パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



Tartar(タルタル)の仕事 :: 2011/08/14(Sun)

トレヴィーゾの老舗レストラン、レ・ベッケリアLe Beccheriaにて。ここはティラミスの生まれた店だと店側が公言していることで大変に有名な店だが、地元の人にも大変根強い人気の正統派レストラン。

冬場はトレヴィーゾの特産、ラディッキオ・ディ・トレヴィーゾを使った料理が定番メニューに入るが、夏場にはなつらしい爽やかメニューも並ぶ。

暑い街歩きでお腹のなかから身体を冷やしてくれて気持ちもすっきり。ガスパチョ。

R0024303_convert_20110814143253.jpg

そして、牛のタルタル。「“ベッケリア”というくらいだから…。」と目の前で見事に最終仕上げをしてくれる店の主人のカルロさん。2本のフォークを巧みに操り、鮮やかな手つきで生肉に調味をして絶妙な味加減に仕上げるのは、さすがサービスのプロ。かっこいい。
ちなみにベッケリアとは、肉屋のことを指し、同店の創業時、ここは肉の市場があったことからその名がある。

R0024308_convert_20110814143314.jpg

ボウルにマスタード、オイル、卵黄をよくかきたて、いずれも細かく刻んだケイパー、たまねぎ、アンチョビが加わる。加えるたびに手早くフォークがまわる。続いて肉を投入。リーペリンソース、タバスコ、レモン汁、塩、コショウで味をつけ、お皿に一口の味見をさせて客がOKサインを出したらできあがり。

うまく攪拌されて肉同士がつながってふっくらと表現したくなるようにこんもりと盛られたそれは、添えられたカリカリの熱いトーストに載せて食べてみて、と勧められた。トーストの熱に肉が少しだけとろけてこれまた美味い。もちろん冷たい肉をそのままでも。
シンプルで贅沢なひと皿。

R0024312_convert_20110814143333.jpg
関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 料理・素材
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
<<真夏の夕暮れに… | top | 詰め物パスタに思う、つぶやき。>>


comment

お暑うございます。。。

タルタルいいなぁ~
日本は今、お肉の生食禁止ブームなので、お店ではほとんど食べられないんだよー

ところで、こういうう場合はイタリア人も生の玉ねぎ食べるの?
テーブルでサービスということで、入れるのを断る人も多いのかしら??
  1. 2011/08/14(Sun) 14:43:06 |
  2. URL |
  3. kyoko #MFXbwpwQ
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

kyokoさま
たまねぎは、そのあまりの手早さに、入れちゃってからあっと言う間に肉に混ぜられちゃってますが、ワゴンが運ばれてきた時点で断る人もいるかもね。
実は、タルタルを食べるたびにkyokoちゃんのことが頭に浮かんでます。
  1. 2011/08/14(Sun) 14:55:26 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

お返事ありがとうございます♪

でも、もう少し可愛らしいも食べて思い出して~(笑)
  1. 2011/08/14(Sun) 15:06:53 |
  2. URL |
  3. kyoko #MFXbwpwQ
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

kyokoちゃん
いひひ。タルタルも十分可愛いです。お腹には。笑。
  1. 2011/08/15(Mon) 19:19:36 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/456-3d0ba45b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)