パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
プロメッシ・スポージLa Bottega ai promessi sposi@Venezia :: 2010/06/01(Tue)

その名も“いいなずけ/婚約者”。普通の(と言いきっていいかどうかは??)イタリア人に“プロメッシ・スポージpromessi sposi”というとアレッサンドロ・マンゾーニの作品のことを頭に思い浮かぶところ。
経営者が何度も変わったという、まあよくある話、変移のある店なのだが、なんでも始めに立ちあげた経営者2人がその当時、両者どちらもが“いいなずけ”ができたばかりだったことからだとか。

そして、現在もここはヴェネツィア特有の典型的スタイルのオステリア。いわゆる“バーカロ”。入口にバンコ、つまみ(チケッティ)が並び、夕方からは“一杯飲み”が始まる。

R0012785_convert_20100601043059.jpg

が、ここで着席して食べるとなると、これまた美味しい皿にありつけるということで、ヴェネツィアのオステリアとしてははずしたくない一軒。日替わりで季節のメニューが、そしてもちろんヴェネツィアでは定番の魚介中心の伝統料理も常備している。

そして、この規模のオステリアにしては珍しい、手打ちのパスタ・フレスカが食べられる貴重な店でもある。
この日のパスタ・フレスカはマルタリアーティmaltagliatiと呼ばれる、卵入り生地を不規則に切ったもの。旬のグリーンアスパラとともに。耳たぶの形をしたオレキエッティは仔羊のラグーで、イカすみを練り込んだまっ黒いカヴァテッリcavatelliはマグロとオリーヴ、カッペリを合わせて。

R0012781_convert_20100601043024.jpg

R0012778_convert_20100601042955.jpg

そして他テーブルに次々に運ばれてくるイカスミのパスタやスパゲティ・ボンゴレなどの定番も盛りもよく、普通に美味しいのが大きな魅力。

セコンドには魚料理、肉料理ともにバランスよく用意されている。これはイカのトマト煮こみseppia in umido。

R0012777_convert_20100601042929.jpg

そしてボンゴレ(アサリ)とコッツェ(ムール)。ただし、これはメニュー内ではアンティパストの部類に入るもの。

R0012775_convert_20100601042905.jpg

店内は落ち着いたテーブル席もあるが、夏場は屋外につくられたテーブル席でそよ風にふかれながらの食事も気持ちがよいもの。



La Bottega ai promessi sposi
Calle dell’Oca 4367 Cannaregio, Venezia
Tel; 041. 2412747
関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Venezia/ヴェネツィア
  2. | trackback:0
  3. | comment:1
<<ピランの塩 Pianske soline | top | パスティッチェリア・ビアセットLa pasticceria Biasetto>>


comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/06/08(Tue) 22:58:55 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/211-f83f423d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。