パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
おばあちゃんのポルペッティ :: 2009/08/31(Mon)

義母の家に数日滞在。パドヴァからユーロスターでナポリまで約5時間半。日本の新幹線にあたるユーロスターも最近はさらに高速度を増し、サービスもそして車内整備も、そして遅延も少なくなり電車の旅も随分と快適になった。(ユーロスターでの旅に限っては)社内アナウンスでも「車内での携帯電話の使用は他の乗客の迷惑にならぬように注意」などと日本では聞きなれたフレーズもここイタリアでは新鮮。

とはいうもののローマ以南ではガラリと変わるイタリアの事情はやはりここでも同じ。ローマまでは順調に進んでいた電車も急に速度ダウン、冷房は止まり線路の真ん中で停車。停車理由を説明するアナウンスもないまま暑い車内を乗客はウロウロするのみ。結局ナポリには約40分の遅れで到着した。30分以上の遅れだと乗車料金の50%が返金される、ということを知り、途中からは遅延を願う態度に皆が急変した。

夫の実家はナポリ郊外にある小さな町。北とは全く異なる乾いた土地が広がる。ノッチョーラ(ヘーゼルナッツ)がこの土地の特産で見渡す限りにノッチョーラの畑。そしてトマトの水煮缶を缶詰めにする工場が集まるこの地域では、収穫したトマトを積んだ埃まみれの大型トラックが行き来する光景がある。

80歳を超える義母は、一人で暮らしているが、近くに親戚やら知り合いがたくさんいて彼女を気遣い毎日家を出入りする人が絶えない。人が集まり食事をする機会も多いのだが、彼女のスペチャリテ、得意料理のひとつがポルペッティ(肉団子のトマト煮)だ。

IMG_3584.jpg

私も今までに何度も口にしたのだが、本当に美味しい。柔らかくてしかも肉が美味い。煮込んだソースも格別でソースはパンで皿のソースをぬぐい取るようにしてまで味わう。あまり行儀のよい行為ではないのだが、これも家で食べる楽しさ。

柔らかく仕上げる秘訣は水で浸して柔らかくし、それをしっかりと絞ったパンをたっぷりと入れること。ハンバーグをつくる際などにパンを水や牛乳に浸して加えるのは知られているところだが、彼女のポルペッティに入るパンの量は結構な量がある。でも、仕上がりが美味くなるのは、肉の美味さとこの加えるパンの美味さにもよると思っている。

ナポリ周辺で食べられるパンは北のそれとは違い、大きな素朴な形が特徴、そして素朴な粉の美味さがある。1週間も日持ちのする(そして美味しい)ここのパンは私も大好きで南へ行く度に重いながらにも必ず持ち帰るもの。美味いパスタの産地、グラニャーナのあるこの地域は、小麦の産地でもある。美味しい小麦のできる土地ならではのパンの美味さなのだろう。

さて、私たちの到着した昼食のテーブルにも、もちろん出されたこのポルペッティ。やっぱり美味しい。私が一生懸命に真似てもなかなか同じようには仕上がらない、彼女秘伝の味だ。

それにしてもこの日の食卓に集まった人たち、女性たちは皆太りすぎ。テーブル左側に陣取った彼女たちのよく肥えていること。圧巻。

IMG_3582.jpg

IMG_3581.jpg

関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 料理・素材
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<トロペアの赤タマネギCipolla Rossa di Tropea I.G.P | top | カンティーナPigafetta/ピガフェッタ>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/31-cd38720f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。