パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



ビストロ ル・ヌメロ21 Le numero 21 :: 2011/06/12(Sun)

パドヴァに唯一だと思う(とは断言できないけれど)フランス風のビストロがある。パドヴァのチェントロ、ピアッツァ・デッラ・フルッタに面したテラスとそこに続く小路の路面店。

2年ほど前にこの路面店にフランスからの食材やパンなどを置くカフェ&物販をしていたが、気づいたら食材関係の販売はなくなっていて、ちょっと雰囲気のあるバールになっていた。

季節がよくなりピアッツァに面した一角でビストロをオープン。近いのに遠いフランス風の料理を出すちょっとこの界隈では珍しいタイプの店だ。

店の肩書きとしてはイタリアン・フレンチビストロ Bistrot Italiano-Ftancais となっていて、メニューはフランスっぽい(あくまでも想像の範囲だけれど)内容。

キッシュとかクロック・ムッシュとか、何だかずいぶん長いこと耳にしなかった料理(?)名を目にしているような気分。

そういえば、それほど珍しいものでもなかったはずのメニュー達が、妙に新鮮に見える。イタリアとフランスって近いのに(というか隣接国なのに)、遠く感じる国のひとつ。

メニューはキッシュ、サラダ(メインディッシュとなり得る大サラダ)各種、肉・魚のグリル各種、オムレツ各種、フランスオリジナルメニューとして、コッツェ(ムール)の蒸し煮、ジャガイモのピュレのオーブン焼き、オニオン・スープなどなど。

コッツェは可愛い壺型の器にバターの風味たっぷり、アニスの香りをつけて。ジャガイモのフライをお伴に。

R0021874_convert_20110611080211.jpg

タマネギとエメンタールのシンプルオムレツ。

R0021890_convert_20110611080249.jpg

ジャガイモとラグーのオーブン焼き。

R0021882_convert_20110611080230.jpg

コントルノはラタトゥイユ。

R0021894_convert_20110611173715.jpg

他にピッツァ、フォカッチャ、パスタなどもあり。私は夜に利用したけれど、個人的にはランチ利用がお勧め。パンはとても美味しかった。

R0021865_convert_20110611080148.jpg

ワインはフランスワイン、イタリアワインとも各種あり。


Le Numero 21
Via vincenzo Stefano Breda, 21 Padova
Tel; 049.651.716

こちらは路面店カフェの様子。

R0021909_convert_20110611080343.jpg

R0021913_convert_20110611080404.jpg
関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. リストランテ・食べ物屋
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<幼稚園は夏休みへカウントダウン | top | はじめてつくったトルタ>>


comment

あきさん、ごぶさたしちゃいました。

コッツェにバターって、なんともフランスっぽいですよね。
私が最近こちらで食べたビストロでは、ポロ葱もたーっぷり入っていました。

こういう雰囲気のお店があるって、やっぱりパドヴァって都会だなぁと思います。
このエリアって、小洒落たお店が多くて素敵ですよね~



  1. 2011/06/16(Thu) 00:02:35 |
  2. URL |
  3. kyoko #MFXbwpwQ
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

kyokoさん
こちらこそ、ご無沙汰です。コッツェにバターも美味しかったけど、やっぱりいつものパターンが好きかも。最近できる新しい店はみんな小綺麗・個洒落た感じが多いですね。まあ、いろいろあっておもしろいです。
  1. 2011/06/18(Sat) 13:06:15 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/423-3d41f873
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)