パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



マンドルラートMandorlato :: 2010/12/15(Wed)

ヴェネト州のなかでも、ヴェローナのコローニャ・ヴェネトCologna Veneto という町が最も有名なヴェネトのドルチェ。

一見、トローネと似ているが、あえてここでは“マンドルラート”と呼ぶ。

ハチミツを温め、30分ほどかきまぜながら加熱したところに泡立てた卵白を加える。しばらく休ませてから再度加熱。泡だてた卵白を何度かに分けて加えていくのだが、温度は常に一定を保ちつつ、ゆっくりと攪拌し続ける。
そこにトーストしたアーモンドやカンディート(フルーツ…シトロンがベスト…の砂糖漬け)を加えて成型して冷ます。

ガリガリッと固いのだが、ホロホロとした口あたりが特色。最近は、トローネ同様、モルビド(柔らかい)ものや、チョコレートでコーティングされたものなどもある。

お菓子の発祥はヴェネツィア共和国時代に遡る。500年代後半にはもう存在し、ドージェの間で親しまれていたものであったとは言われているようだが、定かではない。

写真のものは、ヴィチェンツァを訪れた時の出店していた、同地でも最もマンドルラートが有名なNodariのもの。
ナターレのお菓子でもあるため、店頭には多くの人だかり。

R0016224_convert_20101215034111.jpg

R0016222_convert_20101215033944.jpg

そういえば、見落としていた。機会を見つけて製造現場をぜひ訪ねてみたい。

そして、またまたそういえば、パドヴァのナターレメルカートにはなんでないのだろう、アルト・アディジェのブース。ドイツ風の黒パンやらプレッツェル、ソーセージ(あくまでもサルシッチャでは、ない!イタリア人はそう呼ぶが。)、そしてカネーデルリ。昨年もその前もそういえば、ヴィチェンツァのナターレのメルカートで買った気がする…。

R0016227_convert_20101215034143.jpg

R0016226_convert_20101215034230.jpg

関係ないけど、アンティークの屋台で見た左下、ピンクのVESPA、とっても可愛かったナ。

R0016219_convert_20101215033909.jpg

関連記事


  1. Dolce/ドルチェ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<バッサーノBAS S ANO の"S" | top | プンチョ・カルディPunch caldi>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/318-b116c38a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)