パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
フォカッチャ・ヴェネタFocaccia Veneta :: 2009/12/21(Mon)

R0010223.jpg

ヴェネトのフォカッチャは、地元ではフガッサfugassaとも呼ばれるパン・ドルチェ。ナターレで食べられるパンドーロやパスクアのコロンと内容が類似している発酵系のドルチェである。パンドーロは高さのある星型、コロンバはその名の通り鳩型が特徴だが、このフォカッチャは単なる丸い形。

もともとは祝い事の際にパンの仕込み生地に卵とバター、砂糖加えたことから発する、いたってシンプルなもの。
その見た目も華麗さはなく、いたって素朴。大きくぼっこりと膨らんだそれは茶色いきのこ雲のよう。

ヴェネトでは、ドルチェ用のフォカッチャは形や配合が土地ごとに変わり、それぞれにオリジナルがあるようだが、基本的な材料は、繰り返しにはなるが、小麦粉、バター、卵、そして香料(マルサラ、チェドロ、バニラなど)、そして酵母。これらシンプルな材料や仕上がりの形にそれぞれに少しづつの変化が加わり、その土地オリジナルなものとなる。

こういった発酵タイプのお菓子の時期がくると、以前パドヴァの某有名パスティッチェリアで働いていた友人が、生酵母の扱い、長時間の発酵作業の苦労話をしていたことを思い出す。この時期はパンドーロやパネットーネなどの生産真っただ中。

おいしいドルチェ(もちろん料理も)にはたくさんの労力が関わっている。
フォカッチャのことを取り上げるつもりだったが、やはりこの時期の主役はパネットーネとパンドーロ。すべてのお菓子屋さん、パン屋さん、そしてスーパーのお菓子売り場もクリスマスまでのスタンバイは万全態勢。

R0010226.jpg
関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 料理・素材
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<カネデルリCanederli | top | パドヴァ初雪>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/105-f32c1160
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。