パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



土曜日 :: 2010/08/22(Sun)

普通の土曜日。いつもと違うのは、8月ということだけ。新聞だって、7月中頃からページ数が少ないのだから。
8月の町はほんとに人が減る。土曜日の午前中といえば、市場や商店街が並ぶソット・サローネはかなりの人だかりだが、今日はやはりやや少なめ。

このソット・サローネも来週は3日間全店を閉めて改修工事に入るらしい。彼らのとってはちょうどよいヴァカンス?などと心配ご無用、各自それぞれのペースでしっかり店閉い、ヴァカンスへお出かけ中。

R0013736_convert_20100822045442.jpg
R0013739_convert_20100822045522.jpg
R0013742_convert_20100822045556.jpg

今日は特別変わることもなく、普通に肉やらチーズを買い、パンを買って家に帰る。…特に書くことなし。(だったら書くな。)
関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 日常
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<ジャンドゥイオットGianduiotto | top | ペッレストリーナ島 Lido Pellestrina>>


comment

そんなことない(だったら書くな)

 日常が一番です。夏のソット・サローネの雰囲気・空気が感じられます。どんなパンを買って食べているのですか?今朝は、昨日の東京出張の帰りに買った、ルスティックにオリーブオイルをつけ、サラミをのせ食べました。ルスティックはピエモンテのパンだそうです。何という意味ですか?
  1. 2010/08/22(Sun) 11:06:43 |
  2. URL |
  3. zzz #-
  4. [ 編集 ]

Re: そんなことない(だったら書くな)

zzzさん
こんにちは。パンはうちでは特にきまりはないのですが、ここではいわゆるチャバッタやゾッコレッティと呼ばれる表面の固い日常パンが多いでしょうか。両者とも意味としては、草履やらサンダルみたいなもの。その形からくるものです。私の夫は実はこれらがあまり好みではないのですが、北に住んでいる以上、彼の望む(南のもの)パンにはなかなかありつけません。
ルスティックというピエモンテのものは私は知らないのですが、ルスティコというのが田舎風の、のような意味があるので、田舎パン、ということなのではないかと思います。南のプーリアには、この名前で折パイ生地にチーズやハムやトマトを入れて焼いた惣菜パン的なものはありますが。
  1. 2010/08/23(Mon) 13:36:33 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/243-c29b0c16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)