パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



Gran Caffe’ DIEMMEグランカフェ・ディエンメ :: 2011/01/13(Thu)

ディエンメ=Diemme=D&Mは、1927年にパドヴァで創業したコーヒーメーカー。創業者はロメオ・ドゥッビーニRomeo Dubbini。会社としての創立者は彼とマリオ・マラゴーリMario Malagoliで、2人のコーヒーに対する愛着から始まったもの。この2人の苗字の頭文字をとって、D(ディ)とM(エンメ)で『Caffe’Diemme』とし、美味しい質のよいコーヒーを製造販売するために、世界から豆を選定、焙煎技術をあげている。現在は3代目、孫の代に引き継がれ、現在に至る。

チェントロのピアッツァ、シニョーリ広場Piazza di Signoriの一角に昨年秋にオープンした同カフェメーカーの直営店がある。

R0016821_convert_20110113053126.jpg

全店はパドヴァ老舗のジェラッテリアだったが、これを買い取りオープンしたもの。ガラス張りの間口の狭い店だが、奥に意外と広い。

R0016810_convert_20110112232243.jpg

R0016804_convert_20110112232223.jpg

長いU字カウンターを中心にした店内には、ちょっといい感じの客層で賑わう。朝はもちろん同店のコーヒー、ブリオッシュはビアゼットのおいしいところで。ちなみにドルチェもビアゼットから仕入れたものが並ぶ。
昼は軽いランチもできるし、クロック・ムッシュやクロック・マダムなんてメニューに並んでいるところはクラッシック・カフェから見たら道を少々はずれているかもしれない。
店のコーナーにはコーヒーの販売もあり。

壁にはパドヴァの古い時代の写真が一面に飾れらている。こういう古い写真を見ていていつも感心せずにはいられないのは、今見ている風景と何も変わらないこと。変わっているのは、道行く人の服装が、昔であること。ふくらんだドレスに刺しゅう入りのパラソルを持った女性など。じっと見入っていると、自分がタイムスリップしている気分になる。

R0016811_convert_20110112232302.jpg
関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. リストランテ・食べ物屋
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<サン・プロスドーチモ祈祷所Oratorio di San Prosdocimo | top | オヴェターリ礼拝堂Cappella Ovetari(エレミターニ教会)>>


comment

わあーすてき。ここも行ってみなくっちゃ。

・・・てとこが、パドヴァでたまってますね・・・。いつ行けるかしら・・・。
  1. 2011/01/14(Fri) 08:16:41 |
  2. URL |
  3. Fumie #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

fumieさん
素敵よ、ここ。ワイン種類も豊富です。朝のカフェやカップチーノも美味しい!
  1. 2011/01/14(Fri) 22:45:57 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/332-00d85cd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)