パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



第66回ヴェネツィア国際映画祭 :: 2009/09/11(Fri)

IMG_3966.jpg

2009年9月2~12日、第66回ヴェネツィア国際映画祭が開かれました。世界中には映画祭と呼ばれるものは数百もあるといわれているが、その中でも歴史と伝統のあるものとして他に秀でているのが、カンヌ(フランス)、ベルリン(ドイツ)、そしてここヴェネツィアのそれで、この3都市のものが世界3大映画祭とされている。

ここヴェネツィアのものは特に歴史があるもので、第1回の開催は1932年のこと。これまた世界最古の美術展にあたる、ヴェネツィア・ビエンナーレの映画部門として始まった。ちなみにカンヌは1946年、ベルリンは1951年からの開催。

映画好きなムッソリーニの時代には、いつしか政治が介入することもあり、受賞作品が入れ替わるなどの問題も発覚しその権威を欠き、また世界大戦などで参加国が激減するなどで規模縮小などがなされる次期もある。
カンヌの華やかさに比すと、規模的にも控え目な感も出たが、それでもその伝統は今でも受け継がれ、この時期の恒例行事として、関係者及び映画ファンの一大イベントとされている。

映画祭最大の見所は、各国から代表作がノミネートされるコンベンション部門。このなかから金獅子賞(最優秀作品賞)、銀獅子賞、主演男優賞、主演女優賞、監督賞などが決められる。
1950年代には、日本映画も数々受賞されており、1951年には黒澤明監督の『羅生門』が、日本映画としては初の最高賞“金獅子賞”を獲得した。

会場はヴェネツィア本島から離れたリド島。映画『ヴェニスに死す』で有名なホテル・デ・バン、有名俳優たちが島に降り立つ際の船着き場を目の前にした、ホテル・エクセルシオールなど、伝統的な豪華ホテルや別荘も多く、特に浜辺に近い通りはリッチな雰囲気。この時期には、こういった高級ホテルには映画関係者の宿泊先ともなるので、各ホテル前には報道陣も多く見かけられる。
IMG_3973.jpg

IMG_4006.jpg


そして、メイン会場となるのは現在工事中の『パラッツォ・デル・チネマ』。会場前はレッドカーペットが敷かれ、俳優たちがそぞろ歩きをしながら報道陣に向かってスマイルを送る場所。名俳優の来る日、時間には観客もここに押し寄せる。

この日には、イタリア映画のコンペティション出展作品の『イル・グランデ・ソーニョIl Grande Sogno』の出演者、関係者が会場入りする、ということで多くの人々がカメラを片手に歓声をあげていた。

浜辺に面した通り、ルンゴ・マーレでは、この期間中OPEN12と題したモニュメントが路上に終結。ヨーロッパを中心とした世界中のアーティストの作品が並び、これらをゆっくりと見ながら歩くのも楽しめる。

IMG_3951.jpg
関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Venezia/ヴェネツィア
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<フィーキ・ディンディアfichi d'india | top | フリセッラfrisellaとパーネ・ビスコッティ>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/20-8fe260fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)