パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



ナターレのひと仕事…終了… :: 2011/12/30(Fri)

“ナターレは家族と”というのはお決まり。ほぼ義務のように24日の夕食のテーブルには親戚の集まるどこかには居なければならない、ということで、行ってきました。ナポリ。

パドヴァを出発し、ようやく到着した夕食時。今年は近い親戚とのテーブルで総勢16名。到着してまずは一人一人に挨拶して「さあ、席に座って」と促されたら、ナターレのテーブルには必然の水牛のモッツァレッラがキラキラ・プリプリで待っていた。

R0027677_convert_20111230142420.jpg

クリスマス・イブのことをヴィジリア・ディ・ナターレla vigilia di nataleという。カトリックの国だからこそナターレはジェスーの生まれた大切な日。その前日ということもあり、24日は清めの意味もあり肉は食べずに魚料理というのが基本。

今年はプリミが2品。魚介とズッキーニのパッケリ、スパゲティ・ボンゴレ(これは定番!!)。

R0027680_convert_20111230142438.jpg

プリミの時点でもう結構満腹。合間に野菜の皿が行き交うなか、セコンド2品。バッカラのトマト煮と白身の魚(なんだか忘れた)とジャガイモのオーブン焼き。

R0027703_convert_20111230142544.jpg

せっかくだから全てを頑張って食べて、ひと通り料理が終わると、焼き栗。そしてクルミ、ノッチョーラ、ピーナッツのナッツ類とナツメ、イチジクなどの乾燥フルーツがドドンと出てくる。

あー、お腹はちきれるー!というときにこれでもか、と甘いもの。ナポリのナターレといったら、ストゥルッフォリstrufolliなしには語れない。

R0027716_convert_20111230142611.jpg

粉、卵、バター、砂糖を混ぜた生地を5-10㎜の小さな球状にして油で揚げ、それを鍋で温めた蜂蜜にからめたもの。
たいていは大きな器に山に盛り、コンフェッティ(砂糖をかためたもの)やアラザンをふりかけてある。それを端から自分の器に取り分けて、またはつまみ食い様に端から手で一粒、または数粒ずつ食べる。止まらなくなるので危険。

そして25日は肉の日。お昼のラザーニャが恒例で、今回はこれまたもうひと皿プリモと仔羊だった。25日の夜には、もうお腹が疲労…
次ぐ翌日は疲れた胃に野菜のブロードにトルテッリーニ。もうこれだけで勘弁して~~と思ったら、さらにまた肉が出てきたり…。皆しっかりドルチェも食べたりしている。

いつもながらにすごいよね、よく食べる。

こちらはびおらの従兄、アレッサンドロくん、5歳。

R0027698_convert_20111230142522.jpg

今回は行く先々に子供がたくさん、びおらは大興奮。彼女にとっては楽しいナターレだった。

ナターレの日に家にいないから、サンタさんは寄ってくれないんじゃないか、我が家には煙突がないから家に入れないんじゃないか、と毎日心配してドキドキしながらパドヴァの我が家に戻ったら、無事にプレゼントは届いていた。
文字通りに飛び上がって喜んだプレゼントは犬のぬいぐるみ。怪我していてあちこち押すと痛がったり泣いたりして、これに聴診器をあてたり注射をうち、ギブスをはめたりする。こんなに喜んでもらえると、密に用意のし甲斐もあるもんだ。笑。

「そういえば、サンタさんへの手紙には“イヌ”とだけ書いて“しゃべる”イヌと書かなかった」ことも非常に心配していたが、「サンタさんは知っていたんだぁ~~~!!!」らしい。よかったね。



関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 日常
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<2012年明け | top | buon natale>>


comment

恒例のクリスマス行事お疲れさまでした!
北からナポリまでの移動は大変だったでしょう

日本もお正月に故郷に帰って親族と食べ続けるっていうのがイタリアと一緒だね!

国は違えど子や孫を待つ親心は同じNonno Nonnaはさぞかし嬉しかったことでしょう
でも一番楽しみにしてたのはビオラちゃんかな?

  1. 2011/12/31(Sat) 15:46:13 |
  2. URL |
  3. Vetrina #9qiLvG7I
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

Vetrinaさん
年越し大騒動でした。でも楽しく過ごしましたよ。途中すごい大ゲンカもあったけど(笑)親戚一同皆がびおらを可愛がってくれるので、嬉しいことです。有難いです。
  1. 2012/01/02(Mon) 05:55:19 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/533-4597626f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)