FC2ブログ

パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



ラディッキオの収穫祭「フェスタ・デル・ラディッキオ」 :: 2019/11/11(Mon)

11月に入り、ラディッキオのシーズン到来。
ラディッキオの産地は、産地呼称であるIGPに認証される地域は、ヴェネト州内、トレヴィーゾ県、ヴェネツィア県、パドヴァ県の3県に及ぶ。
早生種という意味を持つプレコーチェ種は、9月より、晩生種であり、ラディッキオとしての醍醐味とも言えるタルディーヴォ種は、11月中旬以降より出荷される、まさしくヴェネトを代表する冬野菜だ。

その独特な形状と色は、ほかのどんな野菜とも比較することができない。鮮やかな赤紫色と白色とのコントラストが非常に印象的。
見た目にも、そしてその味わいも、ここに住む人々を支える産物ともいえ、長く寒い北イタリアの冬に華を添える、という意味で、「冬の花」とも呼ばれるが、その言葉には、多くの意味することがあるように思う。

さて、この産物の生産および出荷が始める季節には、各生産地域にて、収穫祭が開催される。大小様々だが、産地内11箇所にて開催。11月より翌年の3月まで、各地リレー開催のような形がとられている。
その最初を飾るのは、ヴェネツィア県スコルツェの、リオ・サンマルティーノという小さな町だ。小さな町とはいえ、生産地域内ではトレヴィーゾの祭りの次に、また規模としても地域内1、2を争う大規模なもの。今年は、第38回目の開催を迎えた。

メイン会場となる大きな仮設テントに至るまでは、長い屋台の列を歩く。お天気が良い日には、良い散歩道。そして、大きな看板で覆われたメイン会場へ。

IMG-0896_convert_20191111163115.jpg

IMG-0899_convert_20191111163138.jpg

会場に入ると、まず目にするのは、ラディッキオの品評会。同生産地区内のラディッキオ農家が、各自の自慢の生産物を展示。この展示品は、完全にプレコーチェ種が主流。実は、数年前までは、この収穫祭のシーズンは、タルディーヴォ種が出始めていた頃。近年の温暖化が目に見えて影響しているのを改めて感じる瞬間。
とはいえ、美しく揃ったしっかりしたラディッキオは興味深い。

IMG-0913_convert_20191111163538.jpg

IMG-0915_convert_20191111163556.jpg

そして、会場内はそのほぼ食事をするための、長机が設置されたスペースとなる。その周囲を地元の生産者たちが製品販売。

地元のチーズやサラミを売る屋台には、ラディッキオ入りのコテキーノ。

IMG-0905_convert_20191111163222.jpg

IMG-0906_convert_20191111163248.jpg

ラディッキオ入りのパンや焼き菓子。

IMG-0909_convert_20191111163306.jpg

ラディッキオの瓶詰め類各種。マリネやクリーム状のもの、パスタ用ソース等々。

IMG-0911_convert_20191111163350.jpg

IMG-0912_convert_20191111163441.jpg

ラディッキオをはじめとする生産物の展示即売コーナー。

IMG-0923_convert_20191111163804.jpg

この土地でのラディッキオ栽培の歴史の資料コーナー。

IMG-0910_convert_20191111163326.jpg

そして、昼食をとるためには、長い列に並ぶ必要あり…。

メニューは、ラディッキオのリゾット、ニョッキ、骨つき肉のグリル&ポレンタ、サルシッチャ&ポレンタ、ムゼット&ポレンタ、ラディッキオのグリル、等々。

ようやく食券を手に入れ、席を確保、飲み物のみは先に入手しても食事にありつけるのは、まだまだ先…

IMG-0904_convert_20191111163201.jpg

待っている間に飲み始め、殻付きピーナッツをお供に喋っていれば、あっという間(のような感覚)に注文の品々が。
自分の食券の番号が表示されたらカウンターに取りに行くシステム。

IMG-0918_convert_20191111163640.jpg

お決まりのラディッキオのリゾット。そしてラディッキオ入りのフォルマッジョのグリルとポレンタ。この日は私たちは5名での食事だったので、他にもニョッキや肉の焼いたのなどあったので、テーブル上は盛りだくさん。

IMG-0920_convert_20191111163712.jpg

IMG-0921_convert_20191111163737.jpg

しっかり食べてゆっくりしていたら、気づいた頃には、会場の来場客が、夜の部向けにきている人たちになんとなく入れ替わっていた…

小さな小さな町だけれど、この収穫祭は、年に一度の大イベント。町の中心ではあるが、そう大きくはない広場には、ラディッキオのモニュメントがドンと置かれている。

IMG-0926_convert_20191111163941.jpg

町を支える、大切な生産物である、という証。

関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. イベント、見本市
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<パドヴァの名産、ガッリーナ・パドヴァーナを食べる | top | ブロッコリ・フィオラーロ>>


comment

こんにちは!

ラディッキオ収穫祭、品種の種類はあるけれど1つの野菜でこれだけの祭事か行われるとは何度記事を読んいても圧巻です!
最後の写真のモニュメントがステキすぎ!

リゾットは勿論ですがラディッキオ入りのパンの味が
気になります(@_@)どれも美味しそう。
  1. 2019/11/12(Tue) 18:45:26 |
  2. URL |
  3. ユウタ #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。収穫祭は町おこし的な要素もあって、楽しみにしている毎年恒例行事ですから、これだけもりあがっていると、うまくいっている事例のひとつということができますね。
町のモニュメントは実際にみると、ちょっと笑っちゃう感じです…

  1. 2019/11/14(Thu) 21:42:03 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/1008-6bd006a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)