パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
オステリア アル・ブリンディシィ@Ferrara Osteria al Brindisi :: 2011/03/07(Mon)

パドヴァから南へボローニャ方面に向かう電車に乗ると、ヴェネトとエミリア・ロマーニャの境界線となるポー川を越して一番初めに入る都市がフェッラーラ。

14世紀にエステ家により整備された美しい市街は世界遺産にも登録されている。堀に囲まれた美しいカステッロ・エステンセやサンジョルジョ大聖堂、13-14世紀に建造された宮殿などが整然と美しく、非常に美しい町。

R0019021_convert_20110307053532.jpg

R0019029_convert_20110307053556.jpg

この町にある同オステリアは、フッラーラで一番、またイタリアでも最古(といっているが、本当かはどうかは…)なオステリア/エノテカ。

R0019034_convert_20110307053616.jpg

R0019038_convert_20110307053841.jpg

1435年に残っている記録ではすでにここはオステリアとして人々の集まる場所であったとされている。ここでの名物は、キウッキオリーノ(コノハズク/フクロウ)。現在のメニューには残っていないが、15世紀の土地の高名人たちの集う場だったという。

現在のこの店のインテリアと化しているのが、壁いっぱいに並べられたワインをはじめとするアルコールの数々。それも、ホコリをうっすらとかぶっている。そのホコリまでもが景観のひとつ。

R0019036_convert_20110307053637.jpg

R0019040_convert_20110307053719.jpg

日本酒もこのなかに隠れてもいる。

食事はもちろんだが、このバンコで一杯。なかなかオツで良し。

R0019048_convert_20110307053758.jpg

Hosteria Al Brindisi
Via degli adelardi, 11 Ferrara
Tel; 0532.471225
関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Italia他の町
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<Carnevale a Venezia in Piazza San Marco | top | ひなまつり…だったね。。。>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/361-77c5331b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。