パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



成長の記録 :: 2011/04/17(Sun)

昨年9月から幼稚園に通うようになり、今やすっかりお姉さん気どり。近所の男の子に「ちびっこ」と言われるたびに悔しくて半べそをかき、家の下にひとつだけあるブランコの取り合い合戦に負けては大泣きし(競争相手は年上の男の子だけど)ながらも、少しずつ世間慣れもしてきている…のかどうなのか。

我が娘びおらちゃんの通う幼稚園はパドヴァ市立の公立幼稚園。イタリア国内の移民問題を反映するかのごとく、クラスの4割ほどは外国人。何が困るのか、って幼稚園の帰り路、お友達の話をしてくれるのは嬉しいのだが、その友達の名前が難しい。彼女の話す言葉(子供の言葉、という意味で)の聞き取りずらさに加え、イタリア人の名前なら想像もつくが、そうでない場合はほとんど聞き取り不可能。何度も聞き返した挙句、判らないでは済まされず、ご機嫌は急激にどん底まで急降下。
それを防ぐべくそれこそ耳をダンボにするのだけれど、解らないものは解らない。困った挙句、担任の先生にクラスのお友達の名前をすべてリストにしてもらった。あー、それなのに、そこにない名前も口に出すのだからほんとに困る。

幼稚園では、定期的にいろいろな特別プログラムを組んでいて、先週末にそれらの活動をまとめた小冊子をつくったものを手渡してくれた。

R0020408_convert_20110417045449.jpg

R0020412_convert_20110417045518.jpg

活動内容は、音楽・図書館(本を見、読みながらそのイメージについて話をしたり絵を描いたりするらしい)・図画工作。3つの冊子を家に持ち帰って中に写真なども貼ってあったりして、これはどうだのこうだの、これは自分が描いたものだよ、と自慢気に話すびおらちゃんはとても誇らしげでした。

パスクアが終わったら、私にもこの活動に参加する役目が回ってくる。お題は、「日本の文化を紹介する」各国のマンマが順番に子供たちに紹介することになっていて、日本代表は必然的にこの私。1時間ほどなので、簡単な折り紙でもやるのが邪道だろうと考えてはいるのだが。せっかくなので、着物を着て言ったらどうか、とイギリス人の友人が貸してくれたので(私はひとつも持っていないのに)、それをお借りすることにしている。ちなみに本来はもうこの発表、終わっていたはずなんだけれど、予定の日はまたしてもショーペロ(ストライキ)で延期に。1か月に1回くらいの割合でストライキを起こしてくれるここの先生たち。これも困っちゃう。

R0020440_convert_20110417045550.jpg

R0020433_convert_20110417062150.jpg
関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 子供
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
<<アグリムゼオ“ラ・マッセラーラ” Agrimuseo “La Masserara” | top | お理教室 パスクア編>>


comment

アニメとかゲームはどう?

最近SKYPEで知り合った海外の人は、みんな日本のアニメとゲームに強い興味を示していてよ。秋葉原にはぜひ一度は行ってみたいとも言っていた。

突然のコメント失礼しました。
  1. 2011/04/17(Sun) 09:04:27 |
  2. URL |
  3. やまうち #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

やまうちさーん
もちろん、日本のアニメはとっても有名です。子供はもちろん私たちと同年代の人たちも、すべて日本のアニメで育ってます。え、こんなのも~~~~??というものも。現在も”なつかしの~”というものもしっかり放映されてます。
  1. 2011/04/19(Tue) 08:23:53 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

あきさーん

びっくりだよね。そこまで知ってるの?というくらいに浸透してます。

otaku
anime
pokemon

あたりはもう世界で通用する言葉なのかもしれません。
  1. 2011/04/22(Fri) 22:45:28 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

まったくです。ここでやっているアニメは昔懐かしもあるけど、私ももうすでについていけないものもあったりしてます。。。
  1. 2011/04/25(Mon) 07:14:32 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/379-62780d7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)