パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



オステリア・アル・ポンテ Osteria Al Ponte@Venezia :: 2010/10/15(Fri)

『アル・ポンテ=橋のたもと』という店名通り、小さな橋のたもとにあるオステリア。赤い格子が目印の小さな店だが、地元にもよく知られたいい店。もちろん観光客、そして日本のヴェネツィアガイドにはかなり定番なオステリアとして登場する頻度も高い。

間口も小さく、そして店内も小さい。テーブルは大小4つしかなく、そこに腰を下ろすとなると、隣合わせになる他の客の背中やら足やらにゴツゴツあたりながら、大きな声でしゃべるヴェネツィア訛りを耳にしながら、ということになるのだが、この少し薄暗い店内で飲み始めるとそれも居心地のいい空間に早変わり。
R0014685_convert_20101015214350.jpg

もちろんヴェネツィアならではのバーカロであり、カウンターで立ち飲み、というのもいいが、簡単に軽く食事を、となるとこれがまたいい。

この日はかなり気温の下がった日中、メニューはもちろんないので(たぶん)何食べればいいの??訪ねると、出てきたものは、ハムとチーズの盛り合わせ。それもかなりの大盛。こんなに食べれるかしら~、などと心配していたことなどすっかり忘れ、喋りに夢中になっていたら気付いたころにはすっかりきれいになっていた。同席の私の友人ももちろん、同様。
切りたてのハム、プロシュット(クルード&コット)、モルタデッラ、サラミ、スペックなどの他、生肉やポルケッタなども。フォルマッジョも何があったのか確実ではないが、牛やヤギのチーズなどが厚切りで気前よく。
R0014690_convert_20101015214424.jpg

そしてそのお伴に出された野菜。タマネギやカルチョッフィのマリネ、そして、大きなドライトマトのオイル漬け。このトマトが何ともいえずに美味。セミ・ドライ状態の甘酸っぱい、濃厚な味のトマト。これまたたっぷりと盛られてくるパンに載せて、ハムやチーズを合わせて食べると何とも至福の時。
R0014691_convert_20101015214502.jpg

単なる食いしん坊日記みたいになってしまったが(いつも通りかも)、この店、やっぱり好き。

食後の冷たいフラゴリーノがちょうどよくお腹に沁み渡る。。。
R0014696_convert_20101015214539.jpg
R0014699_convert_20101015214607.jpg

Osteria Al Ponte
Canaregio, 6378 , Venezia
Tel;041.5286157
関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Venezia/ヴェネツィア
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<ブロッコロ・フィオ-ラロ・ディ・クレアッツォBroccolo Fiolaro di Creazzo | top | ポンテ・デッラ・モルテPonte della morte>>


comment

隣にチラッと見えているのは赤ワインの大ふらすこでは。。
よく飲んだねぇ。
  1. 2010/10/21(Thu) 17:23:11 |
  2. URL |
  3. 納豆 #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

納豆さん
ハイ、と言いたいところなのですが、ハーフのカラフェです。それも二人なので。。。次にいきたいところだったんだけどねぇ。。。
  1. 2010/10/22(Fri) 13:55:34 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/274-09997658
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)