パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



パスティッチェリア・ビアセットLa pasticceria Biasetto :: 2010/05/31(Mon)

パドヴァの代表的なパステッチェリア。シェフはルイジ・ビアセットLuigi Biasetto氏。

R0012504_convert_20100530184908.jpg

1997年、フランス・リヨンで開かれた世界菓子コンクールにて、自身がトップ・パスティッチェッレとして参加したイタリアチームが優勝。その際の賞を獲得したチョコレートムースとヘーゼツナッツのババロアを主体とした『Sette veliセッテ・ヴェーリ』(=意;7枚のヴェール)が特に有名で、同店の看板商品。

そして同賞を獲得、『Abbraccio di Venereアッブラッチョ・ディ・ヴェーネレ』(=意;ヴィーナスの抱擁)はマスカルポーネのムースの菓子。

R0012501_convert_20100530184815.jpg

他、2006年にはガンベロ・ロッソのイリーIlly賞を獲得。ちなみに、この“Illy賞”は19,000店のイタリア国内のバールの頂点にたったという意味を持つ。
その他、同年2006年のパレルモで開かれたその年の最高のパスティッチェリアに選出されたり、2007年のガンベロ・ロッソで再度Illy賞も獲得など、他にもあるはずだが残念ながら把握はしていない。

世界的な菓子コンクールなどでの賞獲得、そしてイタリア及びヨーロッパのパスティッチェリアとして有力な地位に居るビアセット氏。1998年にパドヴァに同店を開いてから、店名やドルチェに商標をつけるなどしてブランド・品質管理も徹底。

R0012493_convert_20100530184725.jpg

パドヴァのなかでも、おそらくイタリアのなかでも最高水準であろうと思われる質の高い、完成度の高いドルチェ。

ある一日、パドヴァのパヅティッチェリアを何軒か巡る機会があった際、同店にはお腹もかなり限界に近い頃に訪れたのだが。。。
店内に入った瞬間に見るショーケースに並ぶ菓子の整然とした美しさは、他店に追随を許すものではない。それらの持つ色、その組み合わせ、デザイン、そして形の正確さ。今までにも幾度か口にする機会もあり、また同店の厨房で働く友人の話などからもある程度は周知のことではあったが、意識をして他店と比較すると、その違いは歴然。

ショーケースの前に立つと、本当にどれも食べてみたいと思わせるものばかり。

ヴァニラのムースとパッション・フルーツ、オレンジのムース、そして粉不使用のチョコレートのパン・ディ・スパーニャ(スポンジケーキ)の層になった『Filostratoフィーロ・ストラート』。シャープな姿なのに思わず触りたくなるフンワリ感のある柔らかそうな外観。こういう姿は私好み。食べてると口のなかがフンワリ。

R0012502_convert_20100530184841.jpg

こちらはリコッタ(だったかな?)のスフレ。

R0012500_convert_20100530184751.jpg

まあ、こういう類のドルチェを“イタリアの”と冠していいのかどうかは微妙なところ。一般的に伝統的な素朴なイタリアの菓子を食べて、美味しいと思う日本人は意外と少なく、甘すぎたり重すぎる、という意見が大半。いわゆる“今どき”ではないのだ。
なので、日本でいう美味しいと判断される菓子の判断基準の範囲にある菓子と、伝統菓子の美味しさとの判断基準は、個人的には全く別のものと考えている。ビアセットのそれはもちろん前者側。
そして、作り手はイタリア人“らしい”人物だと、必ずしもこういう菓子は作れない(と思う)。

R0012505_convert_20100530184936.jpg

Pasticceria Biasetto
Via Facciolati 12, Padova
Tel; 049.8024428

パドヴァではチェントロにあるカフェ・カヴゥールCaffè Cavourでも菓子は購入可。他、ブリュッセル店あり。
関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Pasticceria/お菓子屋さん
  2. | trackback:0
  3. | comment:5
<<プロメッシ・スポージLa Bottega ai promessi sposi@Venezia | top | 続・マリーザの料理教室>>


comment

ああ、ここも・・・行かなくては・・・。
でも確かに、これは完全にイタリアのドルチェではないですよね。
・・・いや、イタリアにないからこそ、たまにはこういうのも食べたいっっっ!!!
  1. 2010/05/31(Mon) 05:55:06 |
  2. URL |
  3. Fumie #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/11/21(Sun) 00:34:54 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんにちは。非公開にするのはどうしてよいのか解らず、対処方も解らないため、いただいたコメントは読ませていただいたので、削除してしまいました。失礼だったらすみません。いつも読んでいただいて、ありがとうございます。
  1. 2010/11/21(Sun) 14:21:59 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/11/21(Sun) 23:37:02 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんにちは。パドヴァにいる気分、堪能していただけて嬉しいです。ぜひ、一度遊びにいらしてください!
  1. 2010/11/27(Sat) 19:26:41 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/210-806a574c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)