パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



すいか屋ジョヴァンニ :: 2009/08/17(Mon)

夜、夫の友人に車で送ってもらっている途中にスイカを食べよう、という話になった。てっきり私の留守中に冷蔵庫にスイカを冷やしておいてくれているものと思っていたら、城壁沿いの簡素な仮設小屋みたいなところに駐車。???と思いながら車を降りると、そこはスイカ屋だった。

IMG_3519.jpg

店内(?)の端には大きな水槽に水が貼られ、そこにこれまた大きなスイカがゴロゴロ。テーブルを見渡すと皆が大きなスイカをほおばっている。

テーブルに着くと店主のおじさんが寄ってきて、人数を確認。しばらくすると運ばれてきたのはものすごい大きくカットされたスイカと大胆にも中心にブスッと刺されたナイフ。かなりデカイ。

この大きく切られたスイカ、スイカ好きの私には大歓迎なのだがさすがに昨日から一緒に行動しているMさん達は驚いた様子。常にテンション高めの(食べるときには特に)ご主人もさすがにお手あげ。テーブルに運ばれてきた時点で、このカットがひとりにつき1カットであることに驚きの声。
奥さまのTちゃんはもう既に食べ始めている隣のイタリア人たちのスイカの食べ方を密かに鋭く観察しながらそれに習い、涼しげな顔でほぼ完食。

このスイカはスイカの産地マントヴァ産のもの。少し楕円形の特大なのが特徴。ご主人のジョヴァンニは「マントヴァのスイカは最高のスイカ。そしてマントヴァーニ(マントヴァ出身の人)もね。」と言う。マントヴァ出身なのか、と尋ねたら、いや、そうではない。なんだかオチのつかない話を陽気にするちょっと変わったおじさんだった。

IMG_3521.jpg

時間は午前12時近く。こんなシンプルな(半分潰れかけたような)“すいかレストラン”。それでも結構な人がスイカを食べにやってきている。

あまりのデカさに圧倒されて食べる前の写真を撮り忘れたが、写真は他テーブルできれいにたいらげられた後のスイカ。

IMG_3522.jpg



関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. リストランテ・食べ物屋
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<カンティーナ La Chiesetta/ラ・キエゼッタ | top | フェラゴストferragosto>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/35-aea237be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)