パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



ヴェネツィアカーニバル終了 :: 2010/02/17(Wed)

2月6日から始まったヴェネツィアのカーニバルも今日16日最終日を迎えた。

2010年の今年はこのカーニバルを訪れる観光客も昨年よりも多く、特に人出の多い週末には記録的な数字(第一週末/6-7日;150,000人、翌第二週末/13-14日;250,000人)の動員だったそう。
ただし、地元ヴェネツィアーニにとって、住民にとってはこの期間中は普通に動くのが大変な期間。サンマルコなんて絶対に近づかない!行ったこともないわ!と豪語する人多数。

とはいうものの最終日のサンマルコ広場。日を追うにつれて仮装する人の数は増え、そして本格派も登場。そしてそしてそれらをカメラに収めようとする人々の数。撮られるほうもこれは慣れたもので、カメラを向けるとニッコリとポーズをきめてくれる。

中世の貴族を模したものはかなりの定番型。

2carnevale_convert_20100217063514.jpg

自作の(たぶん)衣装で笑いを誘うもの。

3carnevale_convert_20100217063544.jpg

おとぎ話の中から抜け出てきたようなどこかしら怖かったり、そして個性的な衣装。
4carnevale_convert_20100217064008.jpg

5carnevale_convert_20100217063644.jpg

6carnevale_convert_20100217063715.jpg

子供たちは動物の着ぐるみやら、本格的にお姫様の格好をした女の子も。立ち姿がキリリとし、“サマ”になっいるのには脱帽モノ。個人的にはこのあと、柱の影でお母さんのつくったパニーニをもの凄い勢いで頬ばっている姿が子供らしくて可愛くて思わず見入ってしまった。

7carnevale_convert_20100217063745.jpg

そして、この可愛く凛とした女の子の横になんだかちょっとサエナイ風の男の子とのコントラストが微笑ましい。この男の子は不本意だったが彼のお母さんが無理やり横に並べた。イタリア人男性と女性の姿を捉えているかのようで可笑しかった、これは。お姫様とプーって。。。写真では腰に手をあてているものの、その直前まで半泣きだったの、この男の子。。。

サンマルコ広場の両脇のポルティチ(柱廊)下に腰を落ち着け、向けられるカメラに優雅に応えているのはプロなのか。

8carnevale_convert_20100217063941.jpg

9carnevale_convert_20100217063855.jpg

来年もまた、この美しいヴェネツィアの一面であるカーニバルが同様に訪れるであろうことを楽しみにしたいもの。
関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Venezia/ヴェネツィア
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<ラディッキオ・ヴァリエガート・ディ・カステルフランコ Radicchio Variegato di Castelfranco IGP | top | バジリカ・デル・サントBasilica del Santo>>


comment

写真、いつもながらきれいですね~。
お伴できなくて残念でした。今日は、帰ってきたらすでに暗くなっていました・・・はしゃぎながらヴェネツィアの外へ帰る人の波に逆流しながら帰宅しました。

↓アンティーク市ですか・・・興味深いけど今度の日曜日は難しいかも・・・。サントも、ある理由により(お菓子だけでなく)、やはり絶対行かなければ、とは思っているのですが。
  1. 2010/02/17(Wed) 08:14:54 |
  2. URL |
  3. Fumie #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

fumieさん
なかなかヴェネツィアで会えませんね。通勤WEEKでないときに会いましょう!!
今週日曜日、、、ということは、PARTITAはどうなの?!ある理由とは?!
  1. 2010/02/18(Thu) 07:45:19 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/150-e18ed264
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)