パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



ティラミスweek :: 2010/07/22(Thu)

今、ティラミスにはまっている。ヴェネトのトレヴィーゾが発祥とされている同ドルチェを調べているのだが。

もうすでに世界的にも有名なイタリアを代表するドルチェのひとつ。

発祥はトレヴィーゾとはいわれるものの、実際には多説があり、ピエモンテからトスカーナまでそれぞれの地にてのいわれがある。
ま、私としては地元であるトレヴィーゾを推すのは言うまででもない。(私が推してももちろん歴史は変わらない)

そして、さらにはここトレヴィーゾにおいてもこの発祥は定かではない。ティラミスはここから、とされる有名店もあるのだが、ここではない、という説も。これについては追々。

トレヴィーゾというと、個人的にはイタリアに興味を持ったきっかけの町でもある。というのも、お世話になった当時、東京にあった某イタリア料理店の本店が同地であり、その時からなんとなく知っているような、知らないような町の名であった。もう15年も前。

ということで、今日はその下見をかねてトレヴィーゾ歩き。本格的にまた見られる日が迫っているので、楽しみでもある。

トレヴィーゾは小さな美しい町。塀に囲まれた水辺の町で、私の大好きな町のひとつ。もちろんここもヴェネツィア共和国下にあったが、町の所々に残るライオンの紋章は、すべてライオンの右足の下にある本(法典)が開かれている。平和(友好)的降伏をした証し。逆に武力、戦いによる降伏がなされた土地のライオンはその足の下にある本が閉じられている。

現在は美しい風景の同地。水辺の白鳥の親子の姿が暑い空気でダラダラな気分を癒してくれる。子供たちはこの夏が明けるころには一人立ちしそうだな。

R0013190_convert_20100722072016.jpg
関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:1
<<電車エコ | top | 07/19のツイートまとめ>>


comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/07/22(Thu) 09:02:37 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/223-0be27f13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)