パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



イタリア都市生活の質ランキング Qualita’vita-2010 :: 2010/12/08(Wed)

毎年この時期に発表されるこのランキング。生活の質を生活、仕事、環境、衛生(保健)サービス、公共施設の整理・秩序及びサービス、住民の質(?)、余暇などなどについての項目をポイント制で順位をつけている。107都市を対象としている。

Top10は
1. ボルツァーノ(トレンティーノ・アルト・アディジェ)
2. トレント(トレンティーノ・アルト・アディジェ)
3. ソンドリオ(ロンバルディア)
4. トリエステ(フリウーリ・ヴェネツィア・ジュリア)
5. シエナ(トスカーナ)
6. アオスタ(ヴァッレ・ダ・オスタ)
7. ゴリツィア(フリウーリ・ヴェネツィア・ジュリア)
8. ボローニャ(エミリア・ロマーニャ)
9. オリスターノ(サルデーニャ)
10. ベッルーノ(ヴェネト)

5位のシエナ、8位のボローニャ、そして9位のオリスターノを除くと、それらは北部イタリアに限られている。
ちなみに私の住むパドヴァは34位。

最下位はナポリ。最近ゴミ問題も再発、環境的にはあまりよろしくない南部イタリア代表都市。
不名誉なる(?)107位までの10都市はすべてが南伊に位置する州に集結している。

北部と南部を測る基準を同一ラインに乗せてはいけないことだし、また住む人のキャラクターも全く別物、生活のリズムも違うときているから、ランクだけを見て判断することはできないとは思うもの。おまけに人それぞれの価値観も違うから、なんとも言えない結果だとも思うが。

他全対象都市のランキングはこちら
http://www.ilsole24ore.com/speciali/qvita_2010/home.shtml

私は残念ながらまだ拝読してはいないのだが、世界の幸福度調査を反映してその真相を追及すべく活動・レポートしている友人の電子マガジン『住んでみた』。創刊号はランキング1位のデンマーク編。

この調査では気になる日本は82位。イタリアは40位だとのこと。良きを見て、悪しを直せ?!と日本へのフィードバックの意も含め(と思う)、現在彼はフィンランドにて取材中。

住みよい場所、環境とは自分が造り上げるものでもあるもの。人を変えるのは大変だけど、自分が変わることはできる、と最近ある人にも言われたなぁ。

さて、34位というまあ全体的に見れば中の上くらいに位置づけたパドヴァも、明日12月8日のインマコラータの日に向け、慌ただしくも街は急速にナターレ仕様へ衣替え。

R0016166_convert_20101208012733.jpg

R0016172_convert_20101208012828.jpg

明日は祝日、聖母マリアがイエス・キリストを身ごもった日とされ、この日からが本格的なクリスマスシーズン。
町中が一層華やかになる1か月だ。

R0016173_convert_20101208012900.jpg

R0016175_convert_20101208012931.jpg
関連記事


  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<バッサーノのオステリア『Caneva』 | top | シニョーラ・マリーザの料理教室>>


comment

Top10の大半が、自治州にあるのも興味深い結果ですよね。ヴェネトの各県がアルト・アディジェやフリウリに鞍替えしたくなるのもうなずけます。
  1. 2010/12/08(Wed) 22:59:41 |
  2. URL |
  3. Fumie #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

fumieさん
ハイ、そうなんですよね。
私はあまり北部都市について詳しくありませんけれど、たまに訪れるだけでも町の整備のされ方の違いを肌で感じ受けます。まあ、町それぞれの良さがあるんですけれど。
  1. 2010/12/09(Thu) 15:17:03 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/314-7f5d8d1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)