パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



リストランテ・ベッレ・パルティRestorante Belle Parti :: 2010/08/04(Wed)

パドヴァチェントロにひっそりと存在しながら、エレガントな空間と料理を提供するレストラン。店のある通りであるヴィア・ベッレ・パルティVia Belle partiの名前がそのまま店名に。

現在のオーナーはパドヴァに数軒の飲食店を経営する家族。現在同店はオーナーの娘さんであるステファーニアが主導権を握って店の切り盛りをしている。

彼女、とってもお色気ムンムンのアラフォー女性。いつもエレガントな装いで接客、店内に飾られている美しいゴージャスな花束のような女性なのだ。
厨房で写真を、と言ったら仕事の手を止めて作業台に横座りになったときには、さすがに驚いたけど。写真が少々ボケてしまったので残念。

R0013346_convert_20100804024116.jpg

夜になって閉店間際に迎えにきた息子のタンクレーディくんと普段着に着替えたジーンズ姿もこれもまた素敵。彼女は私と同年代で彼女の息子さんはうちのびおらちゃんと2か月違いともあり、お互いにお腹の大きいときに知り合い、今でも顔を合わせればそれなりの世間話をする仲でもあるけれども、私とは大きな違いがあるんだなぁ。。。

と、余計な話はこれくらいにして、上質の店ならでは、客も上質。昼はピシッとスーツを着込んだお洒落なビジネスマンたちや上品な奥様たちのランチの場。夜はもちろんこれらの客に愛を語りあうカップルやらご夫婦などが。常に客席の埋まる人気店でもある。

肝心の料理は、伝統的な料理ももちろんだが、ここではその季節に応じたシェフのオリジナル料理。奇をてらっている皿というよりは、シンプルな料理にいい感じに少し手が加わっている。味つけも軽めの仕上がりで、渡されるメニューはどれもこれも試してみたいものばかりだ。

これはCrema di piselli con seppioline croccante/グリーンピースのスープ、カリカリに揚げたイカを添えて

R0013336_convert_20100804023820.jpg

Pappardelle con bottarga di tonno, cozze e aglio in camicia/マグロのボッタルガ、ムールとニンニクを乗せたパッパルデッレ

R0013340_convert_20100804023923.jpg

カエルモモ肉のフライ。カリカリで美味い!ズッキーニの花のフライとともに、揚げた器に盛られてくる。Coscette di rana fritte...una tira l’altra

R0013341_convert_20100804024018.jpg

店の入口は小さく、奥に広い店内。着席したのはちょうど真ん中。そこから外に向かって見える店内の風景。素敵な空間。

R0013332_convert_20100804023544.jpg

Ristorante Belle Parti
Via Belle Parti 11, Padova
tel,fax; 049.8751822
関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. リストランテ・食べ物屋
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<アトリエ・ビアセットAtelier Biasetto | top | …ということで、ティラミス・Tiramisu’ ・Tiramesu’>>


comment

パドウ‘ァチェントロは、人口何万人なのですか?10万から20万の都市だと思うのですが、どうして、良いお店が何店も存在できるのでしょうか?今、個人店が私の住んでいる地方都市は、どんどん廃業になっていきます。おいしい店ほど、減っていきます。イタリアには、何か、しかけでもあるのでしょうか?料金も決して安くはないと思います。それとも、一部の富裕層のサロン的な感じがあるのでしょうか?それにしても、うらやましいな。
  1. 2010/08/04(Wed) 11:38:14 |
  2. URL |
  3. zzz #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

zzzさん
パドヴァ市としては22万人、チェントロには3万人強と言われています。でも、ここも店の経営は難しく、閉店を余儀なくされたり、中国人に買収されたり、という話は後を絶ちません。ただし、パドヴァ自体がおっしゃるように富裕層が比較的多くいたりするので潤っている、そう感じるように思うかもしれません。ただし、イタリアはどの町にもそれなりの歴史があり、自治力がある、というのが日本との違いだと思うので、地方都市と都市という格差は日本のようなものとはまるで違うものかもしれません。
  1. 2010/08/05(Thu) 06:59:50 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/231-b686f020
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)