パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



忘れないリボッリータ :: 2011/11/03(Thu)

先日、やってしまいました。電車の大幅乗り間違え。たまにやっちゃうんだなー、これが。それも決まって場所はBologna。

ボローニャでの間違いは2年前に遡る。その当時まだよっちよち歩きだったびおらを抱えてパドヴァを訪問してくれた2人のお客様と日帰りの遠出旅行。1月の寒~い季節に、準備万全にチケットをパドヴァへの帰りまで予約した。…はずだったのに、乗る5分前に余裕綽綽でチケットに刻印しようとしたら、それは3名用ではなく、1名用のチケットだった。ガーン!!!! 

慌ててチケットを買い直し、買ってあった1名分のものに関しては書き換えてもらって次のパドヴァ行きの電車まで待つこと30分強。
出発時刻とホームの確認をし、来た電車にそそくさと乗り込む。しばらくすると車掌さんが来て検札。チケットを見て「この電車、間違ってるよ。これ、ミラノに向かってるから。。。」ガーン・ガーン!!!!ヴェネツィア行きに乗らなければいけないはずが、ミラノ行きに乗ってしまっていたのだ。運悪く同じ時刻にミラノ行きとヴェネツィア行きがあったのだ。次の駅で降りて再度ボローニャに戻り、今度こそは間違えないようにパドヴァ行きへ…。

寛容な方たちのお伴でびおらの同行も許していただき、途中いろいろと世話を焼いていただいたりなんかしていたにも関わらず…。一度目の失敗で「大丈夫・大丈夫!!遅くなっちゃうけど、ホテルの隣のマックくらいは開いてるから、そこで結構気に入った温かいカプチーノでも飲むわ!」なんておっしゃってくれていたのを、ついには「カップうどんを持ってきてるから、それで問題なし!!」とまで格下げさせてしまって、もうどうお詫びをしていいのやら、本当に参ってしまった。あの節は、本当にごめんなさい。

それで次は、つい2週間ほど前のこと。やはりボローニャで乗り換えてモデナに行くはずだった。日中から結構時間が遅め遅めとなっていたから早くモデナに着きたかった。ので、ボローニャに電車が止まるとすぐに地下の通路に降りて乗車ホームを確認。…のはずが、ボローニャの駅って、ホームが2段階に分かれていて、東西のラインは別仕立て。慣れない駅だったのであっちでもない、こっちでもない、と走ってやっと辿り着いたと思ったら目の前で電車のお尻がと遠ざかっていく…。
他にもヴェネツィア方面からの乗り換え客が、おそらく同じような行動をとって同じタイミングでホームに息を切らせながら辿り着き、走りゆく電車を見送っている…。怒りの矛先を誰かに向けたくて、近くにいた掃除のおじさんに噛みつく。こういう場合は自分の失敗を棚にあげるのが常で、私も同じく行動を伴にし、大声を張り上げたらなんとなく気が収まって次の電車を静かに待つことに。

で、その翌日。ボローニャで乗り換えてパドヴァに帰るはずだった。高速電車のチケットを買い、さあパドヴァへ帰って食事でもしましょう。…なーんてその食事風景を頭に描きながら、来る電車を待つ。ホームに電車が入ってきたので、いそいそと乗り込み指定の席へ。5号車の~~~~なんて探していたら、え?5号車、食堂車?!おかしいですねぇ、チケットの見間違いだワ…。なんて言ってもう一度目をこらして、目をこすって遠くにかざしてみたりしても、やっぱり5号車。やってくれるわ、treitalia。また座席間違い?!なんて、あくまでも他人のせいにしようとしていた矢先、食堂車の乗務員に「シニョーラ、どうしたの?チケット見せて。」と声をかけられたので、「変だわねぇ、確かに5号車になってるわよねぇ。」と、ここでもまだやっぱり他人のせいにしていたら「この電車、ローマに向かってるよ。」
え~~~~、ガーン・ガーン・ガーン!!!!!次の停車駅はフィレンツェ~~~~。あーーパドヴァはどこへ~~~~。

もうとにかく車掌さんのところへ行け、というので、半泣き(まではいかないけど)で車掌さんの部屋へ。翌早朝の予定もあるのに、パドヴァへ戻れなかったらどうしよう…と頭がグルグルしながらとにかく状況を説明。どうやらヴェネツィア行きの電車の到着ホームが変更になり、運悪く同じような時間帯にそのホームにローマ行きが到着したらしい。私たちの乗るべき電車は反対側ホームに到着していた。それも定刻に。もう、これは私の不注意としかいいようがないのだけれど、車掌さんが私のガックリ度に共感してくれたのか、その場で敏速な対応。

次の停車駅はフィレンツェで、おまけにパドヴァに戻る最終便はある(ホッ!)。とにかく乗客サービスの窓口に行ってこのチケットを持っていって事情を説明してください、とのこと。おまけのおまけにその車掌さん、フィレンツェの窓口に電話までかけてくれてコレコレ云々…と事前情報まで流してくれる大サービス。いい人にあたったことが救い。
フィレンツェに着いて電車を降り、食堂車及び近隣の車両にいた乗務員にガンバレヨ~の笑顔の声援を受けながらとにかく窓口へ。
また初めから説明かぁ…と思いながら駅員に話し始めたら、興奮再燃。運よく、先ほど電話を受けてくれたおじさんが鼻眼鏡の顔をこちらに向けて対応してくれ、めでたくパドヴァへの最終便の高速電車へ駅員が書き変え終了。ハプニングの後だけに、興奮冷めやらず、知る限りのお礼の言葉を連発して、窓口を後にする。

