パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



バッサーノのオステリア『Caneva』 :: 2010/12/09(Thu)

またまたバッサーノねた。
パドヴァからは電車かバスでの移動が多いので、そんなときの食事処はやはりチェントロとなる。

ここは結構訪率の高いオステリア。小さな店内なので、お昼時は、うっかりするとすぐに満席になる。この日も私たちが着席した後、ドヤドヤと客が入店。みるみるうちに満席となり、何組かは断られて入店できず。

R0015814_convert_20101208165545.jpg

メニューはいつも小さな黒板に書いてある数種のみ。定番メニューがいくつか、そして季節のお勧めメニュー。日替わり。

R0015815_convert_20101208165615.jpg

この日はチーズとサラミ・ハム類、キノコとポレンタを盛り合わせたボード。
Tagliera con Funghi, Polenta, Fagioli, Sopressa, Morlacco
キノコ、ポレンタ、豆、ソプレッサ(ヴェネトの太いサラミ)、モルラッコのボード。載せたものが全て書いてあるだけ。

R0015808_convert_20101208165456.jpg

モルラッコにはEXヴァージンオイルと黒コショウを少しかけるといいよ、というカメリエーレの勧めに素直に従い、美味しくいただく。ちなみにこのチーズもヴェネトの土地のチーズ。トレヴィーゾ、ヴィチェンツァ、ベッルーノなど、山間にてつくられる牛のチーズ。バッサーノ山近辺が最もメジャーで、スローフードにも認定されている。熟成15日ごろから3か月までが食べ頃。マイルドで食べやすい。だから↑のお勧めがあったのネ。

素朴な店内と料理がよくあっていて雰囲気がよく、店のご主人も感じがいいので居心地よし。
ちなみにご主人は左側のルカ・サヴィエットLuca Savietto氏。このオステリアを持って16年になる。横で笑顔が素敵なのは片腕のアンドレア。パドヴァから通勤。

R0015822_convert_20101208165718.jpg

店名のCanevaカネヴァとは、ワインの貯蔵庫の古い言い方。

R0015821_convert_20101208165649.jpg

R0015823_convert_20101208165744.jpg

Osteria Alla Caneva
Via Matteotti 34, Bassano del Grappa,
関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Veneto/ヴェネト州
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<今日のおいしそう。 | top | イタリア都市生活の質ランキング Qualita’vita-2010>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/315-0064a036
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)