パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
パドヴァのゲットーと花市”Il Ghetto si mostra.Fiorir di primavera” :: 2010/03/30(Tue)

パドヴァのチェントロ、ピアッツァ・デッレ・エルベpiazza delle erbeのすぐ南側一帯は、ゲットー地区となっている。ヘブライ人が強制的に居住地を指定された地区だ。

R0011524_convert_20100330153442.jpg

R0011516_convert_20100330153302.jpg

パドヴァヘブライ人が集まる始まりは、12世紀のこと。大学がこの地に始まったことを契機に、多くの外国人と同様にヘブライ人の学生もここに。宗教、思想、文化などが違う多国籍の学生たちに混じり、ユダヤ人がこの地で力をつけてきたのは、彼らの持つ商売魂、そして能力。金融業(質屋や高利貸し)などで財力を持ち、生活の基盤を築いてきた。これは後にユダヤ人迫害の要因となるのだが。

パドヴァに集まったヘブライ人は、主にドイツ系、スペイン系に分かれ、現在のゲットー地区とは別の場所にそれぞれが居住地を指定されていた。
それまでに蓄えてきた所有地、財産をすべて没収されたイタリア国内のヘブライ人の一部がパドヴァに送られてきた。スペイン系はおもにローマ周辺、トスカーナ、ヴェベツィア共和国から、ドイツ系はトレヴィーゾ周辺から。15世紀のこと。その後、ヴェネツィア共和国の勢力の拡張に対抗したカンブレー同盟lega di Cambrai(新聖ローマ帝国とフランスの同命)の争い後、1513年にはパドヴァのユダヤ人は現在のゲットーの場所に全て集められた。

同地区は4つの門により外部とを区切られ、夜は鍵をかけられて出入りは禁止されていたという。

17世紀には、イタリアじゅう各地において、ほぼ全てのユダヤ人が各地のゲットー内でしか生活することを認められなくなっている。4つの門を持つパドヴァのゲットーは、比較的大きな地区だったようだ。

ゲットー地区内では、教会や学校が建てられ、文化も発達したことはよく知られているが、ここも同様。キリスト教徒には禁止されていた、金融業で富を儲けた彼ら。当時は裕福なヴェネツィア共和国の貴族たちが多くいた土地柄だけに、彼らの請け負うこの分野において経済的にも潤っていた。

現在でもシナゴーク(ヘブライ人教会)跡があり、通りも細く建て込んでいる風景がみられる。ちなみにシナゴークは1545年に建てられたものがあったのだが、1943年に放火に会ったため、現在残るものは、その後1998年に新たに建てられたもの。
この地区は日中は静かだが、一帯はエノテカやらオステリア、バールなどがたくさんあり、特に夏場の夜は住民から道端でアルコールを飲む若者のマナーについて苦情が絶えない場所。

R0011518_convert_20100330153332.jpg

R0011528_convert_20100330153509.jpg

R0011529_convert_20100330153541.jpg

R0011522_convert_20100330153411.jpg

先日は、このゲットーで春を呼ぶ花の展示会・即売会が開かれ、天気の良さも合わせて多くの人が足を運んだ。
チェントロのなかでも特に好きな場所のひとつ。

R0011531_convert_20100330153611.jpg

R0011533_convert_20100330153640.jpg
関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Padova/パドヴァ
  2. | trackback:0
  3. | comment:7
<<リストランテ ヴェッキア・パドヴァVecchia Padova | top | 牛乳販売機>>


comment

はじめましてvittorioといいます、

以前ソットマリーナに住んでいました、

パドウ゛ァも素敵な所ですね、行ってみたかったです。

私の友人の有名なビアゼットのパティスリーがあるところでもありますね、

カンベロ・ロッソでブリオッシュでイタリアNo1になったそうです。
  1. 2010/04/01(Thu) 08:58:06 |
  2. URL |
  3. vittorio #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして

初めて訪問させていただきます。

私は快適な暮らし応援隊のきぬさんと言います。広島に住んでいます。

イタリアには新婚旅行でもう忘れる位前に行った事があります。私は男性で建築が仕事ですがトマトの料理が好きで時々趣味で作ってブログにのせています。

亜紀さんの素敵なブログで思わすコメントしてしまいました。これからも宜しくお願いいたします。

甚だ勝手なお願いですが、今度トマトだらけのパスタに挑戦したいと考えています。イタリアのスカロパリエッロ(小さな靴屋) マンマが作るとても美味しいパスタとは聞いていますが、情報があればお教えいただくと嬉しいです。

初めてのコメントで失礼をお許しください。
  1. 2010/04/02(Fri) 16:22:40 |
  2. URL |
  3. きぬさん #yi8pESSs
  4. [ 編集 ]

vittorioさん
はじめまして。ソットマリーナにお住まいだったんですか。パドヴァも近いですので、お寄りいただければよかったですね。ビアセットのお菓子、私も大好きです!

きぬさん
はじめまして。scarpariello、南の料理のですね。トマトとパルミジャーノ、ペコリーノ・ロマーノ(羊のチーズ)のおろしたものをたっぷりと加えるトマトソースのようです。靴やさんが時間がないなかに美味しくて栄養のあるものを、としてつくられたことから、のようですね。
  1. 2010/04/03(Sat) 02:10:03 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/04/03(Sat) 08:18:55 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

vittorioさん
ルイジと一緒に働いていたんですか?いい人ですよね。彼のところにはしょっちゅう寄るので、尋ねてみますね。
  1. 2010/04/03(Sat) 15:23:10 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

そうなんですか

よく尋ねられるんですか、よろしくお伝えください、ルイジとは彼の本が欲しくて2~3回メールのやりとりをして、そのままだったんです、

ありがとうございます。

何回もすいませんでした。
  1. 2010/04/03(Sat) 20:32:12 |
  2. URL |
  3. vittorio #-
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます

丁寧なコメントの返信ありがとうございました。scarparielloで検索してみて参考になりました。

私なりに趣向を変えてscarparielloを作ってみたいとおもいます。
トマトの料理に、こぶ茶で味付けしていますが、日本人向けの味になります。参考までに!

これからも宜しくお願いします。
  1. 2010/04/04(Sun) 12:29:09 |
  2. URL |
  3. きぬさん #yi8pESSs
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/174-bb71f61e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。