FC2ブログ

パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



ザエッティZaetti :: 2010/12/01(Wed)

ヴェネツィアの、ヴェネト州の焼き菓子。その特徴は、トウモロコシ粉を使用すること。
ここでは、どんな料理にもポレンタが付きもの。アンティパストにもセコンドにも。肉でも魚でも何にでも皿の上にはポレンタがのっかっているのは、全く珍しいことではない。

で、ドルチェにしてもそう。土地ならではのドルチェには、やはりトウモロコシの粉も使われる。その代表選手がこの焼き菓子。

タイトルには、ザエッティとしたが、ザッレティZalleti、ザレティZaleti、ザエティZaetiなどとも発音される。
ともにこの語源は、イタリア語で黄色にあたる“ジャッロGiallo”がヴェネト風にGの発音がZに濁り、Giallo(ジャッロ)→Gielletto(ジャレット)→Zaeti(ザエティ)という風に変化している。

R0015962_convert_20101130224844.jpg

R0015955_convert_20101130224820.jpg

材料はトウモロコシの粉、小麦粉、卵、砂糖、バター。トウモロコシの粉と卵黄の色で生地も真っ黄色。
その昔はバターではなく、豚の脂であったことと想像されるし、最近では口あたりを軽くするため、重層の類を入れるレシピのほうが一般的だが、やっぱり口あたりはボソボソ・ガリガリ系。土地に住んでいない以上、こういうお菓子に巡りあうと美味しいという人とそうでない人と真っ二つに分かれるところ。

R0015966_convert_20101130224907.jpg

形は楕円形(になっちゃった)風からひし型に近いもの、長細い舌みたいな形、そして“エッセ”。
“エッセ=S”ということで、S字をしている。ヴェネツィアのお菓子ならでは、カナル・グランデを模したもの?…いや、違うと思う。いや、そうかも…。

ちなみにヴェネツィアの町を歩くと、お菓子屋さんのガラス越しに並んでいる大きな焼き菓子の山には、このザエティは必ずやあるもの。手の平くらい大きいものもある。

R0014570_convert_20101201222320.jpg
関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Dolce/ドルチェ
  2. | trackback:0
  3. | comment:3
<<ステファーニアのお料理教室 Novembre編 | top | ドミニオ・ディ・バニョーリDominio di Bagnogli>>


comment

ザエッティ、すごく美味しそうですね!またいつか、そちらに行けたら絶対食べたいです。。写真眺めてたらなんだかお腹空いてきちゃった(笑)
  1. 2010/12/02(Thu) 04:08:55 |
  2. URL |
  3. hiroko #-
  4. [ 編集 ]

これがなんとも素朴で、クセになる味なんですよね~。でもザエーティは個人的には、小さめのが好きです。

ちなみにカナルグランデは逆S次型なので違うかも・・・。
  1. 2010/12/02(Thu) 08:41:18 |
  2. URL |
  3. Fumie #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

hirokoさん
写真見ててお腹がすくとは光栄です(笑)。次はいつ来られますか。待ってますよ~。

fumieさん
私も好きです、もちろん。そしてやっぱり小さいやつ。エッセは逆さにしたら…と思ってたけど、逆さにしても逆Sにはならないんですね。ということで、訂正。
  1. 2010/12/02(Thu) 16:24:26 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/308-b5894151
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)