パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



ブルスカンドリbruscandoli :: 2010/03/26(Fri)

春先に出てくるヴェネトならではの食材が、このブルスカンドリ。野生のホップの新芽で、自然の残る山合いなどに、また行く途中に発見する。地面からニョキニョキ生えていて、日本でいったら春先に収穫する山菜のような感覚か。形もツクシかなにかに似ている。というより、野生のアスパラのほうが近いかな。

これを春先に摘み取らないでおくと、1年間で5-6mも伸びる。雌花は、円錐状のコーンのよう、糸が円錐に絡みついているような変わった形をしており、黄色い花が咲く。これは、薬草学的には、眠気覚ましに効くらしい。

R0011376_convert_20100326041425.jpg

こののブルスカンドリ、町場のメルカートには、3月後半から5月くらいまでお目見えする。今が旬の始まり。
束になって輪ゴムにとめられているそれらはそれなりの値がつけられているが、実はちょっと車を走らせるとそこここで生えている。

料理としては、代表的なのがリゾット。ちょっぴりほろ苦さが春の味。他はフリットにしたりミネストラ(スープ)に入れたり、パスタに、など。茹でてそのままを、美味いオイルをかけていただくだけで、旬の御馳走にもなる。アスパラと同様、卵を添えたりしても良い。

知人のおばあちゃんは、このブルスカンドリをこの時期に大量に摘みにいき、茹でて少々のニンニクのみじん切りとともにアチェット(酢)とオイルに漬けてビン詰めにするのだとか。昨年このおすそわけをいただいたが、ほろ苦さが甘さに代わり、なんとも美味。パンにマリネしたオイルと酢の調味液を浸しながら食べるとワインが進むもの。
関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 料理・素材
  2. | trackback:0
  3. | comment:3
<<天秤屋 | top | パドヴァのドゥオーモDuomo(司教座教会堂)>>


comment

コレ!
さっきスーパーで見て、なんやろ~と思ってたのよ。
リゾットかぁ、惹かれるなぁ。
アスパラとかラディッキオみたいに調理すればいいのかしら?
春の味、チャレンジしてみよっかなぁ。
  1. 2010/03/26(Fri) 19:07:00 |
  2. URL |
  3. padma #-
  4. [ 編集 ]

padmaさん
そうそう、アスパラとかとおんなじ感じの調理でOK!美味しいけど、えみちゃんには、、、受けないかも。。。
  1. 2010/03/27(Sat) 06:34:13 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

あきさん

ワインが進みますね。
  1. 2010/03/28(Sun) 08:11:23 |
  2. URL |
  3. tatsu #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/171-8963fb10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)