パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



ヴェネト料理教室Corso di Cucina Veneta :: 2010/09/30(Thu)

料理家ステファーニアのキッチンにて開催したヴェネト料理教室。
チェントロからほど近いこのアパルタメントは彼女の仕事場となっていて、ここで定期的に料理教室を開催している。

大きな変形のキッチン付きのお部屋はとても素敵に設備が整い、すっきりとしたモダン好みの彼女の好みが集結する、彼女のお城になっている。そして長い間をかけて集められた使い勝手がよくデザインの優れたキッチン用品もびっしり。それだけを見ているだけでも楽しい。

この日は東京から参加のMさんにヴェネトの季節の定番料理を披露。

アンティパストにはフンギ・ポルチーニにジャガイモのムース仕立てを添えたもの。フンギ・ポルチーニも産地によって(もちろん値段が比例する)は風味も格段の差が。彼女の興味もあり、数種のポルチーニを調理してみたが、やはり歴然。(もちろん値段が比例する。)
R0014291_convert_20100930031205.jpg

そして今は生のものが手に入るファジョーリを使ったパスタ・エ・ファジョーリ(インゲン豆とパスタ)。もちろん豆を濾して仕上げるヴェネトのスタイル。ここに彼女の美味しさの隠し技である香草の香りをつけたオイルでできあがり。

セコンドは仔牛のレバーとタマネギを炒めるフェーガト・アッラ・ヴェネツィアーナ。じっくりとタマネギを炒めることと、レバーを丁寧に掃除することがいつも変わらぬ調理の単純だけど重要な段階。
R0014295_convert_20100930031228.jpg

締めのドルチェは先日紹介したブドウの果汁でつくるスーゴリ。

シンプルで滋味な色どりの“ザ・ヴェネト料理”な料理だけど、普通に美味しいのは嬉しいこと。
R0014284_convert_20100930031140.jpg
R0014273_convert_20100930031114.jpg

帰り路に偶然通ったピアッツァ・デイ・シニョーリでは、この夜、光のイベントが行われていた。同ピアッツァのシンボルである時計台。この時計台を中心に建物全体を大きなキャンバスのように見たて、それを光と映像で様々なシーンを創り上げる。時計の針を逆戻りさせて歴史を振り返ったりと、いつもの風景なのに、まるでそこは異次元のような錯覚。。。建物のもともとある造りを生かし、大きな空間がものすごい細密な計算された画像(…というのか?)になっている。
R0014303_convert_20100930031252.jpg
関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Corso di cucina/料理教室
  2. | trackback:0
  3. | comment:1
<<リストランテ・ダ・ジョヴァンニRistorante da Giovanni | top | 結婚おめでとう!!Tanti auguri un felice matrimonio!!>>


comment

akiさん、ありがとうございました。
あれから毎日どのお皿かを必ず思い出し、「う~ん、おいしかった~♪」と斜め上を見てしまいます。
新鮮な仔牛のレバー、東京ではさすがになかなか見つからないんですよね~
  1. 2010/10/07(Thu) 01:46:52 |
  2. URL |
  3. marikoinu #GBQddYCk
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/265-dbbb280a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)