FC2ブログ

パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



秋のヴェネツィアお料理レッスン :: 2019/10/30(Wed)

この日は久しぶりにヴェネツィアでのお料理教室開催。講師はいつものアダさん。

70歳を超える彼女は、いつでも働きっぷりのいい、頼りになるお母さん。リアルトの市場でいつものように待ち合わせ、市場でのお買い物からスタートする。

彼女とのレッスンには、あらかじめ決まったメニューを設定することはなく、市場で季節の素材やら、参加される方の好みや興味を伺いながらその場でお昼のメニューを決める、という方法をとる。

この時期の市場は…キノコが主役。季節ながらにたくさんのキノコが山積みになっていて、それを見ただけでワクワクする。

IMG-0646_convert_20191027151031.jpg

こちらは、アーティチョークの底の部分だけを使う、ヴェネツィアならではのフォンディ。底(=フォンド)だから、こう呼ばれる。

IMG-0647_convert_20191027151110.jpg

いろいろと検討した結果、キノコはリゾットに使うことに決定。とはいうものの、リゾット用としてはものすごい量を興奮して購入してしまって、それだけで買い物袋がいっぱいになった。

魚屋に移動し、ここでもいろいろと吟味。いろいろと試してみたいので、少量ずつたくさんの種類の魚を購入。買ったものはシャコ、小エビ、スカンピ、貝類、そして、この季節ならではのマザネッティ。生きたままの小さなカニのことをヴェネツィアではこう呼び、ヴェネツィア人の大好物のひとつ。ちなみにこの甲羅がかたくなる前の、脱皮したてのものがモエーケだ。

たくさんの買い物袋をもって、市場近くの美味しいカフェを飲んでから、アダさん宅へ移動。

アダさん得意の肉のポルペッテ(揚げ肉団子)も、リクエストに入っていたために、途中、肉屋さんにもよって、買い物は終了した。

山のような食材を、彼女の小さなキッチンで端から次々と下準備。

IMG-0671_convert_20191027151334.jpg

あーっという間にどんどんできあがる。

IMG-0656_convert_20191027151152.jpg

これがマザネッティ。生きたまま茹でて掃除したら、オイルと塩、にんにくと刻んだパセリで和える。ここに見えている殻ごとバリバリッと食べる。つまみにぴったり!

IMG-0658_convert_20191027151220.jpg

できあがったものは、テーブルに並べて、なんだかイタリア居酒屋的な雰囲気に…。
アンティパスト用に準備したものは、各自で盛り合わせにして。、ヴェネツィア風前菜の盛り合わせのできあがり!

IMG-0666_convert_20191027151309.jpg

スカンピのブソラ。少しだけ赤唐辛子を入れてトマトで煮るスカンピの料理。ソースがたっぷりできるので、これをスパゲティに合わせたいところなのだが、この日はお腹がいっぱいすぎて、セコンドメニューへ。

IMG-0657_convert_20191030034706.jpg

たっぷり購入したキノコは、ポルチーニ、キオディーニ、フィンフェルリ。これらと小エビを合わせたリゾットをアダさんがつくってくれた。通常、海のものと山のものとを合わせることは少ないのだが、まさしく「海のものと山のもの」と通称される良い一例のできあがり。

IMG-0673_convert_20191027151409.jpg

いつものことながら、アダさんのパワーを見せつけられた半日。愛猫のティグロが病気あけでやせてしまっていたのが、切なかった…



関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Corso di cucina/料理教室
  2. | trackback:0
  3. | comment:5
<<ブロッコリ・フィオラーロ | top | 秋のフリウリ旅>>


comment

お久しぶりです!

「マザネッティ」甲羅の殻もバリバリと食べれてしまうんですか!?
小さいスプーンなんかでホジホジして食べるイメージでした!

シンプルな味付けがカニの旨味と合わさって、想像しただけでも美味しそうなのが分かります。
ベネチアならではの期間限定の旬な食材ですね♪
  1. 2019/11/05(Tue) 01:59:22 |
  2. URL |
  3. ユウタ #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ユウタ様
コメントありがとうございます!この小さなカニには掃除の仕方があって、それをしっかり施したら殻ごと食べます。ワインのアテにぴったりです。
  1. 2019/11/08(Fri) 05:57:17 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

立て続けにすいません!
是非、教えて頂きたいです。

見たところ甲羅と胴体をパカッと分けて
甲羅の方は目や触角、胴体の方はエラ、フンドシ、
手足が外されてる感じですね!

このサイズなので殻もメチャ硬くないということ何でしょうか!?

もう少しサイズが大きくなるとおそらく口当たりが硬さを感じますもんね。

ユウタ
  1. 2019/11/08(Fri) 12:31:21 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

掃除の仕方はおっしゃる通りです。生き茹でした後に掃除します。
脱皮したすぐのものは、モエーケと呼ばれて希少なものとされ、丸揚げして殻ごと(足も)食べますが、これはその後のもの。さらに時間が経過すると成長するし、殻はもう硬くて食べられません。
ですので、季節モノ、ということができると思います。
  1. 2019/11/09(Sat) 23:57:36 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

何度もありがとうございます!
本当に限られた期間の旬な食材なんですね。
アキさんの活きた情報は大変勉強になります。
また教えて頂きたいことがあった時は
ヨロシクお願いします!
ユウタ
  1. 2019/11/10(Sun) 17:45:47 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/1006-8b67b022
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)