パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



ドミニオ・ディ・バニョーリDominio di Bagnogli :: 2010/11/30(Tue)

パドヴァ市街から南下30㎞程の場所にバニョーリ・ディ・ソープラBangoli di Sopraという町がある。

パダーナ平原の広がる肥沃な土地。同地にて良質の地元ワインを造るカンティーナを持ち、農産、酪農などを広く手掛けるのが、ドミニオ・ディ・バニョーリだ。

R0016042_convert_20101130185104.jpg

同地の中心に広く壁に囲まれている敷地は600ヘクタール。その中で米やトウモロコシなどの穀物、牛、ヤギ、ヒツジ、ロバ、鶏類などの畜産、そしてもちろんワインの製造もおこなわれている。

R0016010_convert_20101130184853.jpg

経営は1917年より、ボルロッティ家による。現在残る主要な建造物は1656年からのもの。当時の所有者はコンティ・ウイッドマン家。敷地内は美しいヴィッラ、モニュメント、劇場、教会、カンティーナ、穀倉庫等々が建てられ、当時のヴェネツィア貴族の豊かさがうかがえる。
現在も、これらの建物は使用されているが、レストラン、アグリトゥーリズモ、催事場などとなり、改修されて利用されている。もちろん外観は当時のまま。敷地内にはミニ飛行場もあり、自家用機での訪問も可だとか。

ヴェネツィア生まれの劇作家、特に喜劇作家として知られるカルロ・ゴルドーニもここの劇場を使用したとされ、彼の作品の登場人物を模した彫像も庭園に。

R0016009_convert_20101130184827.jpg

そして、ドミニオ・ディ・バニョーリという名で造られるワイン。同地の特徴は言うまでもなく、ここパドヴァ近郊でのみ生産されるフリウラーロFriularoという小粒のブドウの品種から造られるワイン。

R0016026_convert_20101130184945.jpg

収穫が大変遅く、11月11日のサン・マルティーノが過ぎてからの収穫される唯一の品種。ワインの収穫の時期となるとその恵みを喜ぶ祭りとして、各カンティーナで開催されるヴェンデミニアVendeminiaも、同カンティーナはイタリア国内で常に最も遅い時期となるのだという。今年もこの祭りはフェスタ・デル・ヴィン・フリウラーロFesta del Vin Friularoとして11月第3日曜日の21日に行われたそうだが、大雨のなか、1,500人もの人が集まり、盛大に執り行われたのだという。

R0016030_convert_20101130185547.jpg

ワイン畑には、パドヴァ大学の持ち株のブドウも30種ほどが研究及び保存目的で植栽されている。

さて、ワインの品種はというと、フリウラーロ100%をはじめ、各地で広く作られる、ソーヴィニオン、シャルドネイ、カヴェルネ、メルロー等々もあり、それぞれの配合の違いから全14種。ただし、同カンティーナの特徴は、それぞれ全てに土地色を出すフリウラーノ種が少なくとも10%は入っていること。これが個性、カラーを出している。何にでも入れちゃう的な発想は、いかにもイタリアらしく、またイタリアワインを体系化しずらくしている原因でもある、との指摘もあるようだが。(←同行していたソムリエさん談)

でも、カンティーナの一部、貯蔵樽置き場の一角をくりぬいて設えた試飲コーナーでいただいた2001年もののフリウラーノは甘く濃く、非常にバランスのよい格調高き美味しいワインだった。

R0016029_convert_20101130185011.jpg

R0016033_convert_20101130185038.jpg

この日は前夜の突然の訪問の申し出を心よく引き受けてくれた(通常はムリらしい)のは案内役の同社マリカさん。私たちの一行に加わった若き日本人料理人のMくんの素直な興味からの一言「シャンパーニュ仕立てをぜひ飲んでみたい。」との申し出に、一瞬ピクリと顔色が変わりつつ、断りの言葉を探しながらも最後には栓を開けてくれた。(その翌日に、こういう訪問は定型ではないのよ、と遠まわしながら丁寧な挨拶のメールあり。)

R0016002_convert_20101130184802.jpg

敷地内には、パドヴァの誇る美しいトサカが目印のガッリーナ・パドヴァーナも飼育されている。セサミ・ストリートみたいな足まで美しい毛に覆われた君は、豪快な体と顔つきのわりには。カメラを向けると近づいてくるお茶目さん。
R0016021_convert_20101130184918.jpg

春先は、ここは美しいバラの花が咲き乱れ、さらに美しい風景となるらしい。

R0016046_convert_20101130185129.jpg

Dominio di Bagnoli
Piazza Marconi 63, Bagnoli di Sopra, Padova
Tel; 049.5380008
関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Produttore/生産者
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<ザエッティZaetti | top | ブラーノ島のレース>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/307-818fe950
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)