パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



郵便局にて :: 2011/12/14(Wed)

郵便局に用事あり、パドヴァの中央郵便局へ。

R0027248_convert_20111214124446.jpg

郵便局での手続きは待たされるもの、と相場が決まっているので初めからその気でいくため、待たされても私にとってはそれほど苦ではない。というか、仕方がないと諦めモードでいるほうが、穏やかでいられる。もちろん前後に予定などが入っている場合には絶対に行かない。手続きがスムーズに済む保障はないから。

そして待ち時間のヒマを癒してくれるのが、郵便局に設置されている売店。音楽CDや書籍などが揃っており、結構破格だったりする。子供むけの文具を中心とした簡単なおもちゃ、ビデオ、本なども充実しているので、時間を持て余す子供にはいいが、余計なお金を使うことになりやすいため、要注意。

R0027252_convert_20111214124700.jpg

R0027251_convert_20111214124631.jpg

で、この日、待ち時間に何気に眺めていた料金表。2kg以下の書留類についての表示を見ていた。料金は重さと宛先の地域により区分されている。

R0027247_convert_20111214124837.jpg

なんとなく日本を目で追っていたら…ああ、そうだった。Zona2だ、日本は…。でも、アレ?Giappone(RYUKYU)???

R0027245_convert_20111214124816.jpg

日本(沖縄を含む)という意味なのは解る。けれど沖縄をあえて琉球と表示するのか…。琉球という名称は現地では残るものの私個人的な記憶ではあまり使った記憶なし。中国や台湾では琉球と言うほうが一般的らしいから、そっちをグローバルとして採用したのかな?

ちなみにこの日の手続きは、密に貯めていた子供へのへそくりがそろそろ少しまとまってきたのでそれを預ける子供名義の口座を開くため。待ち時間約1時間、手続き約1時間強。それでも手続きが終わらずに翌日また来てくれ、と言われた。

そしてその翌日、前の日のおばさんの窓口に来てね、と言われていたのでそのおばさんの窓口前で待機。前の人の手続きが長くて、そこで30分待つ。そろそろ終わるかな~と思っていたら、職員のドンみたいなおばさんが「今やってる手続きで一度コンピューターを切ります。5分間の点検だから。」と言い廻っている。ええ~~、また待たされるのぉ?昨日から待ってるよぉ!!5分間=30分間と見る私は、いやいや、すかさずにカウンターへ直行。私の顔も手続きも覚えていてくれたので、ドンおばさんの言葉を遮って、残りの手続きをしてくれて無事終了。(後ろで違うおばさんが「私も待っていたのよ~!!」と抗議していたけど…)

ということで、めでたしめでたし無事終了。

R0027254_convert_20111214124724.jpg

R0027256_convert_20111214124749.jpg
関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 日常
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<Sant’Eustachio Il Caffè@Roma | top | ペドロッキのLEGOワールド>>


comment

郵便局と言えば、今年の1月に郵便料金値上げしてたようで、この夏まとまった量の暑中見舞いを出しに行ったら、思わぬ出費となりました。
知らんかった~。
それにしても値上がり率がすごいのよ、倍くらい。
1.6ユーロよ、一通!
去年まで0.85とかじゃなかった???
そしてクリスマスカードの季節…
例年通り出すけどさ、料金に見合うサービスも重視してほしいよね~。
それにしても立派よね、Padovaの郵便局の建物。
  1. 2011/12/14(Wed) 23:14:15 |
  2. URL |
  3. padma #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

padmaさん
私も今年の1月と前年の12月に中身が一緒の郵便を送ったらたった2週間違いなのに10ユーロ弱から20ユーロ弱に値上がりしていたので憤慨した記憶あり。おまけに今年の夏前くらいから海外への荷物を発送するのにcodice fiscaleが必要なの、知ってた?いつものように送ろうとしたら要求され、持ってる人はいいけど旅行者が送りたい場合どうするの??と聞いたら(複数人に)解らん、だと。でも、腹もたたんよ。
  1. 2011/12/15(Thu) 14:26:03 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/524-fcf83444
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)