パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



伝統守るプロセッコのカンティーナ『グレゴレット (Gregoletto)』 :: 2017/04/07(Fri)

先日訪れたプロセッコの生産者、グレゴレット。

1600年から続く家族経営のカンティーナ。グレゴレット家全ての関係者がこのカンティーナを支えている、古くて温かく、そして非常に質のよいワインをつくる。

DSC_0073_convert_20170407161859.jpg

DSC_0069_convert_20170407161834.jpg

訪問時にも顔を出してくださった、90歳のルイジ・グレゴレット氏は、2016年にFIVI (Federazione Italiana Vignaioli indipendenti) の”今年の優秀ブドウ栽培者 (Vignaiolo dell’anno) ”に選ばれた人物でもあり、現役。

生産するワインは、フリッツァンテ、スプマンテ、白、赤、と計14種あるが、この日にはプロセッコと白はマンゾーニ・ビアンコ(Manzoni Bianco)、ヴェルディーノ (Verdino) などを試させてもらう。

DSC_0077_convert_20170407161916.jpg

プロセッコの売れ筋である、エクストラ・ドライもよかったが、気に入ったのは、酵母を瓶の中で一緒にしておくスル・リエ(Sur lie)のもの。香りがまろやかで気泡も細かく、柔らかな味わいがある。

DSC_0086_convert_20170407162019.jpg

試飲時には、地元のサラミやら奥様が用意してくださったお手製の焼き菓子やらが用意されていて、なんだか楽しい…

DSC_0078_convert_20170407161931.jpg

DSC_0084_convert_20170407162003.jpg

DSC_0083_convert_20170407161947.jpg

ここら辺の土地は、丘陵地の続く場所。プロセッコの産地として知られるコネリアーノ(Conegliano)、ヴァルドッビアーデネ(Valdobbiadene)、ヴィットーリオ・ヴェネト(Vittorio Veneto)を結ぶ三角地帯のほぼ中央にこのカンティーナは位置する。

彼らの畑に連れて行ってもらった。ちょうど若芽が出始めた時期。日当たりよく風通しのよい斜面にブドウの樹が整然と並ぶ。

DSC_0090_convert_20170407162059.jpg

DSC_0092_convert_20170407162118.jpg

DSC_0093_convert_20170407162136.jpg

となんだか時間の経過を忘れてしまいそうな、穏やかな自然空間だ。

DSC_0098_convert_20170407162202.jpg


CANTINE GREGOLETTO
31050 Premaor di Miane (TV) – Italia
Tel.: +39 0438 970463
www.gregoletto.com




テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Produttore/生産者
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
プロセッコの里にて、主人のいないオステリア『オステリア・センツァ・オステ (Osteria Senz’oste) 』 :: 2017/04/06(Thu)

今やヴェネト州の代表的なワインとなったプロセッコ。爽やかな白の発砲酒で、飲みやすく、また手頃な価格帯でものすごい急成長を遂げていることもあり、生産量も販売量も右上がりの売れ筋商品に成長した。

このワインの産地はヴァルドッビアーデネという、トレヴィーゾ県の北部の丘陵地。この地区は私も個人的に大好きな地域で年間を通して少しドライブに…というときに最高な場所でもある。何より、大好きなプロセッコのカンティーナが点在していることもあり…

この地区でもプロセッコ生産の中枢となる地区に、隠れ家的にあるのが、主人のいないオステリアとして、今や隠れ家ではなくなってしまった場所。

DSC_0121_convert_20170406124824.jpg

一番最初に訪れたのは、もう5年以上も前だろうか。今よりもまだ知られていなくて、どうやってたどり着いたらいいのか、実は実在したHPに連絡をとってみたりしていた。主人はいない、とはいえ、HPの連絡先にメールを出したらすぐに返事がきて、行き方やらを丁寧に説明してくれていた。

ここのオステリアの特徴は、何度も繰り返すように、主人のいないこと。客は自分でワインを購入し、店内にあるチーズやサラミ、パンなどを自分たちで切り、食べて、片付けて帰る仕組み。

以前は店内に賽銭箱のような箱があって申告制でお金をおいていったことでそれらしさがあったのだが、数年前に営業的違反として罰金を支払うこととなり、話題にもなった。今は店内のコンピューターで支払いをして、レシートが出る仕組み。なんだかちょっと残念な感じ。

