パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
SIGEP2017 ジェラート・菓子・パン製造業展示会 :: 2017/01/30(Mon)

ここ数年ほど恒例の仕事となっている、毎年1月中旬にリミニにて開催されるジェラート・菓子・パン・コーヒー業界の展示会であるSIGEP(シジェップ)を今年も訪れた。

IMG_7511_convert_20170130134639.jpg

今年38回目を数える同展示会は、一層の規模を拡大し、今年の出店者数1250社、来場者数は約208,472人。国外からの来場者は170カ国から41,827人とされ、昨年比+29%なのだそうだ。

この展示会をみると、特にジェラート業界に関わるブースが大半を占め、イタリアという国のジェラートに対する執着みたいなのがよく見て取れる。ジェラート王国とはいうものの、よくもジェラートだけでこれだけのビジネスが成り立っているのか、という感じ。

IMG_7524_convert_20170130134908.jpg

IMG_7545_convert_20170130135209.jpg

ジェラートのフレーバーの材料から、機械、店舗設計、ショーウインドウ及びその周辺機材、パッケージや小物、コーンなどの副素材…に至るまで、実に様々な観点からのジェラートビジネスが成立している。

IMG_7539_convert_20170130135136.jpg

ジェラート全体も非常に多様化してきてはいるが、全体的に感じるのは、ナチュラル志向。ブースの造りやジェラート自体のフレーバーの新商品なども、自然の味を意識したものが非常に多い。イタリアではもはやかなり浸透しているヴィーガンを謳うものも数多く出展。

IMG_7530_convert_20170130135038.jpg

私は、常にジェラート及び菓子関連の機械に携わることが多く、この展示会でもほぼメインの訪問先は機械製造メーカーだ。

各メーカーとも、この展示会に合わせた新商品発表をすることも多く、馴染みのメーカーを訪ねては、今年の新機能の説明を受けつつ、従来の問題の解決に…とザワザワとした展示会会場ではある程度の制限はあるものの、宿題を少しずつ片ける。

そして、ここ近年、料理業界、菓子業界とも、料理人のテレビ出演等にて、有名スターシェフが続々と台頭。この展示会でも多くの料理人があちこちでデモンストレーションなどを行って、有名人ともなると、ものすごい人だかり。

IMG_7515_convert_20170130134808.jpg

IMG_7521_convert_20170130134835.jpg

IMG_7535_convert_20170130135108.jpg

とにかく、会場内の熱気がすごくて、ブース間の移動だけで相当疲れる。
とはいえ、人の多さに圧倒されながらも、今年も年初めの大展示会が無事終了。




スポンサーサイト

テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. イベント、見本市
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
エピファニアはベファーナの日 :: 2017/01/08(Sun)

ナターレシーズン終了!

1月6日のエピファニア(公現祭)で、12月8日のインマコラータ・コンチャツィオーネ(無原罪の御宿り)から始まったナターレシーズンの幕を下ろした。

華やいだ街中もこの日をもって、いつもの日常に戻る。

ただし、1月6日には、ベファーナ(老婆)がやってきて、それにちなんだイベントが開催されるので、恒例行事として楽しみに出かける。

DSC_0007_convert_20170108135113.jpg

ベファーナとは、12月25日にジェスー(イエス・キリスト)が降誕したのにあわせ、マージ(東方の三博士)が贈り物を届けた1月6日を迎える夜中に出没する。
言われとしては、ジェスーの居場所を探していたマージが道端に居合わせたベファーナに道案内を頼んだ。その際は素っ気なく追いやってしまったのだが、その後すぐに思い返し、自分もジェスーのご加護にあやかろうと、その後を追うが、マージの姿は見えず…仕方がないので、生まれたばかりの赤ん坊のいる家を一軒一軒まわり、贈り物として、甘いお菓子を配って歩いた、という。

だから、1月6日を迎える朝には、子供達は寝床に靴下をぶらさげてベファーナの訪問を待つ。ただし、一年間いい子にしていたら甘いお菓子が、悪い子にしていたら炭を置いていく、と言われている。

お菓子の屋台の店先には、この時期には、色鮮やかな甘い菓子が並び、12月25日を過ぎると、バッボ・ナターレ(サンタクロース)に変わり、このベファーナがあっちこっちに見かけるようになる。

DSC_0015_convert_20170108135211.jpg

DSC_0014_convert_20170108135152.jpg

DSC_0045_convert_20170108135507.jpg

ジョークで炭を模った菓子も置いてある。

DSC_0017_convert_20170108135239.jpg

DSC_0013_convert_20170108135135.jpg

DSC_0019_convert_20170108135258.jpg

パドヴァでは、この日、毎年恒例のイベントがある。
Brucia la Vecia(ブルッチャ・ラ・ベーチャ)といって、老婆を燃やすぞ!という意味。

街の南側の大きな広場である、プラート・デッラ・ヴァッレにて、大きなファッロ(薪)が設置され、その頂上には、ほうきに乗ったベファーナがいる。

DSC_0035_convert_20170108135335.jpg

それを一気に燃やし、その燃えた際の煙の行く方向によって、その年の行く末を占う、というもの。明けた年の幸運を願い、去った年の厄を一気に払いのける。そんな意味がある。そして、この日をもっえて片付けるクリスマスツリーのモミの木をこの薪に仕込んだのだとか。燃やす際にはいい香りが出て、これも幸運の印だったという。
日本のどんど焼きとなんだかよく似た風習だ。

夕方5時の点火を待って、一気に炎があがる…

DSC_0040_convert_20170108135420.jpg

随分待たされた割には、火は一気にまわって、安全のための消防車の放水があり、わずか10分くらいで終了。

DSC_0042_convert_20170108135436.jpg

今年もたくさんの人たちがこの広場に集まり、健やかな一年の始まりを喜ぶ。
昨年は大きな地震やテロや、いたたまれない事件や事故が続いた年だった。今年は平和な、よい一年となりますように。






テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 行事、習慣
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。