パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



季節は夏へと。。。 :: 2010/06/09(Wed)

ようやく夏らしい陽気に。6月に入ると、もうすでに周囲はヴァカンツァのことを考え始める。というのも子供たちの学校も大半は今週で終了。これから9月半ばまで長い夏休みに入る。

メルカートはもう夏色。
この季節で目立つのは、断然にサクランボ。旬が短いこの果物も、サクランボだけの専門業者も出るほど、そして価格もだいぶ下がっている。ヴェローナからヴィチェンツァの丘陵地帯及びバッサーノ周辺はサクランボの産地。今年はなかなか気温が上がらずにサクランボの季節も遅れたが、今が最盛期のよう。

R0012892_convert_20100609141344.jpg

R0012895_convert_20100609141515_convert_20100609141701.jpg

そしてここ数日で出始めたフィーキ(イチジク)。

R0012891_convert_20100609141314.jpg

ピゼッリ(グリーンピース)ももうそろそろ終わりかな。ここらへんでは、ピゼッリを使ったリゾットは伝統料理。リーズィ・エ・ビーズィrisi e bisiと呼ばれるが、これは方言のひとつ。ここ周辺ではリゾットのことをリーズィと呼び、この春から夏に旬のピゼッリを使ったソレは代表料理。
横に見える赤と白のまだら模様のサヤつきのマメはインゲン豆の一種、ぼる。こちらもここの伝統料理、パスタ・エ・ファジョーリに使われる。通常は乾燥豆を戻して使うことが多いが、旬には生を使うとやはり香りが違う。

R0012894_convert_20100609141446.jpg

R0012893_convert_20100609141415.jpg

自宅下には紫陽花が今花盛り。イタリア語ではオルテンシアというが、イタリアに来て初めて覚えた花の名前。数年前にパドヴァに到着した際にお世話になった家族の庭先が紫陽花でいっぱいだったことを覚えている。ちょうどまさしく、この時期だったなぁ。。。いろんな思いが交差する花。


R0012883_convert_20100609141125.jpg

R0012885_convert_20100609141156.jpg
関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 日常
  2. | trackback:0
  3. | comment:3
<<料理教室 チケッティ編 | top | ポルタ・ポルテッロPorta portello>>


comment

こんにちは^^

サクランボも他の果物も美味しそう(^^)
インゲン豆といえば、あのパスタを思い出します。
パスタよりもソースの比率が多すぎて(笑)

こっは、例年よりは遅めですが
今週末くらいから梅雨に入りそうな気配。。。
雨に濡れた紫陽花が素敵に見える時期かな☆




  1. 2010/06/10(Thu) 19:52:29 |
  2. URL |
  3. はっちゃん #BBrseOnc
  4. [ 編集 ]

はっちゃんさん
お久しぶりです。パドヴァにいらしたときとだいぶ色が変わっているでしょう?パスタ・エ・ファジョーリ、あれはソースというかあのクリーム状がパスタよりも主役のお料理なんですね~~。体には優しい料理ですよね。
  1. 2010/06/12(Sat) 07:00:57 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/06/13(Sun) 14:25:29 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/216-38f8fc9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)