初めて訪れた際、なんと冷蔵庫にオーナーが、私を歓迎してくれたプロセッコの瓶を置いておいてくれた思い出がある。個人的には、ここ数年、来客も増えてなんとなく粗雑感があり、ここで飲食をする気分になれないので、ここから見える景色を楽しむためだけに訪れるようになってしまった。

とはいえ、ここから見える景色とは、プロセッコの里でも最も有名な場所、カルティッツェを一望できる場所なのだ。

DSC_0106_convert_20170406124602.jpg

カルティッツェとは、最も価値のあるプロセッコをつくるぶどう畑の一角。写真で見るように、丘陵地が連なり、とにかく日当たりがよく、風通しがよいことから、健康的なよいぶどうが育つ。100haほどの土地にそれと同じくらいの畑の所有者がいる。ここで収穫されるぶどうからつくるプロセッコは”カルティッツェ”を名乗ることで、価値がグンとあがるから。

DSC_0116_convert_20170406124806.jpg

この時期、剪定を終えたぶどうの樹には、若芽が育ち始めている。春の息吹を感じる時期。

DSC_0109_convert_20170406124648.jpg

さて、オステリアに話しを戻すと、ここ数年、ここで提供されるプロセッコは、店内のオンボロ冷蔵庫から取り出すのではなく、オステリアから少し登った先にある自動販売機から購入するシステムに変わった。

DSC_0113_convert_20170406124750.jpg

そして、その上に少しだけできた広場にて、ピクニック気分でプロセッコを味わうこともできる。週末のここは、若者の団欒の場と化していた…

DSC_0107_convert_20170406124623.jpg

DSC_0110_convert_20170406124724.jpg

とにかく、天気のよい日には最高の産地天望地。

DSC_0125_convert_20170406124841.jpg




テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Veneto/ヴェネト州
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
ボッリート(茹で肉)専門店『ダ・ジョヴァンニ (Da Giovanni) 』 :: 2017/04/03(Mon)

パドヴァの飲食店のなかで私の超お気に入りの一店。

特徴は、ボッリートと呼ばれる、肉のいろいろな種類と部位を茹でたものがカレッロ(ワゴン)で運ばれるスタイルをとっている。

店の歴史は1949年。オステリアとして生まれたのだが、現在では、このカレッロで運ばれるボッリートがこの店の看板となっている。訪れる100%の客は、この肉を目当てにやって来る。

テーブルに着くと、まず初めに運ばれてくるのが、このバター。これも名物。このバターをパンにつけて次の行動を待つ。

DSC_0126_convert_20170403122703.jpg

同店の目玉は、手打ちの卵入りパスタでもある。

後に続く肉のことを考えて、半人前をお願いする。パスタは茹で上げたものが皿に盛られ、その横に各種ソースが運ばれてくる。

DSC_0136_convert_20170403122802.jpg

DSC_0132_convert_20170403122738.jpg

内容は、トマトソース、セージ&バター、ピゼッリ(グリンピース)、きのこ、肉の煮込みソース。これらを各自が好みでかけていただく。このスタイルもなかなかよい。

しばらくすると、付け合せの野菜を積んだカレッロが。季節の野菜を好きな分だけ盛り分けてくれる。このほかに、生野菜のカレッロもあり。

DSC_0138_convert_20170403122831.jpg

そして、続くは主役の茹で肉。牛、豚、ガッリーナ(雌鶏)の肉、ホホ肉、下、スネ肉、頭、コテッキーノ…と並ぶなかからこれも好みの部位をチョイスし、切り分けてもらう。なかなかのボリュームなので、あまり欲張ると後が大変なのだが、ついつい頼みすぎてしまうのが…

DSC_0155_convert_20170403123011.jpg

DSC_0142_convert_20170403122857.jpg

茹で肉は塩味だけがついているので、ここにつけるソースはまた別添。ホースラディッシュ、サルサ・ヴェルデ、そしてモスタルダ。

肉はボッリートまたは、ローストを選択可。

DSC_0149_convert_20170403122947.jpg

その後はデザートのカレッロもくるが…

DSC_0144_convert_20170403122924.jpg

この、いつも変わらぬシンプルスタイルはパドヴァ人の好みでもあり、定番料理だけなのに、いつもお客さんでいっぱい。週末はほぼ満席状態だ。

店内のクラッシック・エレガントな雰囲気も非常によく、店員さんたちのプロ加減も心地よい、とっておき空間。



テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. リストランテ・食べ物屋
  2. | trackback:0
  3. | comment:0