パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



美味しかった!コトレッタ・アッラ・ミラネーゼ :: 2012/02/24(Fri)

料理名に土地の名前がついて正式名称となる料理っていうのは、意外と少ない。もちろん、何かの料理に○○風とつけて土地感を出すものはあるが、土地名がそのまま料理名として一般に通用する料理として知られているいくつかのイタリア料理の皿のひとつが、この料理。

衣をつけて油でじっくりと焼いていく料理だが、肉は柔らかい仔牛肉を使う。よく知られているこの料理では、たいていが肉は薄く(薄いといっても煎餅みたいには薄くない)て皿にどどーんとはみ出すかのように出す郷土料理的なものもあるが、先日ミラノで訪れたこの店のコトレッタ、ものすごく繊細で美味しい。

メニュー名はコトレッタCotolettaではなくて、コテレッタCoteletta。そして注釈でミラノ風コトレッタとはあるが、わざわざ仔牛のインパナート(パン粉をまぶした料理)とメニューのまた書き(つまり、または、ということ)にしてある。なんかいわくつきそうだ、と期待して注文した。

15分くらいかかるから、と言われて辛抱強く(結果的にはあっという間だったが)待っていたら、出てきた皿は想像していたものとは違って、上品な皿。2㎝くらいに厚く切った肉は中がほんのりピンク色。まぶした衣もしっかりと肉に密着して、上に粗塩がかかり、傍にはカボチャのピュレが添えてある。

R0029011_convert_20120223221948.jpg

火の入れが抜群で肉は柔らかくてコトレッタ・アッラ・ミラネーゼの印象が完全に変わった。

店はミラノのチェントロからちょっとだけはずれたところにある場所。店内は非常にいい感じの濃い木目とアンティークな感じ。天井が高いので空間が十分にあり、地元の良質の常連さんの通う店だ。

ついでに、この日にいただいたアンティパストはビーツのトンナート、サフランの雌しべのリゾット。どれもすごく洗練された皿。

R0029007_convert_20120223221909.jpg

R0029009_convert_20120223221927.jpg

この日食事をご一緒した知人に、いい意味で期待を裏切る皿が出てくる、と言われた意味がよーく解った。これは絶対にお気にいりの店になる!!

これは最後に食べたドルチェ。カフェのグラニータの上にふんわりマスカルポーネベースのムース、そして上には超クロッカンテのカカオのチャルダ。このドルチェはすごく新鮮だったが原形はオーソドックスなイタリアンドルチェ。

R0029015_convert_20120223222008.jpg

店はなんだかいつも閉まっているような感じだが、迎えてくれるのは暖かい笑顔。

R0029016_convert_20120223222029.jpg

関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Milano/ミラノ
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
<<Spaghetti al nero di seppia | top | カーニヴァル最終日のヴェネツィア>>


comment

That 's good !

I'd kill to get that.v-272
  1. 2012/02/24(Fri) 16:49:28 |
  2. URL |
  3. Eric Kamimura #-
  4. [ 編集 ]

おいしそう!・・・だけど、正直言って最初のお肉は「足りない!」って思ってしまいました。

最近ミラノに行くと、和食とかエスニックばかり・・・。そういえば、おいしいコトレッタ・ミラネーゼって食べたことないかも。いつか行ってみたいです。
  1. 2012/02/28(Tue) 05:02:10 |
  2. URL |
  3. fumie #-
  4. [ 編集 ]

Re: That 's good !

エリックさん
美味しそうでしょう?美味しかったです。
  1. 2012/02/28(Tue) 12:47:15 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

fumieさん
あはは。お肉は高さ3cmくらいあるの。でも、ここは2皿食べてすっきり美味しい!と終われる店かな?!ミラノの駅近の中華料理店知ってますか?名前忘れたけど、美味しかったですよ!!
  1. 2012/02/28(Tue) 12:49:52 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/556-324c7cd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)