FC2ブログ

パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



ビッレリア・パダヴェーナ Birreria Padavena :: 2019/08/22(Thu)

ヴェネト州北部、パドヴァからはとにかく北上し、ドロミーテの麓に位置するベッルーノ県パダヴェーナにあるこの地区随一のビール工場。
19世紀初旬にこの地で本格的にビール製造が始められた。

IMG_3949_convert_20190822154109.jpg

ビールの原料といえば、大麦(穀物)、酵母、ホップ、そして水。大麦を発芽させる(麦芽)工程から水は欠かせない要素。ドロミーテ山麓の麓にて、清澄な水は豊富な地にてビール製造に適していた土地であるがゆえ、ビール製造が盛んになったことはいうまでもなく、明らかだ。
最近はイタリアもクラフトビール流行りであるが、これはその最も先駆けと言える。

この地でビール製造をかなり大規模で行っていて、製造現場は見学可能。そしてレストランを併設していて、夏の間中は、ビールと食事を楽しむことができる。
レストランもかなりの規模でメニューには、ビールに合うつまみから、土地の料理まで様々。結構なボリュームででてくるのは、ビッレリアならでは。

IMG_3953_convert_20190822154155.jpg

IMG_3951_convert_20190822154129.jpg

バカンス中、もしくはこれを目当てに来る客でいつもいっぱい。お目当てのビールはさすがに安めな設定なので、ビール好きにはたまらなく楽しい空間だ。

私たちはこの日、朝からトレンティーノの山に出かけて、お山で過ごした一日の締めくくりにここに寄った。
山では平地と10度くらい気温が違って、涼しいを通り越して寒いくらいl。おまけに雨も降ってきていたのが…

IMG_3911_convert_20190822153911.jpg

IMG_3915_convert_20190822153932.jpg

IMG_3916_convert_20190822154011.jpg

平野よりもかなり涼しいものの、山から降りてきたら、空気が温かくビールには最高な環境(あんまり関係ないか…)。

とにかく大きな建物と多くの人に圧倒されたのはほんの一瞬。一口だけ飲むつもりが、すっかり長居。

敷地内には、製造現場の一部が見られたり、ミニ動物園のようになった庭園があったり。環境が整備されている。

ここはサーラ・コットゥーラ。麦芽を浸水させて発酵させる、いわゆる銅製の鍋だ。

IMG_3917_convert_20190822154033.jpg

ここのビールは、そのほとんどが、低温長期発酵をとっている。おそらく10〜20度で数週間という具合かと思うが、この製法により、香りや味わいがデリケートで複雑に、泡もきめ細かく余韻の残る仕上がりとなる。

楽しい仲間と行くには最高の場所。夏らしさを楽しむ素敵な空間だ。

IMG_3954_convert_20190822154216.jpg


La Birreria Padavena
Viale Vittorio Veneto., 76 Padavena (BL)
labirreriapedavena.it
関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Veneto/ヴェネト州
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<イーゾラ・デッラ・スカーラの米の大収穫祭 | top | フリウリ・ブットゥリオ (Buttrio) へ>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/1001-28cbfa88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)