パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



バッサーノのホワイトアスパラを訪ねる :: 2012/05/10(Thu)

この時期になるとしつこいくらいに語りたくなる、アスパラとバッサーノ。ホワイトアスパラの生産地としてはイタリアのなかでは一等地。イタリア国内唯一のDOP(生産地呼称)を取得しているブランド野菜といえる。

今回訪れたのはバッサーノで3ヘクタールほどの敷地で有機野菜を生産しているクラウディオさんの畑。

R0029717_convert_20120510120318.jpg

ここでは、一年を通しアスパラ、グリンピース、たまねぎ、にんじん、ブロッコリ、ズッキーニ、じゃがいも、レタス類、トマト、なす、ラディッキオ各種、ほうれんそう、コステなどなどが栽培されている。

アスパラは3月と4月を中心に2-3か月間が収穫時期。この時期は朝の4時ごろからアスパラの収穫が始まる。日が昇ってくる前に白いアスパラを堀起こす。

R0029732_convert_20120510120836.jpg

R0029725_convert_20120510120406.jpg

アスパラの栽培場所は光を遮断するために黒いビニールシートで覆われている。これを箇所ごとに返して特製の堀おこすひっかき棒と土をならすコテを持って収穫。一本一本土の上に頭をのぞかせている部分の根本をめがけてブチッと茎を折りひっぱる。

これがひっかき棒で

R0029753_convert_20120510121346.jpg

R0029718_convert_20120510120341.jpg

こちらが土ならし。

R0029752_convert_20120510121318.jpg

R0029735_convert_20120510120903.jpg

毎日の成長が異なるので、とにかくその日のアスパラの成長具合を見ながら収穫時期なものを毎朝順番に収穫することになる。

R0029731_convert_20120510120430.jpg

今年は春先にちょっと気温があがった時期があり、収穫時期が早かったというが、だいたい夜でも12-13℃くらいを保つようになるとアスパラがぐぐっと成長するのだそうだ。

こうして収穫ができるアスパラも収穫時期は4年ものくらいから。3年は茎がしっかりと根付くのを待ちまずは1か月間ほどの収穫期、翌年は期間をのばし…としながら7-8年目くらいのものから本格的収穫のできるもの。クラウディオさんの畑にも、これから翌年にかけてのアスパラの苗が収穫している脇のタナ数列はこの時期青々と葉をのばしている。

バッサーノのアスパラを美味しくしている理由はその地形から。近くの山合いから風通し良く流れ込む冷たい清浄された空気の流れ、この地を流れるブレンタ川の良質で豊富な水源が造り出す土壌、そしてこれらを含むことから成るこの地の空気、自然の風土が良質のアスパラを作り出す。

さて、収穫されたアスパラは作業場に持ち込まれ、きれいに掃除されて束にして出荷準備をする。

R0029744_convert_20120510123030.jpg

専用の型に太さを揃え、柳の細いさやで縛って束にする。専用の型はアスパラの太さによって数種あり、それで束の大きさが決まるのだが、一番大きな立派なものはルオータruota(車輪)と呼ばれて高値がつく。

R0029743_convert_20120510121048.jpg

R0029746_convert_20120510121134.jpg

長さは一定だが、長さを測る道具はこの竹の棒。長さが22cmで、これを横に置いて軽く束にした状態のアスパラの根元部分を切り取る。ちなみに出荷されるアスパラは18-22cmという規定がある。

R0029748_convert_20120510121230.jpg

そしてそしてここに札をつけて完成。Asparago Bianco di Bassano DOP(バッサーノのホワイトアスパラDOP)の立派な札がつき、生産者の番号をつけて完成。これがブランド野菜である証。

R0029751_convert_20120510121253.jpg

クラウディオさん一家は代々の農家だが、以前は酪農中心。それを彼が農業中心に変えてはいるが現在も牛を30頭ほど飼育している。

御父さんはまだまだ現役。休むことを知らないタチで一日じゅう何かしら畑仕事をしているらしい。元気元気!!そしてクラウディオさんはなんと6人ものお子さんがいて、長男は大学で酪農学を学ぶ将来は先頭にたってここを守ることを決めているらしい。

R0029738_convert_20120510120935.jpg

敷地内入口にはここで獲れたものを中心とした有機野菜の販売所。地元の人が途切れなく訪れる。

R0029742_convert_20120510121024.jpg

ここで朝採れたてのアスパラを購入し、お昼には早速茹で卵を添えたバッサーノ風でいただいた。それにしてもアスパラは何よりも新鮮が美味い。筋っぽさを感じず、柔らかくて甘い白アスパラの美味しさがここにあり。

今はイチゴも真っ盛り…

R0029740_convert_20120510121000.jpg
関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Produttore/生産者
  2. | trackback:1
  3. | comment:6
<<グラツィエッラのヴェネト料理レッスン | top | 春の味覚 Sapori di primavera>>


comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/05/10(Thu) 16:46:04 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

私もアスパラガスを見ると、ヴェネトを思い出します。
あの春は楽しかったな~~
そういえば、のろさんもアスパラガス育て始めたよ。
まだまだひょろ~っと情けないカンジだけど…^m^
  1. 2012/05/12(Sat) 01:21:51 |
  2. URL |
  3. kyoko #MFXbwpwQ
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

Ciacolanaさん
メッセージありがとうございます。訪れた先の農家はVerdevivoというところでVia Capitelvecchio 104です。あそこらへんはRosàでしょうか。国道沿いのチェントロコメルチャーレのちょうど裏側です。よろしかったら行ってみてくださいね。解り易い場所です!
  1. 2012/05/19(Sat) 16:40:48 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

kyokoちゃん
そうでしょ~。アスパラの季節は私も思い出します。びおらもちっちゃくて大変だったし…のろさんもアスパラ農家に!?よろしくお伝えて~
  1. 2012/05/19(Sat) 16:42:15 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/05/21(Mon) 16:51:40 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ciacolonaさん
どういたしまして。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
  1. 2012/05/21(Mon) 17:54:31 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/579-b7876617
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【バッサーノのホワイトアスパラを訪ねる】

この時期になるとしつこいくらいに語りたくなる、アスパラとバッサーノ。ホワイトアスパラの生産地としてはイタリアのなかでは一等地。イタリア国内唯一のDOP(生産地呼称)を取得しているブランド野菜といえる。今回訪れたのはバッサーノで3ヘクタールほどの敷地で有機野...
  1. 2012/05/10(Thu) 14:17:11 |
  2. まとめwoネタ速neo