パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



リストランテ・ダ・ジョヴァンニRistorante da Giovanni :: 2010/10/03(Sun)

パドヴァの個性派郷土料理の店として、地元人にはあまりにも有名。1950年創業のこの店のウリは、手打ちパスタとカレッリ(ワゴン)で提供されるボッリートbollito(茹で肉)またはアッローストarrosti(オーブン焼)。
『ダ・ジョヴァンニ=ボッリート』というほどの有名店。

店内は広めでいつ行っても常に客がたくさん。週末の夜ともなると満席となり、かなりの混雑となる。
客席には銅鍋が壁に飾られていて、レンガの壁といい雰囲気。広めの店内と白いテーブルクロス、レースのカーテンは“正統派”な印象を与えてくれる。
昨年改装したばかりで客席も小綺麗なことと、何より厨房が明るい!そして広い!忙しそうに働く料理人の姿がいつでも見ることができる。

料理の注文はメニュー表もあるのだが、渡されたことは一度もなく(…と尋ねてみたらメニュー表を持ってきてくれたが見たのは初めて)、パスタか肉(ボッリートまたはアッロースト)。

パスタはタリアテッレ、ニョッキなどから選ぶがこの日は季節のカボチャを詰め物にしたトルティーニがあるといって勧められたので、勧められたままに注文。運ばれてくるのは、茹であげたパスタとソースの器が別に。
ソースは肉のラグー、トマト、バター&サルビア(セージ)、ピゼッリ(グリンピース)、そしておろしたグラーナ。
シニョーラが、パスタにはバターにポピーシードが美味しいよ、と言って「私がするわ。」と強制的に皿に味つけてくれたが、とっても美味しかった。カボチャがほんのり甘くてちょっと塩気の効いたバター。
R0014399_convert_20101003153102.jpg

バターといえば、おもしろいのが、テーブルに運ばれてくるパンのお伴についてくるバター。お皿にちょこんと乗っているのではなく、大きな皿にポンドの塊のバターに普通のナイフとフォークが刺さって出てくる。このスタイル、とっても大胆。これを客はたっぷりとパンにのせて食べる。
R0014450_convert_20101003153312.jpg

さて、主役の肉はボッリート(茹で)またはアッロースト(オーブン焼き)を選択、そしてワゴンにのってきたそれらを好きな部位を選んで目の前で切り分けてもらう、というシステム。
R0014392_convert_20101003153037.jpg
R0014460_convert_20101003153515.jpg

ボッリートの内容は、ガッリーナ(雌鶏)、マンゾ(牛肉)、リングア(牛の下)、コテッキーノ(太いソーセージ様の豚の腸詰め)、豚足、豚の頭、仔牛ほほ肉ecc。長時間かけて茹であげられた肉の塊は結構な見応えがあり、またそれぞれの肉の味があって、もちろん食べ応えは十分。

そこにサルサ・ヴェルデ(パセリとニンニクたっぷりのソース)とクレーン(西洋ワサビ)をおろしたものかを添えていただく。
R0014415_convert_20101003153128.jpg

かなりの個性派レストラン。クラッシック&トラディショナルだが、雰囲気もよく、何より適正価格がうれしい。訪れるべき店、何回行っても楽しい店。

仕上げのドルチェはシニョーラ・ジョルジア特製のティラミス。このシニョーラ、結構な日本びいき。
R0014418_convert_20101003153152.jpg
R0014423_convert_20101003153228.jpg
R0014425_convert_20101003153254.jpg

Ristorante da Giovanni
Via Maroncelli 22, Padova
tel: 049 772620

関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. リストランテ・食べ物屋
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
<<ロバ肉Carne d’asino | top | ヴェネト料理教室Corso di Cucina Veneta>>


comment

わ~茹で肉ボッリート、私は昔、エミリア地方のある小さな町のレストランでいただきました。その地方の典型的名物料理だと言ってましたが・・・ヴェネツィアではほとんど見かけません。おいしいですよね~。
こないだのスーゴリといい、パドヴァは、ヴェネトでもエミリア・ロマーニャ方面とも近いだけあって、あちらに近いお料理もありますね。食の豊かな北イタリア平野部(パダーナ)大文化圏という感じなのでしょうか。面白いです。
バターをパンにつけて食べるのも珍しいですよね。私は大好きで、とくに冬はしょっちゅうやってますが。
  1. 2010/10/03(Sun) 18:43:01 |
  2. URL |
  3. Fumie #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

fumieさん
確かにヴェネツィアにはない食文化ですね。パドヴァはけっこうな肉食文化が発達してます。テーブルバターはそういえば、私もあまり出会ったことがなかった。。。
私はここで頼むのはいつもコラーゲンたっぷり部位やらリングアやら。モツ好きです。
  1. 2010/10/04(Mon) 13:31:32 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

初めまして!ダ・ジョバンニのことが書いているので嬉しくってコメントしてしまいました。
ここ大好きで、子供が生まれる前は良く通っていたのですが、最近はご無沙汰で、、、確か土日のお昼はやっていないんですよね。なので、子連れで行くにも行けず。。。
私もこのバターの大ファンです!美味しいですよね~。
また遊びに来ます^-^
  1. 2010/10/05(Tue) 06:54:35 |
  2. URL |
  3. coo #0fjKXx0.
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

cooさん
こんにちは。パドヴァにお住まい?!そうそう、土日の昼はお休みです。。。涙
  1. 2010/10/05(Tue) 12:58:25 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/266-68eb22fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)