パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



かぼちゃのトルテッリーニ マントヴァ風 Tortellini con la zucca alla mantovana :: 2011/03/10(Thu)

お料理教室、今回はフェッラーラ郊外に自宅を持つ友人の料理家のキッチンにて。アンティパストからドルチェまで、ヴェネトとエミリア・ロマーナの料理を組み合わせてメニューを仕立ててみた。

今回のプリモ・ピアットは手うちのトルテッリーニ。中身はカボチャを入れるのだけれど、ここであえてマントヴァ風といわせているのは、マッシュしたカボチャとそこに少し加えるアマレッティ、そしてマントヴァ風のモスタルダが味の決め手。

R0018975_convert_20110310035313.jpg

R0018964_convert_20110310035251.jpg

着いたらすでに準備してあったのが、カボチャの丸焼き。

R0018897_convert_20110310035106.jpg

オーブンで小一時間焼いたというカボチャは皮は真っ黒焦げだけど、中は甘くてホックホク。茹でたり蒸したりするとどうしてもカボチャが水っぽくなってしまい、私もカボチャでニョッキやら詰め物をするときには、いつも失敗を繰り返していた。こうすると甘さも倍増、余分な水分も飛んでいってしまう。

そして、こちらのモスタルダ。

R0018900_convert_20110310035225.jpg

R0018906_convert_20110310035156.jpg

彼女のお手製。マントヴァ風にフルーツを切ったものを砂糖煮してマスタード液で最後煮てできあがる。個人的にあまり得意でないモスタルダも(あ、食べる側として)、これまた美味。繊細な甘さと辛さ。カボチャと組み合わせたのは、こちらのリンゴで、もうひとつのはオレンジ。
彼女のパートナーはこの土地出身だが、私が賛美したこのモスタルダ、彼にとっては辛さも足りなくてそんなに絶賛する代物ではないらしい…。

仕上げはもちろんバターとサルビア、皿に盛ってから少しだけ添えた、おろしたグラーナがとっても美味。

R0018991_convert_20110310035335.jpg
関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Corso di cucina/料理教室
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<バッカラBaccalàとストッカフィッソ Stoccafisso | top | カーニヴァルも終わり>>


comment

Zucca tortellini

こんにちは!私たち、家族で3年間、ブレシアに住んでおりました。今はポルトガル領のアゾレス諸島の小さな島に住んでるため、美味しいイタリアンが手軽に食べれなくなってしまいました。。。それで、自分たちで大好物のズッかトルテリーニを作ろうと検索したところ、こちらのサイトにヒットしました。しかも、同じ新潟県出身ということで、メッセージせずにいられなくなってしまいました!
近いうち、トルテリーニを作るつもりなので、もし、分量などのレシピ教えていただけたらとってもうれしいです!
ちなみに、私は新潟県五泉市の出身です。
  1. 2012/02/01(Wed) 04:00:55 |
  2. URL |
  3. つぼかわなおこ #fyjMBGy.
  4. [ 編集 ]

Re: Zucca tortellini

つぼかわさま
こんにちは。メッセージありがとうございます。ブレーシャも素敵な町ですけれど、なんだか今もいいところにお住まいのようですね。トルテッリーニのレシピ、探してみます。
私のemailまでご連絡くださいませ。
最近、新潟県人とよく遭遇しています…
  1. 2012/02/01(Wed) 17:43:44 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/364-2d0e34eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)