パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
Ristorante Pizzeria La Cova :: 2011/09/09(Fri)

古くからある同地のレストランは、ここ数年オーナーが変わりがちだった。以前はリストランテ・ピッツェリアという名を冠している手前、内装も軽い感じでメニューもピッツェリア傾向の強い内容に偏りがちで特に地元客の足が遠のきがち…。とそんな店をテコ入れしたのが、今年の6月より同店のオーナーになったダンテさん。

R0024738_convert_20110909135213.jpg

パドヴァの老舗カフェであるカフェ・ペドロッキでカメリエーレとしてサービスを長年務めた後、パドヴァ市内(郊外、チェントロ)で2軒のレストランを経営した後、現在の店のオーナーになる。

パドヴァ生まれの彼ならではのメニューの改編。パドヴァ及びヴェネトの地元定番料理をメニューに再度据え置き、さらに少しのアレンジを加えたメニュー群に変えたところから客足も好調。私が訪れたこの日は天気もよかったことから、テラス席は満席、店内も地元客で埋まっていた。

店のお勧めに従って、注文したのがパッケリのカルボナーラ。パンチェッタとそして、エビをミックスさせたアレンジ版。皿のボリュームも結構なもので、久し振りに食べたカルボナーラはお腹にもボリューム満点で同日夕飯になってもお腹の空く余地もなかったほど。

R0024756_convert_20110909135308.jpg

シンプルにスパゲティ・ボンゴレ。しっかりしたアルデンテにボンゴレの汁をたっぷり絡めて、やっぱりシンプルながらに美味い。

R0024751_convert_20110909135251.jpg

セコンドは肉6品、魚11品が揃う。注文したのはトンノ(マグロ)のタリアート。ヴァルポリチェッラを詰めた甘みのあるソースとラディッキオのマリナータが添えてある。

R0024762_convert_20110909135338.jpg

ドルチェももちろん店の手作り。できたてのティラミスとクレーマ・カタラナ。

R0024792_convert_20110909135410.jpg

R0024782_convert_20110909135353.jpg

サービスも非常に洗練されて気持ちがよく、お値段も気張るものでないところが嬉しい。

R0024797_convert_20110909135428.jpg

R0024744_convert_20110909135233.jpg

Ristorante pizzeria La Cova
Via Calvi, 20 Padova
Tel; 049.654312
関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. リストランテ・食べ物屋
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<モディカ産チョコレートCioccolato di Modica | top | 秋の空 in バッサーノ>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/470-b7be546b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。