パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



カゼイフィーチョ モランディ・オリアーノ caseificio Morandi Oriano :: 2010/05/25(Tue)

2度目の訪問のカゼイフィーチョ(=チーズ製造所)。パドヴァ近郊でつくられるグラーナ・パダーナやアジアゴなどのチーズは、今や大型工場化しているところが多い中、ここは今だに家族だけでチーズをつくる小規模型。とはいえ、品質の良さからここ周辺ではその名はよく知られている。

R0012730_convert_20100525041823.jpg

モランディ家、現在4代目のオリアーノ氏と5代目を受け継ぐ3人姉妹、そしてオリアーノ氏の妹とで主に製造作業が進められている。

朝5時から作業が始まり、9時すぎにはもう清掃作業に入る。現場の敷地内に自宅もあるため、作業を中断する場合にはすぐに自宅で休憩へ、となんともシンプルなスタイル。

R0012733_convert_20100525041948.jpg

R0012744_convert_20100525042200.jpg

つくられるチーズは牛、ヒツジ、ヤギ、そしてそれらのミックス。もちろんそれらから派生するリコッタなども。製造所の脇には直売所もあり、それらを購入することもできる。買いにくる客はご近所さん(といってもお隣さんも遠いような場所だが)からパドヴァからモンセーリチェまで広域に渡る。

形のできあがったチーズは冷蔵庫にて熟成される。ただし、ここのチーズは何か月も熟成されることなく、長いもので半年ほどで売りさばいてしまうくらいの量産のみ。
この日はチーズに付着するカビを水の噴射で洗い流す作業。ふわふわのまっ白な綿毛のようなカビを勢いよく取り除いていく。

R0012735_convert_20100525042018.jpg

R0012743_convert_20100525042135.jpg

周囲は果てしない田舎町。できあがるチーズも、それをつくる人々も限りなくシンプル。

R0012729_convert_20100525041743.jpg
関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Produttore/生産者
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<トルタ・パツィエンティーナTorta pazientina | top | リストランテ・アッラ・ピアッツァRistorante Alle Piazze>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/204-d606d3c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)