FC2ブログ

パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



ブロッコリ・フィオラーロ :: 2019/11/04(Mon)

北イタリアに位置するヴェネト州は、冬ならではの生産物が特に特色あるものが揃う。寒い地域ならではの冬限定の倒産物だ。

そのひとつが、このブロッコロ・フィオラーロ(Bloccolo di Fioralo)。(昨年の様子は→こちら)ヴィツェンツァ県の西側に位置クレアッツォというする小さな地域。その丘陵地域のみにて生産される希少なブロッコリだ。
ここはパダーナ平原のなかにある地域。オフィスなどが集結する場所からほんの10分ほど車で丘陵地域を上る。標高約350メートル。この少しの差で気候が随分と変わるのを肌で感じる。

この地域にて昔から伝わるこのブロッコリ。一時は絶滅の危機にあったのを、この地域の小さな生産者数軒が10年ほど前より、再度息をふきかえすべく生産を再開させた。

ここで昨年知り合いになった若い生産者。アルベルトとエドワルド。アルベルトはもともとこの近くにぶどう畑を持ち、ワイナリーを所有している。ドゥレッロというこの地域の土着品種を瓶内2次発酵させる、いわゆるメトド・クラッシコのスプマンテをつくるこちらも希少な生産者だ。

IMG-0809_convert_20191104183335.jpg

彼は、このクレアッツォの丘陵地に自宅を持ち、自宅周辺の土地を利用してブロッコリーの栽培を始めたのが、やじゃり約10年ほど前。始めは5000株から始めたものが、今年は17000株を育てるまでに成長している。17000株といっても、生産レベルからするとかなり少ない数字ではあるが、この地域内のほかの小さな生産者たちと協力しあい、この希少性生産物をもっと世に広めようとがんばる若い生産者だ。

毎年、この野菜の旬である1月には、町の集会所にてサグラ収穫祭)を企画しており、その規模も毎年確実に拡大している。その成長ぶりには、彼ら自身も驚いているくらいだ。

そんな彼らから、畑を見にこない?と誘われて出かけてきた。今年の苗植えは、昨年より少し遅めで8月下旬に始まり、9月半ばに全てが終了している。
畑はかなりよい状態で育っている。というのも、先週まで秋だというのに、半袖でも居られるほどの暖かさだったため。今週に入り、気温がグンと下がり、この季節らしい気候に移行しはじめたので、これからの冬らしい季節を控え、これからブロッコリーたちも、伸ばした葉を熟成させる時期に入る。

IMG-0804_convert_20191104183243.jpg

IMG-0812_convert_20191104183401.jpg

この中心部分から芽を出し始め、小さな新しい葉が出てくる。

IMG-0816_convert_20191104183432.jpg

一番始めの収穫は約1ヶ月後を予想している。
甘くて、捨てるところがひとつもない、見た目も少し変わったブロッコリ。今年のできも本当に楽しみ。

IMG-0821_convert_20191104183505.jpg



関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Produttore/生産者
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<ラディッキオの収穫祭「フェスタ・デル・ラディッキオ」 | top | 秋のヴェネツィアお料理レッスン>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/1007-9678c997
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)