとなる。

DSC_0175_convert_20150704122049.jpg

グランセオラはお湯で茹でてから甲羅を開き、実肉を丁寧に取り出す。オイルと塩、コショウで味をつけるが、決め手のもうひとつ、がある…

DSC_0197_convert_20150704122149.jpg

DSC_0208_convert_20150704122221.jpg

ラグーナで採れる小さなボンゴレでつくるスパゲティ・ボンゴレ。

DSC_0228_convert_20150704122243.jpg

エビとカルチョッフィのリゾットにスズキのオーブン焼き。

DSC_0231_convert_20150704122312.jpg

アダさんのつくったお惣菜もお皿に…

DSC_0194_convert_20150704122127.jpg

そして〆にはブラーノ産のビスコッティ、ブッソラーイ。お決まりの“エッセ”の形にて。

DSC_0233_convert_20150704122338.jpg

少し路地を入っただけで、ハイシーズンでガサガサッとした喧騒のヴェネツィアの島とは思えない、静か~な家には、時間になるとあちこちから教会の鐘の音が聞こえてくる。

時間が経つのを忘れそうな素敵な空間。





スポンサーサイト

テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Corso di cucina/料理教室
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
パドヴァのアンティーク市 :: 2015/07/01(Wed)

今年は何かとアンティーク市に出かける回数が増えている。日曜日ともなると、順番にあちこちの街でアンティーク市が開催されているので、その情報をもとにそれを目当てにすることを言い訳にして出かけることもある。

小さな街ながら、街いっぱいに広がる露店は皆個性があって、また街ごとに集まる業者も違うため、何度か通うと各業者からいろいろな情報を得られたりもする。とにかく売買も交渉も全て人対人な世界。いい人、信頼できる人、そしていいモノを持っている人を目ざとく見つけるこちらの”眼”も必要だ。

パドヴァには、毎月第3日曜日に大きなアンティーク市がたつ。街の南側の大きな広場、プラート・デッラ・ヴァッレにびっしりと露店が広場の楕円形に沿って2重にも3重にも並ぶので、かなりの圧巻。

DSC_0008_convert_20150630171437.jpg

DSC_0003_convert_20150630171334.jpg

気候のよい時期には、そぞろ歩きの家族連れやカップルのいい散歩コースともなり、毎月それなりの集客がありながら、流れる空気はゆったりとしているので、非常に心地よい空間をつくりだしているものでもある。

DSC_0028_convert_20150630171900.jpg

出店しているのは、本、家具、照明器具、アクセサリーや小物類、衣類、家庭用品等々、様々。とにかく、価値のあるものなのか、それともガラクタなのか…の狭間にあるものが多いので、それらを見極めて、いいものが見つかればラッキー、というくらいのスタンスでの買い物がちょうどよいかも。

DSC_0023_convert_20150630171807.jpg

DSC_0022_convert_20150630171742.jpg

これ、可愛いなーと思ってしばらく立ち止まった、なんだろう…鍋敷き。ビンのふたを並べたもので愛着湧きそうでよかったけど、30ユーロといわれて即退散。

DSC_0024_convert_20150630171832.jpg

場所柄、ヴェネツィアのムラーノのガラス製品も多くみかけられる。ガラス製品は、ホンモノはやはり本物の値段がつくのは、アンティークでも新しくでも同様のこと。いいものは手触り感や質感が断然に、よい。

DSC_0020_convert_20150630171716.jpg

DSC_0013_convert_20150630171531.jpg

DSC_0029_convert_20150630171923.jpg

私のこの日のお買い物は厚めのオフホワイトの地模様のついたお皿。オヴァルの変形みたいな形に少し深みもあって気に入った。3枚、という中途半端な数が気にかかったけれど、これもアンティーク品ということにて。

DSC_0017_convert_20150630171650.jpg

DSC_0009_convert_20150630171504.jpg

パドヴァのメルカートはまた来月…。次はどこに行けるかな…

DSC_0004_convert_20150630171406.jpg






テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Padova/パドヴァ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。