ここで、電車までの時間が1時間半弱。私の失敗も楽しく受け取ってくださった今回の私の同伴のTさん。思いもよらずフィレンツェに来ちゃったことだし、このまま帰るのも…ということで、とりあえずは何か食べようか、と駅を出る。

駅前なので全く期待せずに、ツーリスト向けメニューでもなんでもまあ仕方がないですね、なんて話ながら歩く。仕方がないとは言いながら初めの1軒は飛ばし、もう1軒先まで行ってイマイチでも諦めよう、と先に進んだら東京にも店舗のある某店。じゃ、ここにしましょうか、と慌ただしく入店して慌ただしくテーブルに行き、「とにかくね、あまり時間がないのよ、赫々云々…プリモだけ食べて帰るから…」とまた興奮気味に(興奮しなくてもいいのに)話したらこの仕事歴長そうないい感じの初老のカメリエーレが「大丈夫ですよ~」と言うのでとりあえず腰を下ろす。
腰を下ろしてようやく周囲を見る落ち付きを取り戻したら、おごそかに食事をしている日本人カップルばっかり!!!!!どっきりカメラかと思った。

…ということで、思いがけずに無賃同然でのフィレンツェの旅で食べた、リボッリータ。そしてTさんのチンギアーレのラグーのタリオリーニ。

R0025915_convert_20111103200151.jpg

R0025918_convert_20111103200214.jpg

すごい勢いで注文してそれにも勝る勢いで食べ終えたら今度は時間が余り過ぎ。セコンドを頼むほどでもないので、チーズの盛り合わせでも、とイレギュラーな要望に例のカメリエーレが「急ぎだから私がキッチンに行って準備してきます。」とひと皿を用意してくれた。

これも無事に食べ終えて、またガサガサと席を立ち、厨房横にズカズカ入っていって会計を済ませ、店を後にした。

長い一日とフィレンツェ料理。きっと忘れないだろうなぁ、と思う。そして、もう少し落ち着いて行動しろ、私。
関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:8
<<イタリア北西部大雨被害 | top | モデナにて>>


comment

お疲れ様でした

いやーお疲れさまでした!どこもかしこもいい人に当たってラッキーやったね!不幸中の幸い!私も列車トラブル話したらきりが無いくらいあるわ!
  1. 2011/11/03(Thu) 22:33:42 |
  2. URL |
  3. vetrina #xDyhQIek
  4. [ 編集 ]

お疲れ様でした。でも、レストランを探すとこがAkiさんらしい。バイタリティーがあると言っておきましょう。
  1. 2011/11/04(Fri) 11:03:22 |
  2. URL |
  3. zzz #-
  4. [ 編集 ]

お疲れ様!!
確かにボローニャの駅って分かりにくいですよねー
私もフィレンツェ行きにバタバタ飛び乗った感で、すっごい汗かきました。

フィレンツェで、リッボリータ食べたよ。
やっぱり、トスカーナ料理はこういのが美味しいですよね。

※タヤリン情報、ありがとうございました。
もう少し調べてみたくなったので、新情報ゲットしたらまた連絡しますね。
  1. 2011/11/04(Fri) 16:16:33 |
  2. URL |
  3. kyoko #MFXbwpwQ
  4. [ 編集 ]

Re: お疲れ様でした

vetrinaさん
そうそう、結果オーライだからいいんだけどね。いい人に当たったことが幸い。…というか、これが全てを支配するとでも言わんばかりのここの仕組みがコワイ。それにしても興奮したわあ。久し振りに。
もう日本なんだよね。商売繁盛がんっばってー!!
  1. 2011/11/05(Sat) 15:02:05 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

zzzさま
アクシデントはつきものですが、写真を整理していてフィレンツァの皿が出てきて思い出して興奮してしまいました。。。でも、美味しかったです。笑。
  1. 2011/11/05(Sat) 15:03:31 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

kyokoさま
基本的に自分の動線以外をムシしている自分が悪いだけなのです。あっという間のイタリア滞在でしょうが、残り数日、楽しんでね。またご連絡お待ちしてます。
  1. 2011/11/05(Sat) 15:05:14 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

きっと私達の事ですね^^あの時の事はとてもいい思い出ですよ!思い出して大爆笑しながら記事よみました^^ボローニャでの事は今でも鮮明に覚えています。細かい所まで(笑)だからこそ夜中に一人で大笑いです。。。私、すごくのん気にしてましたよね~。こちらこそあの時はごめんなさい!!でした(笑)。
  1. 2011/11/06(Sun) 02:50:39 |
  2. URL |
  3. hiroko #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

hirokoさん
あの時は本当にごめんなさいでした。思い出が吹雪と雪山と寒さとか電車ノリ間違いとか、とんでもないものばかりの旅でしたね。思い出すと笑っちゃいますが…。あ、私が笑ってる場合ではない。
  1. 2011/11/06(Sun) 02:59:30 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/496-a05f9a4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)