パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



…ということで、ティラミス・Tiramisu’ ・Tiramesu’ :: 2010/08/03(Tue)

この一週間は、ミラノからパドヴァ、トレヴィーゾとティラミスの旅。

最も認知度の高いイタリアンドルチェとしては最も認知度が高いもののひとつであろう、ティラミス。その発祥はピエモンテ州トリノからヴェネト州トレヴィゾ、そしてトスカーナ州シエナまで。

ティラミスの語源は”ティーラtira/引き上げる”、”ミmi/私を”、”スーsu’/上へ”=”上に引き上げる=元気になる”というものだといわれている。ちなみにヴェネトでは、ミmi(私)をメmiと発音するので、ティラメスと訛るのが正統派。

トリノでは、トリノ出身でイタリア王国の初代首相、カミッロ・カヴールCamillo Cavoulに仕えていた料理人の手によるものだとされている。統治の難しさ、仕事の難しさを食で支えようと、美味しくそして栄養価の高いドルチェを、ということから。まさしく上述の意味する所以。ちなみにカヴールが政治を任されたのは1800年代。

次のシエナ説にはトスカーナらしくメディチ家由来の逸話。1600年代後半、貴族たちの間でシンプルでしかも他にない美味しさのドルチェを、ということで考案されたものとされている。その当時は、ティラミスという名での記録ではなく、”Zuppa del duca/公爵のスープ”と名付けられていた。

各地諸説ありながらも、トレヴィーゾ発というのを有力説としての行動。トレヴィーゾでも、前日に書いたレストラン以外にも実は発祥説がある。そのひとつが『レ・ベッケリエLe Beccherie』、そして『エル・トゥラEl Toulà』。後者はトレヴィーゾ他町にもあり、東京にも出店していたはずだが、数年前に閉店している。トレヴィーゾには店は残ってはいるものの、ちょっと朽ち果てた感のある寂しい雰囲気。さらには『アル・カミンAl Camin』という店の名も挙がる。トレヴィーゾにあったカジノで生まれた、という説も。


現在のそれを各地で、そして各店にて実際に食べ比べてみると、その味、口当たり、風味は千差万別。トレヴィーゾではティラミスには欠かせないコーヒーを浸したサヴォイアルディというビスケットとマスカルポーネのクリームの層がけっこうとしっかりがしっとしている。解りずらい表現だが、クリームの層が少なく、サヴォイアルディまたはスポンジ(ともにコーヒーにしっかりと浸してある)が勝っているような印象。

対して進化型は常にふんわり、ムース状。口当たりが軽く、甘みはもちろん控え目。ひと口サイズのタルトに絞られたものやグラスたカップに入った状態のもの、クリームを皿に“盛る”というより“流す”スタイルまで。生クリームの入るレシピやコーヒーにリキュールを含むか否か、または卵黄主体のクリームであるザバイオーネを加えるもの等々、同じティラミスでも味も形も違う。もちろん業態による差もあるのだが。

ひとつのものを都市を変え、店を変えして連続して見るというのはなかなか楽しい機会であり、大変に興味深く勉強にもなった。

ここ数日で見て食べたティラミスのごく一部。みな表情が違って、どれもこれも思いがある。

R0013300_convert_20100802074236.jpg
R0013289_convert_20100802074212.jpg
R0013285_convert_20100802074146.jpg
R0013247_convert_20100802074115.jpg
R0013230_convert_20100802074051.jpg
R0013218_convert_20100802074025.jpg
R0013370_convert_20100802074351.jpg
R0013343_convert_20100802074327.jpg
R0013317_convert_20100802074301.jpg

ちなみにトレヴィーゾで元祖と言われるベッケリエのティラミスのレシピはこちら
6 tuorli – rosse – d’uovo(卵黄6個)
500 gr. di zucchero bianco(砂糖500g)
500 gr. di mascarpone(マスカルポーネ500g)
0,5 Lt. di caffè – non zuccherato -(カフェ500ml)
Savoiardi – una trentina(サヴォイアルディ)
Polvere di cacao amaro per guarnire(ココア)
関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Dolce/ドルチェ
  2. | trackback:0
  3. | comment:3
<<リストランテ・ベッレ・パルティRestorante Belle Parti | top | リストランテ・ベッケリエRistorante Le Beccherie>>


comment

ジャパンシックになる暇もないくらい忙しそうですね~
こんなにもバラエティに富んだティラミスのおかげですか?
う~ん、こちらまで香ってきそうです♪
そういえば何度か行ってもイタリアでティラミスを食べていない気がします。
今度ミラノで、いえパドヴァでもいいので、akiさんのオススメを食べに行きたいです!
  1. 2010/08/04(Wed) 23:09:29 |
  2. URL |
  3. marikoinu #JvfUG/8.
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

marikoinuさん
たかがティラミス、されどティラミス!そうですね~、食べるべきかも?!
  1. 2010/08/05(Thu) 07:00:51 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

おぉぉー。
ティラミス大集合ですね!

ティラミスは、本当に色々な説があるので
どこの地域が本当かな?って思っていました。

前に調べたら、在アメリカのイタリア人が自分が発明した!と言っている
というのを発見しました。

ん?? いくらなんでもそんなぁ~。って思いました。

akiさんは、最終的に何個食べたのかしら?



  1. 2010/08/12(Thu) 16:37:46 |
  2. URL |
  3. ぐるめ猫 #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/230-95b8381f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)