パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



プンチョPunch :: 2012/01/20(Fri)

毎日やたらに寒くて、外を歩いていてもなんだかつらくなってくる。ので、とにかく気持ちを落ち着かせるためにも、とりあえずはどこかに座らなければ話もできない。

パドヴァチェントロのパドヴァ一の老舗カフェ、カフェ・ペロドッキ。レトロな内装も、もちろん外観も当時の名残を残しているが、この寒い中に暖房がついていないのでは?と思う寒さ。
店内だから、と着席と同時に何気にダウンコートを脱いでいたら寒くてもう一度きてしまった。暖房、やっぱり効いてないなぁと考えていたら、ホールの端で足元を温めるだけの小さな小さな温風ヒーターが2台動いていた…。そういえば、夏場はどんなに熱くても、ここは冷房機能がないので、開けっ放しだったっけ…

と、ソファに座って飲み物を飲んでいてもにわかに寒さを感じてきて、目の前のテーブルに座るおじさん3人組の飲む湯気の出るオレンジ色のグラスを見て、思い出した。あー、そうだ。プンチョ!!

R0028494_convert_20120120142624.jpg

プンチョとは、ポンチ(パンチ)のこと。以前にも書いたような気がするが、
パンチという言葉自体はもともと、ヒンディ語で“5”を意味し、アラックという蒸留酒、砂糖、レモン、紅茶または香辛料など5種類の材料からなる、インドの飲み物のことを指す。それが、イギリスに持ち込まれ、その後ヨーロッパに広まったとされている。

つまりはお酒と砂糖、果汁を合わせたカクテルのこと。

この日に飲んだプンチョは、マンダリネットmandarinettoというマンダリンのリキュールを温めたもの。甘くてちょっとほろ苦い。オレンジの皮が添えられている。このマンダリンのリキュールが、プンチョ・カルディでは最も一般的だとは思うが、他にキーナ、ラム、アンブラート、アマレット、コアントローなどなどもあり。

飲んでいるうちに、ほんとに体がポカポカと温まってきた。甘さとアルコールで指先や足先まで沁み渡る感じ。

温かいカクテルというと、その筆頭はワインに砂糖や香辛料を入れて温めるホット・ワインVin brulè(ヴィン・ブリュレ)。個人的にはやはりワインのほうが好きだけれど、風物詩としては季節に一度は試すべし。

R0028275_convert_20120120142604.jpg
関連記事


  1. bevanda/飲み物
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<ジェラート世界大会La coppa del mondo della gelateria2012 | top | あー、寒い>>


comment

こっちも寒いです

パンチの効いた飲み物だから、パンチって言うのかと
思っていたらヒンディー語からきてたんですね。
知らなかったです。
色がキレイなプンチョですね。
日本も寒いです。そして、私は焼酎お湯割りを呑んでから
寝ます。毎日オヤジ生活満喫中です。
いつかイタリア語がペラペラになってカッコ良くオーダー
してみたいです:-)
  1. 2012/01/22(Sun) 12:24:04 |
  2. URL |
  3. ケイ #xHucOE.I
  4. [ 編集 ]

Re: こっちも寒いです

パンチも効いていますが、ポンチです。ヴェネト版熱燗って感じですね~。ではでは、明日の月曜日に!!
  1. 2012/01/28(Sat) 16:53:02 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/543-5573c311
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)